文庫版 エレGY

7月 13, 2013 by · Leave a Comment
Filed under: 星海社文庫 

エレGY (星海社文庫)
著:泉 和良 イラスト:huke(フケ)

『この日記を見た女の子は
今すぐに、自分のいやらしいパンツ姿の写真を携帯で撮って、
メールで僕に送って下さい!
直ちに!早く!』

星海社文庫2011年4月の新刊。約1年11ヶ月半週間の積み。星海社文庫とか初めて読んだわ……。
元々は講談社BOXより刊行された第2回講談社BOX新人賞“流水大賞”優秀賞受賞作品。
タイトルは「エレジィ」と読みます。
ボーダーからラノベレーベルに落ちてきてるから、ウチのブログでの扱いとしてはラノベかなぁ。

それにhukeさんのイラストを付けて文庫かしたもの。ネットでの評判が良かったので買ってみて、そのまま放置してました。

イラストは表紙とピンナップのみなんだけど、ピンナップのイラストが表紙と同じって、どういうことなの……。

フリーウェアゲームの制作者ジスカルドこと、泉和良はある日、エレGYを名乗るファンの女の子と出会う。
奇天烈な発言をするエレGYに、和良は惹かれていき……というお話。
って、半ば著者の自伝なのかよ!

何のために、ゲームを作るのかを問う作品なんだと思う。読み易く、かつハッピーエンドだから悪くはないんだけど、どうにも『NHKにようこそ!』を思い出させる展開。
滝本さんと知り合いらしいけど。

って、これ、よくよく調べたら、タイトルを変えて続編出てんじゃねーか。それらも、いずれ文庫落ちするんだろうけど、あんまりモチベーション上がらんな……。
コミカライズが出るから、優先消化したんだけど、そこまで追っかけるほどではないかなぁ。

燃:C 萌:B+ 笑:B- 総:A-

2011年8月漫画と既刊購入報告とカラオケと次元連結システムとマジアカと本屋

8月 8, 2011 by · Leave a Comment
Filed under: 星海社文庫, 漫画, 雑記 

唐突にacoとカラオケに行くことになり、四条のジャンカラに行って来ました。
4時間居たんだけど、やたらacoがトイレに行くわけですよ。1時間に1回以上のペースで行ってた。
そこで、acoが「(無尽蔵な量という意味で『冥王計画ゼオライマー』の)次元連結システムみたい」と言ったのだが、俺は次元連結システムがどういうものなのか、よく知らないので、その構成単語からacoと他人の膀胱が次元連結されて、他人の尿が流れ込んでくるってことかと思ったんだが、それを説明すると、「頭おかしい」と罵られました。
いやいや、ゼオライマーをよく知らなかったら誰でもそういう考えに行きつくって!
その後、散々最低やと言われたんだが、これは全責任がacoにあると思うの。みんなもそう思うよな!な!

カラオケの後は周辺のアニメイトやら、とらのあなやら本屋やらをウロウロしたんだが、トータル6時間くらいウロウロするとか阿呆じゃないの?
途中、ゲーセンに寄って、acoのカードでクイズマジックアカデミーを初めてプレイした。
ライトノベル検定とかいうタイトル聞いただけでフルボッ〇もんの検定をやったんだが、問題のチョイスキモ過ぎワロタwwwwwwww
俺のレベルでギリギリ答えられるかどうかっていう難易度の問題がわんさか出題されて、ちょー楽しかったです。
「副葬処女」とか普通読めんわw

いやしかし、マジアカにみんながハマる理由がよく理解ったわ。あと、キャラがえらい可愛いのな。

アニメイトでは、ネットの評判を見て気になっていた星海社文庫、

・エレGY
エレGY (星海社文庫)

の計1冊を購入。
また、出ていると知らなかったり買い逃していたりしたりした、

・JINKI:EXTEND コンプリート・エディション <02>
・荒川アンダーザブリッジ <12>
JINKI:EXTEND コンプリート・エディション(2) (電撃コミックスEX)荒川アンダー ザ ブリッジ(12) (ヤングガンガンコミックス)

の計2冊を購入。

最終的にはブックファーストに辿り着いたんだけど、acoに付き合って店内をウロウロする内に、どんどん興味ある本が増えていくんだよな。
今日は特別!普段は店頭で気になる漫画を見かけたって買わないんだから!これだけ気になるってことは買う運命なんだよ!と言い聞かせて、

