俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる <7>

6月 7, 2015 by
Filed under: GA文庫 

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 7 (GA文庫)
著:裕時 悠示 イラスト:るろお

「気づいてないのかい?鋭太の周りには、たくさんの地雷が埋まっているんだよ」

2014年2月の新刊。約1年3ヶ月2週間半の積み。5ヶ月振りの新刊。本編進行は1年1ヶ月振りか。どんなところで終わったか憶えてるわけないよ!やったー!<威張るな
表紙は鋭太とヒメか。

さて、真涼不在のまま開幕する文化祭。ヒメの奮闘もあり、戻ってきた真涼と共に、自演乙の文化祭は成功に終わる。
あっさりと文化祭が終わってしまって拍子抜けっちゃー拍子抜け。ラブコメで文化祭と言えば一大イベントというイメージがあるけども。

鋭太と別れたと公言し、彼と千和の仲を応援するというスタンスを取り始めた真涼さん。しかし、鋭太への想いは抑えきれず、自宅ではアレなことに。お脳を病んでらっしゃるのかな?
言動が大分末期なんだが……。

一方、大勝利さんは鋭太と千和の絆の強さを実感していなかったために、ここにきて大ダメージを負ってしまう。
大勝利さん切ないな……。大勝利への道は遠いか。

そこへ姿を現す鋭太の母親。彼の両親なんて、すっかり忘れていたわ。出て来ることなんてないんじゃないかと。

最後にはカオルと真那の短編が載ってるんだけど、これってGAマガジンにでも掲載されてたのかしら。
今回は章の間に『艦これ』風パラメータが掲載されている。これ、担当さんの趣味なんだろうか。

後書きのテンションが妙に不安定なんだけど大丈夫かw
次は2014年5月に『踊る星降るレネシクル』5巻、7月にこちらの8巻、2015年1月に9巻、7月に『るるル』6巻。

燃:C 萌:A 笑:B+ 総:A

シリーズリンク
俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる <6.5>(2013/02)
俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる <8>(通常版)(2014/07)

著者リンク
踊る星降るレネシクル <5>(2014/05)

Comments

Tell me what you're thinking...
and oh, if you want a pic to show with your comment, go get a gravatar!