ローリング☆ガールズ 第七話

「お迎えが来たみてえだ。帰りな」「でぇ? 結局何ィ、歌わせたかっただけ?」「清水寺ロックエクスプロージョン。俺も盛り上げてやるよ」

 

京都編。なんだ今回。なんだ。可愛い。可愛いしか感想がない。

まずアバンが目ん玉飛び出るほど可愛かった。何故京都を目指して十津川に着く。本編も特にストレスになるところも感じず、バトルでのキレッキレの動きや、めちゃくちゃキャラの立ってるご当地モサ(可愛い)を見てるだけで楽しかった。1話を思い出す感じだったな。

 

ちょっと考えたけど可愛い以外感想がない。今迄で一番可愛い。これがこれまでの6話という積み立てによって辿り着いた感情なのか、それとも単体で見ても戦えるレベルのものなのか、そこは杳として知れないが、とにかく、可愛かった。

ローリング☆ガールズ 第六話

「ゆきっぺ!」「千綾ちゃん!……良かったぁ……」「ほら見ろ、ちゃんと帰ってきたじゃん」「はい、私、方向音痴とかじゃないんで」

 

今回は今までに増してベタにベタを塗りたくったような話だった。だが分かっていても笑ってしまう事もある。この辺のさじ加減が何で決まっているのかはさっぱり見当がつかないが。

というか石、鈴鹿も持ってたのか。先週ちょっと考えたのがご破算である。幼いころ石を交換した男女が年頃になって再会……しかも片方は敵国のリーダー、とかここだけ切り取ったらそれだけでメロドラマにできそうだな。その辺をあくまでもゆるく、ほんわかと、それでいて毒気のないわけじゃない状態で使う。このバランス感覚はとても気に入っている。

驚いたのが「このアニメ三重の事悪く言いすぎ」みたいな意見がtwitterで見られた事だ。思い返せば3話4話のオールウェイズ・コミマの回も異様なほど双塔騎士団の団長が叩かれていたな。確かに良い人のとる行動じゃないし、短絡的でもあるが、あそこまでクズだの胸糞悪いだの書かれるほど悪逆な行為をしているようにも思えなかった。今回もそうだ。アニメは別に三重の事を悪くなど言ってない。ただ、三重と愛知が争っていて、カメラ(主人公)が愛知側にあるから、愛知側の意見が前に出ているだけだ。キャラクターの発言であり、当然その物言いも自分本位なものになっている。まさに1話のナレーションで言われていた「身勝手な利欲」がむき出しになっているに過ぎない。という事にすら気づいてないとは思えないので(その穴だらけな理屈で批判されている事に気分を害しているのだろうし)、もしかするとその身勝手さが「意図されたもの」であるという受け取り方をしていないの知れない。

 

そんな事より。挿入歌にTRAIN-TRAINが流れたのである。「TRAIN-TRAIN」「青空」「情熱の薔薇」の三択で最終話に流れる曲を予想している人がどこかにいて、僕もありえるなぁと思っていたが、まさかTRAINをバイクレース中に流してくるとは。思ってもみなかった。勿論、ワンフレーズ目が入った瞬間テンションがバコーンとあがった。だが正直、二人目が歌い始めた時はおいおい、とブレーキがかかったのも確かだ。ソロパートを順繰りに回していくのでちょっと誰なのかはわからないが、あまりにも「声優っぽい」歌の歌い方だった。やめていただきたい。そして、三人目。めっちゃくちゃ舌足らずに歌う所で、なぜか僕は「よし! オッケー!」とまるっと許容出来る心持ちになった。なってしまった。自分でもまったく理由がわからない。本当に気分ひとつの部分だと思う。ちょっと見方が違ってたら「何あざとい歌い方してんだよボケが」となっていただろう事は想像に難くない。だが、受け入れてしまったから仕方ない。ああ、早くカバーアルバムが欲しい。でも欲を言うなら、やっぱりあの声優声優した歌い方じゃない、もうちょっと別の歌い方をしてくれないかなぁ。

