サカサマのパテマ

「パテマってこんな顔だったんだ」

 

「イヴの時間」の吉浦康裕が監督した劇場アニメ「サカサマのパテマ」を見た。空に落下する少女の物語。

凡人がナウシカとラピュタを捏ねくりまわしてひり出したようなアニメだった。一言で評するなら「退屈」。浅い上にありきたりなキャラクター造形の数々。「このような歴史があったら人はどう生きるか」という想像力をちゃんと働かせているかと問い詰めたくなるような、曖昧で漠然とした世界観。そんなぼやけた世界なのに冒頭の15から20分ほど、言葉での説明を一切しない。その癖映像でも説明できていないから見ていて作品に入りこめない。視聴者とキャラクターが乖離している状態にも関わらずタイムスケジュールに従って話を動かすせいで上滑りし続ける。いつ面白くなるのかと耐え忍んでいたら90分たってアニメが終わってしまった。各シーンを指してここはどうこうあそこはどうこうと言うのはいつだったかも書いたがブログでやることではないのでしないが、全体を通して余りにも作りがぬるすぎる。「イヴの時間」はそこそこ楽しめたので楽しみにしていたが、期待はずれだった。

 

可愛い見た目の女の子が主人公と抱き合っていれば満足する人は楽しめるのではないだろうか。劇場アニメでやることかは疑問だが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。