2016年「アニメ」部門

今年はどんな作品があったのか。そろそろ単行本のラノベというジャンルが無視出来なくなってきましたね。ここでは基本的に文庫だけを扱います。

第1クール(冬、1月~3月)

・この素晴らしい世界に祝福を!(スニーカー文庫)
・デュラララ!!×2 結(2期分割3/3、電撃文庫)
・ヘヴィーオブジェクト(2クール目、電撃文庫)
・最弱無配の神装機竜(GA文庫)
・灰と幻想のグリムガル(オーバーラップ文庫)
小計5本

第2クール(春、4月~6月)

・ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?(電撃文庫)
・Re:ゼロから始める異世界生活(MF文庫J)
・学戦都市アスタリスク(分割2期、MF文庫J)
・ハンドレッド(GA文庫)
小計4本

第3クール(夏、7月~9月)

・魔装学園H×H(スニーカー文庫)
・クオリディア・コード(ファンタジア文庫、ダッシュエックス文庫、MF文庫J、ガガガ文庫)
・ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン(電撃文庫)
小計:3本

第4クール(秋、10月~12月)

・魔法少女育成計画(このライトノベルがすごい!文庫)
小計:1本

総計13本。昨年は21本だったので、ほぼ半分になってるじゃねーか!増えたり減ったり忙しいなw
番外として『アクセル・ワールド INFINITE∞BURST』、OVA『ストライク・ザ・ブラッド』があったか。


最後まで視るかーと思ったものはあっても、うぉぉぉおおおおお!!ってなるようなものは無かったかなー。最後まで視たのは4本。
というか最近、俺が好きなラノベがアニメ化するということがほぼ無いんだよなぁ。

ビッグタイトルである『デュラララ!!』くらいしか2期やってないし、もうそこまで爆発的に売れるタイトルってのが無いのか。『アスタリスク』は最初から2期決まってたし……。

ファンタジアもアニメ化アニメ化と年中言っていたイメージがあったけど、『クオリディア』以外、何も無かったんだな。とはいえ、ここは先に控えている弾がそれなりあるからなぁ。

ファミ通文庫は最早完全に零細レーベルになってしまったな。逆にスニーカー文庫がエロで稼ぐことを覚えて、ちょっと盛り返してきたイメージ。


今年2017年のラインナップは、

第1クール(冬、1月~3月)

この素晴らしい世界に祝福を!2(2期、スニーカー文庫)

第2クール(春、4月~6月)

・終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?(スニーカー文庫)
・冴えない彼女の育てかた♭(ファンタジア文庫)
・ロクでなし魔術講師と禁忌教典(ファンタジア文庫)
・エロマンガ先生(電撃文庫)
・ゼロから始める魔法の書(電撃文庫)
・ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア(GA文庫)
・クロックワーク・プラネット(講談社ラノベ文庫)

第3クール(夏、7月~9月)

・天使の3P!(電撃文庫)

第4クール(秋、10月~12月)

・フルメタル・パニック!Ⅳ(4期、ファンタジア文庫)

第2クール以降

・ハイスクールD×D(4期、ファンタジア文庫)
・ゲーマーズ!(ファンタジア文庫)
・されど罪人は竜と踊る(ガガガ文庫)
・異世界食堂(ヒーロー文庫)
・ナイツ&マジック(ヒーロー文庫)

その他

・劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-(映画、電撃文庫)
・劇場版 ノーゲーム・ノーライフ(映画、MF文庫J)


現時点でテレビアニメ15本か。ぼちぼち異世界転生組の本数が増えてきた。
単行本ラノベのアニメは気になったものがあれば視る、くらいの感じでいこうかな。その辺は臨機応変ってことで。

ファンタジアは安定してアニメ化作品を排出しているな。『スレイヤーズ!』や『フルメタ』に依存せずに、ちゃんと新しいシリーズを育ててくれているのが嬉しい。

MFはテレビシリーズの弾が無くなったか。アニメ化候補っぽいシリーズは複数あるのになぁ。また、一気に5本くらい発表するつもりなんだろうか。あ、『Re:ゼロ』2期は固いか。

GA文庫もまだまだ弾を残している気配があるし、これ以上、文庫ラノベアニメの本数が減ることはないかな……?

『クロックワーク・プラネット』は発表されてから大分経ってないか?

『サクラダリセット』はスニーカー文庫でのシリーズ刊行中にアニメ化するわけではないので除外しました。

スポンサーリンク