2017年「総」部門ランキング

1位:THE KING OF BRAVES GAOGAIGAR NOVEL.03 覇界王 ~ガオガイガー対ベターマン~ 上巻

覇界王~ガオガイガー対ベターマン~ 上巻 (モーニングスターブックス)
燃:A+ 萌:A+ 笑:B+ 総:S

ノベライズが1位というのはどうかと思うが、これはもう仕方ないわ。

2位:キラプリおじさんと幼女先輩②

キラプリおじさんと幼女先輩(2) (電撃文庫)

燃:A+ 萌:A+ 笑:A- 総:S-

全ての要素が収束するクライマックスに震えろ。

3位:キラプリおじさんと幼女先輩

キラプリおじさんと幼女先輩 (電撃文庫)

燃:A+ 萌:A+ 笑:A 総:S-

ハートフルなのにアツい。アツいのにハートフル。

4位:ゼロの使い魔22 〈ゼロの神話〉

ゼロの使い魔22 ゼロの神話 (MF文庫J)

燃:A+ 萌:A 笑:A- 総:S-

完結したことに感謝しかない。

5位:ラノベのプロ!2 初週実売1100部の打ち切り作家

ラノベのプロ! 2 初週実売1100部の打ち切り作家 (富士見ファンタジア文庫)

燃:A 萌:A+ 笑:A+ 総:S-

全編に渡って捻くれてる。

6位:キラプリおじさんと幼女先輩③

キラプリおじさんと幼女先輩(3) (電撃文庫)

燃:A+ 萌:A+ 笑:A- 総:S-

本当にこれで終わっちまうのかよ。

7位:緋弾のアリアⅩⅩⅤ 羅馬の軍神星

緋弾のアリアXXV 羅馬の軍神星 (MF文庫J)

燃:A+ 萌:A+ 笑:A- 総:A+

ジャンプ漫画過ぎてほんと面白い。

8位:29とJK3 ~社畜のいやしはJK~

29とJK3 ~社畜のいやしはJK~ (GA文庫)

燃:A+ 萌:A+ 笑:A 総:A+

社会人にこそ読んでほしい。

9位:バブみネーター

バブみネーター (MF文庫J)

燃:B 萌:A 笑:A+ 総:A+

バブバブ、アーイ!

10位:緋弾のアリアⅩⅩⅥ 闇穿つ大蛇

緋弾のアリアXXVI 闇穿つ大蛇 (MF文庫J)

燃:A+ 萌:A+ 笑:A- 総:A+

経営者としての才覚を見せるキンジ好き。

11位:ロクでなし魔術講師と禁忌教典 9巻

ロクでなし魔術講師と禁忌教典9 (富士見ファンタジア文庫)

燃:A+ 萌:A 笑:B+ 総:A+

風呂敷の広げっぷりが凄い。

12位:不戦無敵の影殺師 <7>

不戦無敵の影殺師7 (ガガガ文庫)

燃:A 萌:A+ 笑:A- 総:A+

開始当初はこんなにハッピーエンドになるとは思わなかった。

13位:りゅうおうのおしごと! 5巻(小冊子付き限定版)

りゅうおうのおしごと! 5 小冊子付き限定版 (GA文庫)

燃:A+ 萌:A 笑:A 総:A+

熱量が半端無い。

14位:長崎・オランダ坂の洋館カフェ シュガーロードと秘密の本

長崎・オランダ坂の洋館カフェ シュガーロードと秘密の本 (宝島社文庫)

燃:C 萌:A+ 笑:A- 総:A+

シチュエーションがツボ過ぎて辛い。

15位:バビロン Ⅲ -終-

バビロン 3 ―終― (講談社タイガ)

燃:A- 萌:C 笑:C 総:A+

容赦の無い悪意。

16位:デート・ア・ライブ17 狂三ラグナロク

デート・ア・ライブ17 狂三ラグナロク (ファンタジア文庫)

燃:A+ 萌:A+ 笑:A- 総:A+

ラグナロク(かっこいい)

17位:若者の黒魔法離れが深刻ですが、就職してみたら待遇いいし、社長も使い魔もかわいくて最高です!

若者の黒魔法離れが深刻ですが、就職してみたら待遇いいし、社長も使い魔もかわいくて最高です! (ダッシュエックス文庫)

燃:C 萌:A+ 笑:A- 総:A+

日本の経営者の必読書にしてくれ。

18位:ソードアート・オンライン019 ムーン・クレイドル

ソードアート・オンライン19 ムーン・クレイドル (電撃文庫)

燃:A 萌:A 笑:A- 総:A+

後日談的なお話だけど密度ある。

19位:物語 Go!プリンセスプリキュア 花とレフィの冒険

物語 Go!プリンセスプリキュア 花とレフィの冒険 (講談社KK文庫)

燃:A 萌:A+ 笑:A 総:A+

実質劇場版なんだよなぁ。

20位:君に恋をするなんて、ありえないはずだった

君に恋をするなんて、ありえないはずだった (宝島社文庫)

燃:C 萌:A+ 笑:B- 総:A+

完全なシチュ萌え。

最下位:青春絶対つぶすマンな俺に救いはいらない。

青春絶対つぶすマンな俺に救いはいらない。 (ガガガ文庫)

燃:C+ 萌:A 笑:B+ 総:B+

あまりにも劣化コピー。


2年連続でトップがノベライズとなってしまったことは遺憾と言わざるを得ない。うーむ、俺がもうラノベという媒体にどっぷりハマれる感性を失いつつあるってことのかしら……。

全体的に顔ぶれはガラッと変わっているか。上位に3冊とも食い込んでいる『キラプリおじさんと幼女先輩』にメチャンコ期待していたんだけど、打ち切り完結っぽいんだよなー。
『緋弾のアリア』は今年もランクイン。ほんと安定して面白い。

レーベルは結構バラけていてバランス良いんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク