デーゲンメイデン 2.池袋、穿孔

11月 27, 2012 by
Filed under: 富士見ファンタジア文庫 

デーゲンメイデン  2.池袋、穿孔 (富士見ファンタジア文庫)
著:田口 仙年堂 イラスト:柴乃 櫂人

「池袋の人間を脅かす悪がこの世に存在する事━━そんなもの、私の美意識が許さない」

2012年10月の新刊。約1ヶ月1週間の積み。4ヶ月振りの新刊。
さて、今回は休日を利用して、池袋へとやって来た練司達。その一方で、サンシャイン60の地下では、年に一度の三種の神器の会談が行われていた。それを狙って、ロキが現れて……というお話。

新たな伝承者も登場して、分かってきたが、伝承者とDアームは見せ場では、それぞれの決め台詞みたいなものを言ってから戦闘に突入するんだな。
これは結構格好良い演出。全員、共通フォーマットなのが実に良い。練司と薄緑の掛け合いだけは1巻と変わってるんだけど、この2人のやり取りだけは、どんどん変わっていくのかな。

で、物凄い早く訪れた、練司といすか、再会の時。それは最高に早い最悪の再会で。
いきなりクライマックス過ぎてワロタ
しかも、いすかがロキに所属している理由まで明かされそうになるし。
どっちかっつーと、最終巻近くでやる展開のような気がするんだけど……。

どうでも良いけど、『でげめで』って略称が定着する気が全くしねぇw

燃:A- 萌:A- 笑:C+ 総:A

シリーズリンク
デーゲンメイデン 1.台場、両断(2012/06)
デーゲンメイデン 3.後楽園、破砕(2013/02)

Comments

Tell me what you're thinking...
and oh, if you want a pic to show with your comment, go get a gravatar!