・私のおウチはHON屋さん <1~3>
・magico 1 Ceremony of fate
私のおウチはHON屋さん(1) (ガンガンコミックスJOKER)私のおウチはHON屋さん(2) (ガンガンコミックスJOKER)私のおウチはHON屋さん(3) (ガンガンコミックスJOKER)magico 1 (ジャンプコミックス)

の計4冊を購入。むしろ4冊だけで済んで良かったと思うべきなのか。

何でこういう陳列をしてるのかとか考察するの超楽しいですね。ぎんぼぢぃぃいいいいい!ってなる<気持ち悪い

ところで、ブックファーストって1フロアにレジカウンターが2つ以上あるのに、レジそのものは1つしかないんですね。
本のスキャンと受け取った金額は手元の端末で入力して、お金は後ろに置かれているレジから出し入れするというシステムっぽい。
お金の管理という意味では、その方が効率良いってのは理解るんだけど、それ以外の手間が相当増えてると思うのは俺達だけなのか。
それに忙しくて慌ててるときなんかだと、店員同士で接触事故起こしてお金ばらまいちゃいそうだけどなぁ。

2011年1月GA文庫新刊

1月 15, 2011 by · Leave a Comment
Filed under: 星海社文庫, 雑記, GA文庫 

いつも通り、1日フライングで14日発売か。ブツは、

・ちみっ娘小学生レストラン ストロベリーフィールドへようこそ!
ちみっ娘小学生レストラン ストロベリーフィールドへようこそ! (GA文庫)

の計1冊。おとなしい冊数です。

『ふぁみまっ!』の著者の九辺ケンジさんが野島けんじさんの弟子って、どこまでまぢなんだろうか。
ってか、いきなりチラシで新作のタイトル誤字られて、野島さんオメガカワイソス
何だよ、ストローベリーってw
『ぷりんせす・そーど!5 戦うサツキと大団円』は完結のようで。
ふぁみまっ!3 (GA文庫)
ぷりんせす・そーど!⑤ 戦うサツキと大団円 (GA文庫)

来月の新刊で気になるのは『踊る星降るレネシクル』の裕時さんの新作『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』。もうタイトルで買いと言わざるを得ない。

もう『ポリフォニカ』は出ない月の方が普通になってきたな。
と思っていたら、新作キネティック『神曲奏界ポリフォニカ ~Farewell Song~』と、シナリオ榊さん、原画神奈月さんのコンビで送る『葬送鬼レギナルト』発表されタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
『ポリフォニカ』はもう盛り下がっていくばかりだと思っていたから、これは嬉しい。
また、『レギナルト』の告知ポスターにはコーティの姿が描かれていたとか何とか。一応、ネットで画像確認したけど、これ、似てるだけで、全く関係無い別人ですってオチなんじゃね?いや、シナリオが榊さんの時点で買う以外の選択肢無いけども。

あ、あと、星海社文庫が創刊されてました。特に気になる作品は無かったからノーチェックだったけれども。
挿絵をカラーで収録するという試みは面白いと思った。

2010年9月ガガガ文庫新刊と星海社文庫と消滅する時間

今月は18日が土曜のため、公式発売日自体が1日早く。相変わらず、京都駅の三省堂のガガガ文庫の入荷量は異常。このラノ文庫も何故かあほみたいに積んでありました。どういうことなの……。どう考えても捌けないと思うんだが……。
ブツは、

・羽月莉音の帝国 <4>
羽月莉音の帝国 4 (ガガガ文庫)

それと、買うのを忘れていた、

・魔界探偵 冥王星O デッドドールのダブルD
魔界探偵 冥王星O デッドドールのダブルD (講談社ノベルス)

を買って、計2冊。

来月の新刊では舞阪さんがガガガに登場、『スーパーロボッ娘 鉄刃23号』がちょっと気になる。また、刀持った戦闘美少女なんだろーか。



星海社文庫とかいうラノベレーベルが創刊されるらしいね。今のところは俺のアンテナにはビビッときませんが。


ここ最近、更新が滞っていたのは、ただでさえ残業の所為で自由時間が減っているのに、その貴重な時間をポケモンスレを見るのに費やしていたからです。ついつい時間浪費しちゃうんだよな。