境界線上のホライゾン 制作発表

4月 9, 2011 by
Filed under: アニメ, 電撃文庫 

「ライトノベルはこういう形で立つのか!」

概要

バンダイチャンネル及び公式サイトでライブ配信ということで視聴。
2部構成で司会が白石稔なんだけど、キャストとして出演するのかな。

川上さんは画面の左にあるTwitterで、ゆるっと参加。

第1部

担当編集、プロデューサー?、監督が登場ということで、色々と情報が出ました。
取り敢えず10月からテレビ放送ということが確定。『空の境界』や『ブレイクブレイド』みたいな劇場版何部作って形じゃなくて良かった。

サンライズがラノベのアニメ化をするのはやっぱり史上初。ただ、原作の内包要素としては相性が良いということで。
一応、原作準拠って話だけど、どこまで信用出来たものか。

気になる放送期間ですが、全2期を予定。話数は未定という解釈に困る表現をされてしまった。普通に考えたら2クールなんだろうけど、「クール」って言葉を使わないことや話数を明言しないのが意味深だわ。
そもそも頑張れば、1巻の内容だけで2クール終わりそうな気がする。

川上さんが作った設定資料集の多さが話題に挙げられてたけど、もういっそ設定資料集をシリーズ化して出せば良いんだよw

担当さんが電撃文庫MAGAZINEにも情報が盛り沢山と言いながら、『ロウきゅーぶ!』のアニメ化記事のページを開いてクソワロタ
『境ホラ』の読者を取り込もうという戦略だな……!

PV

第1部と第2部の間に公開。およそ4分の映像。
映像として出た情報を鵜呑みにするなら、メアリや英国の面子が出てるから2巻まではやるのかな。でも、そうすると点蔵メインで終わる気が……。
義経の登場はファンサービスといったところか。

大まかなキャラ紹介といった風情で。キャラデザは大分さとやすさんの絵に近い気がする。
真面目なバトルシーンに圧倒されていると、ネイトの胸タッチと正純の股間チェックキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
あと、パンチだ地摺朱雀。流石、サンライズ、武神が格好良いの何のって。

第2部

トーリ役のルル山とホライゾン役の茅原さんに、1部から引き続き登場となる監督がゲスト。
案の定、この2人が主演だったか。ルル山、ラノベ主人公変態作品、第4弾くるで!

ルル山は面白いんだけど、茅原さんのわざとやってんだか、そういう性格なのか、イミフな言動にイラっとしてしまった。

まとめ

ってなわけで超テンション上がっちゃう制作発表でした。今後も放送開始まで、ライブ配信を定期的に行っていく予定だそうで。これは楽しみでござるなぁ。

燃:A+ 萌:A- 笑:A+ 総:A+

シリーズリンク
『境界線上のホライゾン』生勉強会!!

境界線上のホライゾン1〈上〉―GENESISシリーズ (電撃文庫)
境界線上のホライゾン1〈上〉―GENESISシリーズ (電撃文庫)

Comments

Tell me what you're thinking...
and oh, if you want a pic to show with your comment, go get a gravatar!