【コミカライズ感想】甘城ブリリアントパーク #06

甘城ブリリアントパーク(6)<甘城ブリリアントパーク> (ドラゴンコミックスエイジ)

作画:吉岡 公威 原作:賀東 招二 キャラクター原案:なかじま ゆか

「甘ブリ(ここ)はいいぞ。ざまあみろ」

2016年10月の新刊。
さて、5巻から続くシリアスムードで最終巻です。冒頭のカラーページって描き下ろしなのかな。
今のシリアス展開と全然関係無い話なんだが……。

西也の記憶という大き過ぎる代償と引き換えに甘ブリは救われた。ラティファの目も見えるようになり、パークの運営は順風満帆。
後は支配人を呼び戻すだけということで終了。

やっぱり最後は西也の記憶が戻るところまでやってほしかったかな。まぁ、時間の問題みたいなところまではいっていたようだけど。
いすずとラティファに板挟みになる続きとか描いても良いのよ。

総評

そんなわけで原作より一足先にちゃんとした完結を迎えたコミカライズ『甘城ブリリアントパーク』全6巻でした。コミックスだけだと足掛け2年4ヶ月か。

ラノベのコミカライズはその性質上、なかなか原作の最後まで続けることが出来ないんだけど、それでも漫画単体として綺麗に終わらせてくれたことが嬉しい。
まぁ、このシリーズの場合、原作の何巻かをラストにしようとしても終わり所が無いから、別途完結編を用意せざるを得なかったのかもしれないけどw

お色気もシリアスも美麗な作画で最後まで引っ張ってくれたので、吉岡さんにはまた何かコミカライズを担当してほしいですね。

燃:A- 萌:A 笑:A- 総:A+

シリーズリンク
甘城ブリリアントパーク #05(2016/03)

スポンサーリンク



【映画感想】仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦

1月 19, 2017 by · Leave a Comment
Filed under: 映画, 特撮 

仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦【Blu-ray】

「僕達、色だけなら戦隊みたいだね~」

ケーブルテレビで放送されたので視聴。まぁ、放送されたの去年の夏なんですけど(ぉ

ライダーと戦隊が本格的に共演するようになった最初の映画と言えるか。この年から2大ヒーローが同じ画面に収まっているのが珍しくも何ともなくなっていったんだよな。

潰し合うライダーと戦隊、友の悪行に心を痛める海東、様々なヒーローにチェンジしながら激突するディケイドとゴーカイレッド……と中盤までは心躍る展開の連続なんだが。
やっぱりゴーカイチェンジ格好良いですわ……。

アカレッドに会うために過去に行く辺りから雲行きが怪しくなってくる。2回目でもやっぱり理解らんかったわ……。

全ヒーロー大集合シーンはあまりにも人数が多過ぎてちょっと笑ってしまうな。もうこれだけの人数を一気に出す映画はやらないのかなー。

つくづく勿体無い仮面ライダーオーズへのゴーカイチェンジ。何故チェンジするだけで終わってしまったのか……。尺が足りなかったというのは理解るんだが……。ここだけテレビシリーズでやってくれても……。

それぞれの友情を確かめるエンディングは良いシーン。海東の大暴れシーンを無視すれば、士と彼のシーンは良いシーンなんだと思う。友情を感じてもらえてなかったユウスケェ……という話だけど。

そういえば『電王』のイマジン達はこの映画が最後の出番だったんだっけか。『レッツゴー仮面ライダー』が最後って気のせいだったわ。
ただ今年10周年らしいから何かしら動きがありそうな気もする。

今度の春に公開される映画はどうなることやら。不安と期待が入り混じる。

燃:A 萌:A- 笑:A- 総:A+

反復リンク
1回目

スポンサーリンク



【アニメ感想】巷説百物語 第二話「柳女」

1月 19, 2017 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ, ハードカバー 

京極夏彦 巷説百物語 DVD-BOX ディレクターズエディション

「アンタの罪は━━消えないよ」

百介の側にいる汚い妖精みたいなおっさんは一体何なのか。演出の端々にもサイコな気配が見え隠れするし、原作とは別物と思って視た方が良いのだろうか。
旅籠の主人が縦に真っ二つになって絶命する展開なんて原作にあったっけな……。