ローリング☆ガールズ 第五話

「だってほら、シャチホコって変じゃない。ブサイクだしさ。可愛くないよ。えびぞってる意味もわかんない」

 

4話でうえええーとなっていた僕を爆笑させてくれるとは思っていなかったので、物凄く驚いた。やれば出来るじゃねぇか! こんな感じの空気、ノリ、テンションで是非最後までお願いしたい。

今回のバランスは良い。2話に近い。どこを切ってもコミカルで、笑いながら見ていられるため話がゆったりと進んでもあまり気にならない。一喝とともに爆発する町中のシャチホコとか笑わずに居られるか? まあ、爆発ネタが二回続くのはちょっと問題かも知れないが、いっそ全国各地で巻き起こる爆発事件とかだと面白いか、とも思った(これはないだろうけど)。笑いどころで笑って楽しんだ分、感想が書きにくくなるのは……それはそれで困るのだが……楽しめたから良しとしよう。毎回怒りのブログ更新をしていると疲れる。

タイトルも、今までで一番嵌っている。勿論、これまでも沿ってはいたのだが、むしろタイトルに負けていた。今回はピシャリ、と話に合っている。「期待はずれの人」抗争を望む両団員にとっての団長であり、そして魚虎姫子の自分自身に対する評価でもある。

「サーキットの星」の持ち主は名前的にも因縁的にも三重モーターズ団長の持ち物だろうか。石が人に力を授けるのは確かだと思うが、その力を受けられる範囲が具体的にどのようなものなのかがまだ見えてこないな。所持している間、なのか、「その人間のもの」である間なのか。

千綾がタコになったのはくたびれた事のアニメ的表現かと思ったが、冷蔵庫に入れておけ、とか作中でも異物として扱われているのを見ると何らかの意味があるのだろう。これでタコ焼きが好きな女の子がタコになる、というだけのギャグ表現だったら驚くぞ。

ローリング☆ガールズ 第四話

「爆弾は悪匠製。ちょっとしたイタズラグッズとして発注したところ、サービスで爆弾に仕様変更されていたそうです」

 

オールウェイズコミマ回後編。色々と、予想外の展開が起きたが、まず最初にこれだけは言わせてほしい。

EDでやったような内容を本編でやれよ! みんなでワイワイ旅をする、ロードムービーの鉄板をどうしてそういう形で流すんだよ! 最悪、こんな風に曲とダイジェストで済ませてしまうにしても、もうちょっとうまいやり方あるだろ。「スペース☆ダンディ」の第5話を見習っていただきたい。

流石に今回は色々と、問題だ。ダメだ! いや、作品としての破綻ではないのかもしれない。ダメじゃないかもしれない。だが、僕は見ていて嫌だった! まずは頑なに「望みを叶える」事に固執する望未と、千綾にとっての「望み」の関係についてだ。これは明らかに乖離していた。千綾にとって月明かりの石がさほど重要なものではないのは4話を見れば明らかだ。ここではそのギャップが表面化している。揺り戻しを起こさせる絶好のポイントだったはずだ。だというのになんだこれは。3話と4話で散々望未をエゴ的に描いておいて、何故千綾が石を手放すシーンで無反応なんだ? なんのための演出だよ! 「まーちゃんならあきらめないよ!」と、それこそまさにエゴと化した願望で団員を危険に晒した、この状況でのお手本のような人物まで引き合いに出しておいて、何故いざ出くわした予想外の現実に対してリアクションを起こさない!? 真茶未のモサとしての力が石に由来していることにショックを受けたのかとも思ったが、「ピンとこない」との発言からその線は今のところ薄い。ならばここは新団長への石の贈呈を申し出た千綾に食って掛かるなりなんなりしなきゃダメだろう。そして他でもない千綾に諭されるとか、そういう出来事を経る所じゃないのか。

