【購入報告】2017年4月ガガガ文庫とファタジア文庫とコミカライズと漫画新刊

色々買ってきました。先週も行ったのに多いな!ラノベは、

・青春絶対つぶすマンな俺に救いはいらない。
・ロクでなし魔術講師と追想日誌 2巻
・いづれ神話の放課後戦争6 -魔眼の王と女神覚醒-
・通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか? 2巻
・豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい 2巻
・クラウン・オブ・リザードマン 少年は人の身を捨て復讐を誓う
・クラスのギャルとゲーム実況 part.1
・ぼくの日常が変態に侵蝕されてパンデミック!?

の計8冊。

『俺が好きなのは妹だけど妹じゃない』3巻も買う予定だったんだけど、注文した本の中に2巻の方が入っていたので、今度交換してもらってきます。どうせすぐには読まないしな!(ぉ

ガガガ文庫では『妹さえいればいい。』がアニメ今秋放送開始と発表されたと見せかけて、どうやら公式が流出させてしまった案件の模様。
正式発表は次の新刊発売のタイミングかな?

ファンタジア文庫では『通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?』が早くもコミカライズ化とフィギュア化が決定。そりゃ1巻であの話題度だからなぁ。
更にwebではお母さんが名前を呼んでくれる企画も。CMでも起用されている茅野愛衣さんが呼んでくれる模様。あの声、脳味噌とろとろになるから好きなんだよな……。
しかし、このタイトル、声に出されるとパワーワード感が強いw

コミカライズは、

・緋弾のアリアAA ⅩⅡ巻

の計1冊。

漫画は、

・天野めぐみはスキだらけ! 6巻

の計1冊。

スポンサーリンク



【購入報告】2017年3月講談社KK文庫とガガガ文庫とファンタジア文庫とコミカライズ新刊と関連本と雑誌

色々買ってきました。ここ数日に発売日が重なり過ぎなんだよ!いい加減にしろ!!特にファンタジア文庫の密度が酷い。ラノベは、

・俺、ツインテールになります。 4.5巻
・ふぉーくーるあふたー 4巻
・七星のスバル 5巻
・ハイスクールD×D23 球技大会のジョーカー
・デート・ア・ライブ16 狂三リフレイン
・デート・ア・ライブ フラグメント デート・ア・バレット
・冴えない彼女の育てかた 12巻
・ロクでなし魔術講師と禁忌教典 8巻
・ゲーマーズ!7 ゲーマーズと口づけデッドエンド
・異世界取材記 ~ライトノベルができるまで~
・編集さんとJK作家の正しいつきあい方

の計11冊。
ファンタジア文庫の話はドラマガを読んだときに。

コミカライズは、

・冴えない彼女の育てかた 恋するメトロノーム 7巻

の計1冊。

児童書は、

・物語 Go!プリンセスプリキュア 花とレフィの冒険

の計1冊。

関連本は、

・魔法つかいプリキュア! オフィシャルコンプリートブック

の計1冊。

それからドラゴンマガジン買ってきました。まぁ、今月中には読めないでしょうねぇ<威張るな

スポンサーリンク



【ラノベ感想】物理的に孤立している俺の高校生活

2月 20, 2017 by · Leave a Comment
Filed under: ガガガ文庫 

物理的に孤立している俺の高校生活 (ガガガ文庫)

著:森田 季節 イラスト:Mika Pikazo(ミカ・ピカゾ)

敵よ、来い。
俺がほどほどに負傷しながら最後は勝利できる程度の敵、来い。

ガガガ文庫2017年2月の新刊。約2日の積み。『不戦無敵の影殺師』を7巻で完結させた森田さんが8ヶ月振りに復活。
帯には『妹さえいればいい。』でお馴染み、平坂読さんから推薦文が。
このタイトル、森田さんの本でなくても買ってまうやろ。タイトルだけで、もう面白いのズルいでしょw
Read more

