【特撮】仮面ライダーゼロワン 第18話「コレがワタシのいける華」【感想】

1月 12, 2020 by
Filed under: 特撮 

「お前の背後にいるかもな。今は亡き、我等の同志が━━」

前回マギア化し、サウザーに破壊されてしまった一輪サクヨは復元された。どうやら滅亡迅雷.netの強制ハッキングでなければ復元可能らしい。あたし聞いてない。
復活したサクヨによると、お仕事対決の相手である立花先生に騙されたと言うが……。

垓は飛電インテリジェンスの技術力は認めているものの、是之助前社長がヒューマギアと共存するというスタンスだったのに対し、こちらは人類の進化のための手段と捉えているとのこと。

で、何故20代の垓が12年前の話をするのかというと、本来の年齢は45歳だかららしい。えぇ……(困惑)
若い外見の理由は語られなかったが、ZAIAのテクノロジーで良い感じにしているんだろうか……。
永遠の24歳は笑うでしょ。垓が登場してからというもの、或人がツッコむシーンが増えてきて面白いw

サクヨに嘘を吹き込んだ立花先生に怒りを露にする垓。勝負に勝ちさえすれば良いという考えなのかと思っていたが、そこは正々堂々といきたいのか。いや、バレなければ良いってことかもしれない。
立花先生のやり方は雑過ぎるもんな……。

一方、ぶつかることになった不破と唯阿。唯阿は色々と思うところがあるようだけど、不破の方はゴリラなので向かってくるなら平気で戦っちゃうのよね。
垓が乱入したから勝負は流れたが……。垓はZAIAの企業イメージが傷つくことをとにかく嫌っている模様。今後、ZAIAが凋落する展開が来るのかしら……。

ゼアがいとも簡単にアサルトグリップを複製。いずれそうなるだろうとは思っていたけど、あまりにもアッサリ過ぎる。もちょっとここぞっというタイミングだと良かったのだが……。

追い詰められた立花先生の前に現れたフードを被った女性。彼女から与えられたレイドライザーとクラッシングバッファロープログライズキーで先生はクラッシングバッファローレイダーに変身。
自我はほぼほぼ無くなっており、実質暴走するマギアと変わらない感じか。
レイドライザーはゼツメライザーの色違いかと思ったけど、デザインもちょっと違うみたい。

サウザーはバッファローを圧倒、難なく撃破してしまう。特に変身者の生命に影響は無いようで、お仕事勝負は再開された。
結局、サクヨは負けてしまったが、立花先生とも理解り合えて綺麗な落とし所となりましたね。

滅はどうやらフードの女性の正体に心当たりがある様子。その女性を演じるのは中山咲月さんという女優さんなので、いずれ素顔が明らかになる想定と思われ。
彼女こそ滅亡迅雷最後の1人、亡なんだろうか……。

迅の復活はいつになるんだろうな。迅のスーツアクターを務めていた永徳さんは今サウザーになっているので、となるとこの2人が同時に登場するタイミングはほぼ無いということになるのかしら……。

燃:A+ 萌:A- 笑:A- 総:A+

エピソードリンク
第17話「ワタシこそが社長で仮面ライダー」
・第19話「カノジョは家売るヒューマギア」

スポンサーリンク









仮面ライダーゼロワン DXサウザンドジャッカー
バンダイ(BANDAI) (2019-12-28)
売り上げランキング: 1,082

Comments

Tell me what you're thinking...
and oh, if you want a pic to show with your comment, go get a gravatar!