【ラノベ】聖剣使いの禁呪詠唱 19巻【感想】

1月 16, 2020 by
Filed under: GA文庫 

聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク> 19 (GA文庫)

著:あわむら 赤光 イラスト:refeia

「オレ様がクッソ暑いなか必死こいて斗ってんのにナニくんずほぐれつしとんじゃこのクソダボ一生ヒモ野郎があああああああああああああああっっっっっっ!!!!!」

思い━━━━出した!!

(読むのを)

2017年2月の新刊。約2年11ヶ月の積み。4ヶ月振りの新刊。『我が驍勇にふるえよ天地』3巻からは隔月刊行。
いやぁ、積んだ積んだ。おっかしいなぁ、一時は最新刊に追いつく勢いだったのに一度積むとこのザマだよ。

表紙はフラガとサラシャ。前巻のシュウ・サウラと王佐の魔女と対になる形か。並べて置きたいですねぇ。
キャラ紹介は改めて見てもうっすいな……。

さて、サツキを捕えるべく動き出す日本支部による亜鐘学園侵攻。勿論、諸葉を筆頭に石動校長や実戦部隊の面々が大人しく引き下がる筈もなく……。

しれっと安東駿河が唯一、《異端者》を生み出せる存在と判明。空穂は安東が動かしていた人形に過ぎなかった。
それどころか六翼会議も安東の手駒のようなもので。全ては安東がサツキを見付け出すための壮大なマッチポンプだったというのか……なんてこったい……。

ヂーシンはよやっと不老不死に辿り着いたかと思いきや、天使級になり損ねて魔神級に。あちゃー、所詮は最強の敵にはなり得なかったということか……。まぁ、とはいえランクSの魔神級ですから脅威となるのは間違いないか。

天使級が過去に2体確認されているって話、以前にも出てたっけ?片方は雷帝として、もう1人の存在って語られてたっけな。

迫りくる日本支部の精鋭達。しかし数々の修羅場を潜り抜け、エンシェントドラゴンという最高の教師を得ていた亜鐘学園生達は輝かしい成長を遂げており、あっさりと撃退。みんな、強うなったのぉ……(しみじみ)

諸葉が世話になったエリカさん、一般人じゃなかったのか。まぁ、あの美人っぷりからすると一般人ですと言われるよりは納得かもしれない。
シュウ・サウラの関係者ということなのかしらね。

一方、ずっと謎の存在だった田中先生がまさかの敵と発覚。うせやろ……あんなに頼りになるタナTが敵って、うせやろ……。これは精神的にクるな……。
もしかして挿絵初登場かな?

流石の諸葉も貝利相手では余裕勝ちとはいかないようで。その後に熾場さんが来るのはきっちぃぞ……。

後書きによると2シリーズ同時進行の方が気持ちを切り替えやすいので執筆速度が保てるとか言っていて、こいつバケモノか……ってなってる。ってか2つの前世を持つことで最強の諸葉を素で体現しているのでは……。

次は2017年4月に『アレクシス』4巻、6月に20巻、8月に『アレクシス』5巻、10月に21巻、12月に『アレクシス』6巻、2018年4月に『アレクシス』7巻、6月に22巻と新シリーズ『百神百年大戦』1巻、8月『アレクシス』8巻、11月に『百神百年大戦』2巻、2019年1月に『アレクシス』9巻、4月に新作『黄昏の騎士団、蹂躙、蹂躙、蹂躙す 』、2020年2月に新作『俺の女友達が最高に可愛い。』。
追いつける気がしねぇ……w

燃:A+ 萌:A 笑:A 総:S-

シリーズリンク
聖剣使いの禁呪詠唱 18巻(2016/10)
・聖剣使いの禁呪詠唱 20巻(2017/06)

著者リンク
我が驍勇にふるえよ天地 Vol.3 -アレクシス帝国興隆記-(2016/12)
・我が驍勇にふるえよ天地 Vol.4 -アレクシス帝国興隆記-(2017/04)

スポンサーリンク









聖剣使いの禁呪詠唱<ワールドブレイク> 19 (GA文庫)
あわむら 赤光
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 421,485

Comments

Tell me what you're thinking...
and oh, if you want a pic to show with your comment, go get a gravatar!