神曲奏界ポリフォニカ ダン・サリエルとイドラの魔術師

4月 16, 2009 by
Filed under: GA文庫 

神曲奏界ポリフォニカ ダン・サリエルとイドラの魔術師 (GA文庫)
著:あざの 耕平 イラスト:カズアキ

「よし、モモ!いまこそメイン・ヒロインの座を確固たるものにするときだ!この際、羽根の数とか、増やしてしまって構わんぞ。いっそ、秘めたる力やら選ばれし宿命やらで、ピンクの女神とかに覚醒してしまえ!」
「わっかりました、サリエルさま!いよいよボクらもマンガ化にゲーム化にアニメ化ですねっ!うひょー!」
「愚かな人間と精霊め!裏設定がある確率で言えば、このコジさまこそ第一候補!抱きマクラカバーになるのは拙者の方だニャー!」

フリーダム過ぎるwwww
でも、マンガ化とか裏設定とか何気に本当っぽくて困る。

約2日の積み。7ヶ月振りの新刊。通算41冊目。シリーズ第2巻。3冊同時刊行の内訳には奇しくも2回とも、『赤』と『ダン・サリエル』が入ってるのね。

表紙は早くもサリエルとコジが追い出され、モモとアマディアのダブルヒロイン体制に
冒頭の「さあ、始まるザマスよ!」の下りは本家本元『怪物くん』なのか『らき☆すた』なのか。
今回も連作短編形式です。

『ダン・サリエルと七つの仕事』

GAマガジンに掲載された短編を収録。挿絵ってあったっけな?
ああもうモモ可愛いよモモ!

『ダン・サリエルと日溜まりの決闘』

フリーダム過ぎる内容となっております。

『ダン・サリエルとイドラの魔術師』

サリエルのかつての相方、シャルマが登場。モモも絡めて、3人の過去には複雑な事情がありそうだが、それが語られるのは最終巻になるのだろうか。

前巻ではアマディアが半ば空気化していたが、今回はモモよりもアマディアの方が比重が大きい。

才能のお話は大変シビア。

『キーラ・アマディアのささやかな一歩』

エピローグみたいなもの。サリエルとシャルマって今はもう別々に働いてるけど、仲違いしたって感じでもないんだな。

まとめ

つーわけで、シリーズ第2巻でした。今回は他シリーズからのゲスト出演は無し。折角、『赤』とかと同じ時代なんだから、ちょろっとでも良いから出してほしいな。

次は『クリムゾンS』4巻、『アドレイション・ブラック』、『RPGリプレイ② 貴方と繋がるハーモニー』二巻。榊さんは『ポリフォニカ』だけで3ヶ月連続刊行、大迫さんは2ヶ月連続刊行。『クリムゾンS』は落ちそうです。

燃:B+ 萌:A+ 笑:A 総:A

Comments

Tell me what you're thinking...
and oh, if you want a pic to show with your comment, go get a gravatar!