【ボーダー感想】筆跡鑑定人・東雲清一郎は書を書かない。 鎌倉の花は、秘密を抱く【3巻】

5月 31, 2017 by
Filed under: 宝島社文庫 

筆跡鑑定人・東雲清一郎は、書を書かない。 ~鎌倉の花は、秘密を抱く (宝島社文庫)

著:谷 春慶 イラスト:カズアキ

「君は俺を埼玉という異界にまで連れてきて、放置するというのか?」
「人の実家を異界扱いしないでくれる?」

2017年6月の新刊。約4日の積み。1年振りの新刊。献本を頂きました。有り難うございます。
って2巻からもう1年経ったのかよ!嘘やろ……。

あれ、カラー口絵って今まであったっけな?
さて、俺の願いが天に通じたのか、今回は比較的軽めの日常寄りの連作短編集。生命の危険は無いので安心して読めました。

も~~~~~~~、美咲と清一郎みたいな普通の女の子と偏屈なイケメンっていう関係性、常日頃から大好きって言ってるでしょ~~~~~~~!(言ってない)
清一郎のコントロール方法を完全にマスターしてる美咲が良い……。完全にお似合いのコンビにはってはりますやんか……。

やっぱりこれくらい軽いノリの方が楽しめるんだよなぁ。清一郎の義妹の小雪だけでなく、義姉がいることも判ったし、これくらいのテンションで長く続けてほしいですね。

燃:C 萌:A+ 笑:A- 総:A

シリーズリンク
筆跡鑑定人・東雲清一郎は、書を書かない。 鎌倉の猫は手紙を運ぶ(2016/06)

筆跡鑑定人・東雲清一郎は、書を書かない。 ~鎌倉の花は、秘密を抱く (宝島社文庫)
筆跡鑑定人・東雲清一郎は、書を書かない。 ~鎌倉の花は、秘密を抱く (宝島社文庫) 谷 春慶 カズアキ

宝島社 2017-06-06
売り上げランキング : 18115

Amazonで詳しく見るby G-Tools

おいしいベランダ。 3月の桜を待つテーブル (富士見L文庫) オーダーは探偵に セピア色の謎解きはビスケットと忘れじの記憶 (メディアワークス文庫) あやかし双子のお医者さん 三 烏天狗と押しかけ弟子 (富士見L文庫) 下鴨アンティーク 暁の恋 (集英社オレンジ文庫) ([お]7-9)真夜中のパン屋さん 午前5時の朝告鳥 契約結婚はじめました。 ~椿屋敷の偽夫婦~ (集英社オレンジ文庫) 猫と透さん、拾いました ―彼らはソファで謎を解く― (メディアワークス文庫) 化学探偵Mr.キュリー6 わが家は祇園の拝み屋さん5 桜月夜と梅花の夢 (角川文庫) 筆跡鑑定人・東雲清一郎は、書を書かない。 ~鎌倉の猫は手紙を運ぶ (宝島社文庫)

スポンサーリンク



Comments

Tell me what you're thinking...
and oh, if you want a pic to show with your comment, go get a gravatar!