GN-1200TW2

『FreeBSD 8.0-RELEASEでvgeドライバに不具合』
に書いた問題で、パッチがHEADにコミットされたようだがStableに落ちてこない。

Currentにすれば良かったが、GENERICを捨てる気力が無く、チキンにも別NICを用意することにした。

PLANEXのGN-1200TW2を1200円ほどで購入。

チップはRealTechのRTL8269SCで、FreeBSDではre0として認識された。

re0:  port 0xa000-0xa0ff mem 0xf9011000-0xf90110ff irq 18 at device 4.0 on pci1
re0: Chip rev. 0x10000000
re0: MAC rev. 0x00000000
miibus0:  on re0
rgephy0:  PHY 1 on miibus0
rgephy0:  10baseT, 10baseT-FDX, 100baseTX, 100baseTX-FDX, 1000baseT, 1000baseT-FDX, auto
re0: Ethernet address: 00:22:cf:22:ea:cf
re0: [FILTER]

ジャンボフレーム対応だが7000byteまで。GbE-PCI2(VT6122)は9000byteまでだった。

Netperfでスループットを計測してみる。
環境は、

ホスト1
OS: FreeBSD 8.0-RELEASE-p2
NIC: GN-1200TW2
CPU: Athlon64 3000+

ホスト2
OS: WindowsXP
NIC: nForce2 オンチップ
CPU: Celeron 2.0GHz

間にCG-SW05GTPLXBを挟んでいる。

結果
Recv   Send    Send
Socket Socket  Message  Elapsed
Size   Size    Size     Time     Throughput
bytes  bytes   bytes    secs.    10^6bits/sec

  8192  32768  32768    10.00     440.97

421Mbps、つまり53MB/s出ており、GbE-PCI2と比べて遜色ない。

ベンチマーク中はinterruptで激しくCPU時間を消費していたので、速いマシンで計測すればもっと良い結果が出るかも。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*