【コミカライズ】非オタの彼女が俺の持ってるエロゲに興味津々なんだが…… 6巻【感想】

非オタの彼女が俺の持ってるエロゲに興味津々なんだが……(6) (ドラゴンコミックスエイジ)

原作:滝沢 慧 作画:草壁 レイ キャラクター原案:睦茸

「曲がいいゲームって神か地雷かの二択ですよね、大抵」

2019年7月の新刊。
表紙はラストということで萌香。

さて、原作3巻後半戦。一真達は学校から去ろうとしている部長を引き止めるため自分達の正直な気持ちを告げるが……。
旧スク装備の萌香はグッジョブと言わざるを得ない。

マジレスの下りはもうちょっと盛り上げても良かったのではないかと思う。
ラストは原作通り萌香の妹である涼香の乱入シーン。おっと、次はこの妹ちゃんが場を引っ掻き回してくれるのか……と思わせておいて終了するという。
事前に完結巻だと知らずに読んだらショック死するところだったわ……。

総評

そんな具合で良質なコミカライズ、ファンタジア文庫原作『非オタの彼女が俺の持ってるエロゲに興味津々なんだが……』全6巻でした。単行本だけで言うと足掛け2年半。おっとそんなに長い期間やってたのか。

単純にヒロイン達がエロ可愛いという大前提がしっかりとしていたので安心して読むことが出来ましたね。もっとブーストしても良かったと思わないでもないけど。
草壁さんはまた何からラブコメ系ラノベのコミカライズをやっていただきたですねぇ。
燃:C 萌:A+ 笑:B+ 総:A+

シリーズリンク
非オタの彼女が俺の持ってるエロゲに興味津々なんだが…… 5巻(2019/02)

スポンサーリンク









Comments

Tell me what you're thinking...
and oh, if you want a pic to show with your comment, go get a gravatar!