偶然、同じ時期に試聴していたアニメ版『魍魎の匣』にも古谷徹さんが出演していて、図らずもスーパー古谷徹タイムである。

又一達を統率しているらしい謎の人物、京極亭が声だけ登場。声をあてているのは京極夏彦さん本人で笑う。原作者何してんだ。そつない演技なのが腹立つw

百介は知り過ぎたと言われていたが、このままだと完全に消される流れですわ……。

燃:C 萌:A- 笑:C 総:A-

エピソードリンク
第一話「小豆洗い」
・第三話「白蔵主」

スポンサーリンク



【ノベライズ感想】覇界王 ~ガオガイガー対ベターマン~ number.03 門 -JUPITER- 西暦二〇一六年(2)

1月 18, 2017 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ, ノベライズ 

「ほう、あのカンナまで保管してあったとはね」
続きを読む

【ラノベ感想】エロマンガ先生⑧ 和泉マサムネの休日

1月 18, 2017 by · Leave a Comment
Filed under: 電撃文庫 

エロマンガ先生(8) 和泉マサムネの休日 (電撃文庫)
著:伏見 つかさ イラスト:かんざき ひろ

「マジ有り得ない!ばっかじゃないの!?ここでメインヒロイン様が本気出したら、アニメのBDが出る前にお話が終わっちゃうでしょお━━が!真ヒロインのわたしがロケットブーストでブチ抜いてやるんだから、最終巻まで舐めプしてなさいよあほぉ!」

2017年1月の新刊。約2日の積み。5ヶ月振りの新刊。
表紙は幼い頃のマサムネと紗霧か。何だ、この紗霧の違和感は……。
続きを読む

【漫画感想】天野めぐみはスキだらけ! <4>

1月 18, 2017 by · Leave a Comment
Filed under: 漫画 

天野めぐみはスキだらけ! 4 (少年サンデーコミックス)

作:ねこぐち

「ホント、好きだなー」

(∪^ω^)わんわんお!

2016年10月の新刊。
帯の「♂」の位置が大分アカンことになっとる。果たして偶然なんだろうか……。

天野家にやって来たわんわん。そうか、ヒロインを増やさなくてもこういうキャラを出すことでネタを創出出来るのか。絶妙なブサかわ具合である。

まー君は巻を重ねる度に変顔のバリエーションが増えている気がする。肝心なところでは鈍感なものの、気遣いの出来る男かっけぇ。そら、めぐみもメロメロになりますわ。

おまもりの話とラーメン屋の話が甘酸っぱ過ぎて吐きそう。もおおおおおおおおおおおお!もおぉおぉおおおおおおおおおお!!ってなってる。

燃:C 萌:A+ 笑:B+ 総:A+

シリーズリンク
天野めぐみはスキだらけ! <3>(2016/08)
・天野めぐみはスキだらけ! <5>(2017/01)

スポンサーリンク



【アニメ感想】DIGIMON UNIVERSE アプリモンスターズ #15「未来は全部見えている!?神秘の占い・テラーモン」

1月 17, 2017 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ 

「試してくれないと貴方の運命ドッカンパンチよ!」

ドッカンパンチの使い方が超雑なエリさんすこ。
続きを読む

【アニメ感想】機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #39「助言」

1月 17, 2017 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ 

「お預けです」

いちゃいちゃすんなし。
年越しで1週、更に特別宣伝番組で1週潰れたので3週振りの放送となります。
続きを読む

【ラノベ感想】スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました

1月 16, 2017 by · 2 Comments
Filed under: GAノベル 

スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました (GAノベル)

著:森田 季節 イラスト:紅緒(べにお)

「大変な努力だったら三百年もやれないでしょ。誰でもできることを誰もやろうとしないほど続けたことに意味があるんだよ」

深い……。
GAノベル2017年1月の新刊。積んでないぜ!『チートな飼い猫』から2ヶ月、早くも別作品が登場。
カバーがマットPP加工みたいだが、『チートな飼い猫』は違ったんだよな。基準が理解らない……。
こちらもやはりなろう掲載分に書き下ろしを加えて書籍化。こっちも3巻くらいまでのストックがあるw

20代半ばの社畜アズサはある日、過労死してしまう。不老不死の身体だけを望んで転生した異世界で、スライムだけを倒してのんびり暮らしていたら、いつの間にかとてつもない経験値を稼いでしまっていて……。
続きを読む

【コミカライズ感想】ナナヲチートイツ -紅龍- <2>

1月 16, 2017 by · Leave a Comment
Filed under: コミカライズ, メガミ文庫 

ナナヲチートイツ 紅龍 2 (近代麻雀コミックス)

原作:森橋 ビンゴ 作画:前川 かずお

「貴方、麻雀は豪快なクセに恋愛は手堅いのねェ…。ダマの平和ドラ1みたいな恋愛観よそれ」

2017年1月の新刊。
続きを読む

次ページへ »