アスラクライン④ 秘密の転校生のヒミツ(新装カバー)

12月 6, 2009 by
Filed under: 電撃文庫 

アスラクライン〈4〉秘密の転校生のヒミツ (電撃文庫)

著:三雲 岳斗 イラスト:和狸 ナオ

「おまじない、です」

最後の奏っちゃんの台詞が反則な件。

表紙は奏っちゃん。やたら胸を強調する構図だけど、これって描き下ろしか?いや、そもそもアニアを表紙にするべきだと思うんだ。
モノクロの総扉では振り袖姿の佐伯妹が可愛いです。

今回の肝は運喰らい(ラックイーター)の悪魔でロリ担当アニアの登場と魔神相剋者の設定解説、それと悪魔の非在化についてだと思う。
アニアの名前はクラウゼンブルヒなのかクレウゼンブルヒなのか。表記揺れ過ぎだろ。

冒頭では智春のクラスがオカルト好きだったり、超常現象に耐性があったりする人間ばかりを集めた特殊管理クラスであることが判明する。無用な混乱を避けるための処置なんだそうな。すっかり忘れたよ、そんな設定。

アニアが機巧魔神から副葬処女を分離出来る方法を知っていると聞き、必死に訊き出そうとする智春。それを操緒はなだめる役に回る。操緒の望みは智春とただ一緒に居ることだから、解放される必要をあまり感じていないのか。確かに、一緒に居るという意味では副葬処女のままの方が都合が良いと言えるが。
でも、智春が自分ために怒ってくれていると知り、上機嫌になる操緒可愛いよ操緒。

成り行きで佐伯兄と一緒に公衆銭湯に行くことになったときは旧白スク装備の哀音が登場。流石、佐伯兄、徹底していやがる……!何故、挿絵が無い……!?

スタビライザの本来の機能は演操者と副葬処女の接続を強化するもので、実体化はその副産物に過ぎないんだとか。その代わり、操緒は智春と離れての行動がし難くなったらしい。
また、感覚の共有や副葬処女が演操者に憑依なんてことも可能に。感覚の共有って必要なのか?

すっかり忘れていたけど、由璃子さんが再登場。アニメではアニアが加賀篝に攫われていたけど、原作ではこの人が攫われていたんだな。

洛高には嵩月やアニアのような悪魔が何人か居るらしい。それって、ひかり先輩とかのことか。氷羽子は洛高の生徒なんだっけ?

智春VS加賀篝第一ラウンドで、智春は副葬処女解放のために全てを犠牲にしようとする加賀篝の姿勢を否定する。機巧魔神が副葬処女の魂を削って動いていることをまだ知らないからこそ言えるわけだが……。
最終巻読んでもよく理解らんかったんだが、結局、加賀篝は《薔薇輝》を何処で手に入れたんだ?彼とクルスティナの出会いは語られたんだっけ。

最後の挿絵の樋口の本気走りは何回見ても笑えるw

燃:A+ 萌:A+ 笑:B+ 総:A+

アスラクライン3(初回限定版) [DVD]
アスラクライン3(初回限定版) [DVD]

Comments

Tell me what you're thinking...
and oh, if you want a pic to show with your comment, go get a gravatar!