2020年読了物総括

あけましておめでとうございます。

まずは購入冊数と読了冊数の集計を。

小説関係本購入冊数
ライトノベル:104冊
美少女小説:3冊
ボーダー:10冊
コミカライズ:29冊
雑誌:2冊
一般:5冊
児童書:2冊
関連本:2冊
漫画:17冊
同人誌:9冊
総計:183冊

読了冊数
ライトノベル:182冊
美少女小説:3冊
ボーダー:13冊
コミカライズ:46冊
雑誌:2冊
一般:18冊
児童書:2冊
関連本:3冊
漫画:21冊
同人誌:12冊
総計:302冊

購入量は去年よりおよそ100冊減少。ただ、減少の中身は殆ど同人誌なんだよなぁ。ラノベも10冊くらい減ってるが誤差範囲であろう。
同人イベントが中止/延期になったり、自己判断で欠席したりした結果、同人誌の購入/読了数が激減。そもそもの発行される点数自体も劇的に減っていると思われ。
また、Skebという自分好みのえっちピクチャーを生み出す手段を得たので、えっちぶっくを頑張って探索する必要性が薄くなったというのもある。

ラノベは去年よりも40冊近く多く読めたし、全体の購入と読了のバランスを見ても100冊以上、積みを崩せた計算になるので満足。

2020年は834回更新したみたいです。2019年は875回ということで、こちらも同人誌の冊数がそのまま響いている形。
1日2回更新ペースでやっていると大体この辺りに落ち着くんですね。

ランキングは別ページを設けています。
基本的に各月のランキングを元に年間順位を作成。
「総」部門はトップ20とワースト1、それ以外はトップ10までを出しています。コメントも含めて別ページで。

「燃」部門
「萌」部門
「笑」部門
「新作」部門
「総」部門

この1年で印象深かったことと言えば、

・コロナ騒動
・『プリキュアつながるぱずるん』サービス終了
・『ドラゴンクエストX』復帰
・『原神』おもしれー
・10年以上通っていた書店が閉店
・『仮面ライダーセイバー』がアツい
・このライトノベルがすごい!協力者配信に参加

あたりですかねぇ。

コロナは元々引き籠もりなので俺自身の生活にはさほど影響は無かったが、ニチアサが放送休止になってしまうという大打撃がなぁ……。これはほんと辛かった。
今もまだ予断を許さない状況だから引き続き心配である……。

『キュアぱず』はなぁ……ほんとなぁ。年明けに4年目いけるやん!みたいな話をしていたのに……。うぅっ……どうしてこんなことに……(´;ω;`)
その代わり『ドラクエX』に復帰してストーリーをガガッと進めました。しかし9月末に『原神』とかいうソシャゲがリリースされ、手を出してしまったのが運の尽き。まだ感想上げてないけど、これがめっちゃおもろいのよねぇ。
ってかゲームは自分の中でここまでやる!と決めた部分が終わるまで感想を上げないので、中途半端に記事を書いて放置しているのがいくつか……。

書店が消えていくのは最早避けられない事態なのか。俺達がアマゾンを使っちゃうからいけないという部分もあるのだが……うーむ。

『仮面ライダーセイバー』がなぁ、めちゃめちゃ性癖に刺さる仕上がりでなぁ。毎週めっちゃ楽しみで困っちゃう。だからこそ緊急事態宣言が出て放送が止まっちゃわなないか心配だわ……。

このラノ協力者の配信は色々と勉強になりましたね。なかなかスキルが無くて自分から発信していくハードルが高いので、こういうのは有り難い。

2020年の目標を振り返ると、

・毎日ブログを更新する。
・ラノベを200冊以上読む。
・読了冊数を400冊以上にする。
・アフィリエイトの稼ぎを増やす。
・何かしらの企業案件を受注する。
・仕事を辞める。

毎日ブログ更新は楽勝楽勝。
ラノベ200冊はあとちょっとやったな~。美少女小説とボーダーを足してもギリ届かない……。まぁ、その分一般小説の割合が増えてるし良しとするか。
読了400冊は同人誌ありきの冊数だな~。

アフィリエイトは分かり切っていた話だけど、そもそもアクセス数を増やさんことには話にならん。気が向いた時に試行錯誤はしてるつもりだが……。
企業案件がぽんぽん来るとかただの妄想なんだよなぁ。お声掛けまってま~す(チラッチラッ
は~、仕事辞めたい。時間の無駄でしかない。

ということで2021年の目標は、

・毎日ブログを更新する。
・ラノベを200冊以上読む。
・読了冊数を350冊以上にする。
・アフィリエイトの稼ぎを増やす。
・何かしらの企業案件を受注する。
・仕事を辞める。

としたいと思います。優先順位は記述順です。殆ど変わってなくて草。
それでは皆さん、今年もよろしくお願いいたしますね。

感想リンク
2020年12月に読んだラノベまとめ
・2021年1月に読んだラノベまとめ

スポンサーリンク









ランキング,雑記

Posted by お亀納豆