【プリキュア同人誌】観覧車はゼロのかたち【感想】

4月 20, 2019 by
Filed under: アニメ, 同人誌 

作:ろーぷあいらんど/みや のゆき&宮野 とりい

「僕は君を好きになってよかった」

2019年4月発行。
表紙からバキバキに漂うシリアス感。はなの上にいる美少女、誰だっけ?と思ったら、ミデンを女体化したレイというオリキャラであった。
ミデンを女体化!そういうのもあるのか。

ただ美少女化したのではなく、オリジナルのデザインが各部に落とし込まれているのが面白い。開幕2ページ目のレイの正面の構図、まんまミデンの正面図なんだな。
萌え袖というには長過ぎる袖、めっちゃ活動し難そうw
はなに袖をまくってもらうのが可愛いが、次のコマで即元に戻っていて笑う。そりゃあのボリュームなら重力に負けるよな……。

勿論、はなとレイがただいちゃいちゃするだけで終わる筈も無く。一概にミデンが悪いんだと言い切れない展開なのが辛い。そりゃ孤独だったミデンを外に連れ出したのははなだもんな。依存してしまうのもやむなしと言える。

写真や思い出のカットは既刊やwebにアップされたイラストが紛れ込んでいますね。『はぐプリ』最終回記念イラスト等。きっちりゆういおのカットを紛れ込ませているのが流石としか言いようがないw

ラストページにマジモンの写真を挟んでくる演出が心憎い。ページを開いた瞬間、ゾクッとしたわ。フィクションと現実が繋がった感じがしてなぁ。策士かよ……。
どうやらこの演出、落書き本等とのセット版にしかないようで。深く考えずにセット版くださいって言ったけど、ナイス判断だぞ、俺。

おまけ漫画の方にミデンが女体化するに至った経緯が描かれているんだけど、納得出来過ぎて深く頷いてる。
落書き本の裏表紙には本当に落書きみたいなのが。ウンコヘアーとかほじほじとか、くそっ、こんなのでwwwwww
推しに何してんですかよ……。

燃:C 萌:A 笑:A- 総:A+

スポンサーリンク









Comments

Tell me what you're thinking...
and oh, if you want a pic to show with your comment, go get a gravatar!