次に、千綾の涙ながらの発言。これは言い争いの前に入れるべきだろう。そうしてこそ、彼女たちの前に立ちふさがる困難への現実的回答であり、同時に別の形の逃避でもある「今は逃げる。強くなって戻ってくる」という逢衣の発言と、理想論でしかない、しかし「初めての依頼人」に多大な価値を置く望未の発言の釣り合いが取れるというものだ。この発言を後回しにしたおかげで、望未はただの頭お花畑ちゃんにしか映らない。これは先ほど触れた望未のエゴ的演出だ。それを狙い、そう動かすなら構わない。だが、4話はそういう話になっていない。

後、ここからはもう半ば難癖の域かもしれないが。望未が手に取ったルンバから月明かりの石が出てきたシーン。望未が見落としてガルムが地面から拾っていくという展開にする必要あったのか。望未をこんなところでまで抜けてるように描く必要あるのか? 誰か、コミマのモブが開けたところから持っていくとか、望未を絡めるにしても、もう少し気づきようがない形で表れるとか、そういう感じにしなかった理由はあるのだろうか? モミアゲハンマーズという4人の共通点にしても、バイクに貼られたあんなに小さなステッカーに突然気付くという演出より、千綾からステッカーの存在をアピールさせたほうが自然ではないか?

 

最初に書いたが、確かに予想外の多い話だった。東村山のモブたちがまた出てきたのはとても良い。予想していなかったが、コミマへの怒りは説明されている。出てきて違和感のないキャラクターだ。それに、小坂結季奈のデザイン変更が制作上の都合でなく作中の出来事だと分かったのも一つ安心要素だ。作画も頑張っていた。戦闘シーンは素直に凄いと思う。だが、4話全体として、いくらなんでもネタの使い方が勿体なさすぎる。こんな消化方法は見ていて辛い。もっとやりようがあったはずだ! もっと面白くできたはずだろう、この話は!

ローリング☆ガールズ 第三話

「そんなに心配ならどうして望未を行かせたんですか」「だってさ……そろそろ父親を嫌がる年頃だろ……? ポイント稼いでおかなくちゃと思って……」

 

最初に書いておくと、3話は今までほど楽しくなかった。僕は昨今のオタクとかコミケとか、そういうモンがネタにされてるのを見るのが嫌いだ。それから。ああいう作画の使いまわしはやめろ。

だが、面白くなかったかといわれるとそうでもない。多分このアニメが好きだからそう言っているだけだろうが、別にそれでいいだろう。僕だって楽しむ努力をしないわけじゃない。

面白みを感じたのはあの石である。「月明かりの石」「コア」「ヒロイックガーネット」あと聞き取れなかったが双塔の騎士団での呼称と、各地さまざまな名前で呼ばれているハート型の石(声を大にして言うほどでは無いが、この名称のばらつきも面白い要素だと言っていいだろう。突然何の説明もなく石が降ってきて、しかもそれが自分に力を授けたとしたら。そりゃ多少トンチキでカッコイイ名前ぐらいつけるだろう。各々が勝手気ままに。妙なリアリティだ)は人の欲望を強化するのではないか? 宇徳 真茶未は「(森友望未を)守りたい」という欲望が逆に望未を傷つけるほど大きく、執行玖仁子は正義の味方になるために東京へやってきたが「強くなりたい」あるいは「武器を集めたい」という欲望に飲み込まれてしまった。これは今回出てきたサンダーロードの行動を見て思った事だ。自分の過失かも知れないと考え付いておきながら、自分が欲しいために石を売るという選択。ここがどうにも怪しい。彼女の欲求が何かに突き動かされていたと考えれば辻褄は合う。

と、ここまで書いていて別の事も考え始めた。全然そんな事情はなく、ただ単にコスプレ自警団の団長がそういう人間だったとしたら、どうだろう。実に……リアルだ。それも嫌な方向にリアルなキャラクター造形だ。あれ、それはそれで面白いじゃないか?

あとは面白みと言うほどでもないが、いくつか露骨に何らかの展開への布石がされているのでそこをどう回収するか、気になるところではある。話を聞いている限り狂言でしかなさそうなダイナマイトボンバーズ、カウントダウンカレンダーでも流れていた鼻歌、ちーちゃんと呼ばれてワンテンポ遅れる千綾。この辺だ。