【購入報告】2017年2月ガガガ文庫とファンタジア文庫新刊

最近、小刻みに回収しに行ってるから少なめ。ラノベは、

・物理的に孤立している俺の高校生活
・プロデュース・オンライン 棒声優はネトゲで変わりたい。
・豚公爵に転生したから、今度は君に好きと言いたい

の計3冊。

ガガガ文庫では『されど罪人は竜と踊る』のアニメが2017年秋から放送開始決定。グロ描写がどういった扱いになるのかが気になりますね。

スポンサーリンク



【ラノベ感想】どうでもいい 世界なんて2 -クオリディア・コード-

1月 24, 2017 by · Leave a Comment
Filed under: ガガガ文庫 

どうでもいい 世界なんて2―クオリディア・コード― (ガガガ文庫)

著:渡 航(Speakeasy) イラスト:saitom

「ありゃ、今日早い」
「これが定時なんだよなぁ……」

定時退社を「早く帰る」と表現して社畜アピールする奴何なの?
2017年1月の新刊。約4日の積み。半年振りの新刊。

アニメの終了から3ヶ月、ようやくアニメ前日譚のシリーズが完結。今回も極薄230ページです。文字密度が高いから、そこまで薄く感じないけどな。

さて、千葉首席を巡る策謀と戦略。戦闘科の圧倒的な存在感に対抗するべく、一計を案じる霞だが……。
Read more

【購入報告】2017年1月ガガガ文庫とファンタジア文庫とコミカライズと漫画新刊と雑誌

色々買ってきました。ラノベは、

・どうでもいい 世界なんて2 -クオリディア・コード-
・非オタの彼女が俺の持ってるエロゲに興味津々なんだが…… <4>
・通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?
・追伸 ソラゴトに微笑んだ君へ

の計4冊。
ファンタジアの話はドラマガを読んだときに。

コミカライズは、

・非オタの彼女が俺の持ってるエロゲに興味津々なんだが…… <1>

の計1冊。

漫画は、

・天野めぐみはスキだらけ! <5>
・人狼機ウィンブルガ <1>

の計2冊。

あと、ドラゴンマガジン買ってきました。

スポンサーリンク



【ラノベ感想】七星のスバル <4>

1月 14, 2017 by · Leave a Comment
Filed under: ガガガ文庫 

七星のスバル 4 (ガガガ文庫)

著:田尾 典丈 イラスト:ぶーた

「何を馬鹿なことを。天地がひっくり返ってもあり得ない」
「じゃあ、天地ひっくり返るわ」

2016年10月の新刊。約2ヶ月2週間の積み。5ヶ月振りの新刊。
表紙はスバル最後の女性メンバーである希。表紙のキャラがリアルの姿で登場するのは初めてか。やだ、女子力高そう……。
毎巻、全然主張してない帯が良い雰囲気出していて良いな。

さて、一大イベント“フェスティバル”に参加する〝スバル〟。転装装置の購入資金のため、あちこちの賞金レースに首を突っ込んで荒稼ぎ。
一方、リアルで陽翔と咲月は希にコンタクトをとるが……。
Read more

【ラノベ感想】不戦無敵の影殺師 <7>

1月 10, 2017 by · Leave a Comment
Filed under: ガガガ文庫 

不戦無敵の影殺師7 (ガガガ文庫)

著:森田 季節 イラスト:にぃと

小手毬が悩んだり苦しんだりするモノやコト。
それが俺が次に戦うべき敵だ。
もちろん、俺が勝つ。

かっけぇ。
2016年6月の新刊。約6ヶ月3週間の積み。5ヶ月振りの新刊。
さて、最終巻。表紙は朱雀と小手毬という実に最終巻らしい表紙。

小手毬を人間に戻すため、『天上』の仕事を続ける朱雀。しかし、その『天上』のトップである神代(こうじろ)の異能力を知ってしまい……。

ほんと乗り越えても乗り越えても襲ってくる絶望がしんどいのなんの。そんな中、必死に泥臭くあがく朱雀が格好良い。小手毬のためなら一気に強くなるところが特に良い。

結婚して妊娠した滝ヶ峰さんが完全に別人で辛い。誰だよwって言いたくなるくらい別人。親バカなのも可愛い。
子犬丸が本作のタイトルに言及するような台詞を。お前が言っちゃうのかよw

ほろ苦いエンドだったら嫌だなーと思っていたが、無事ハッピーエンドで本当に良かった。
朱雀と小手毬の息子が、字が違うとはいえMF文庫J『不堕落なルイシュ』の主人公の名前と同じなのは偶然なんだろうか。

総評

そんなわけで最強を突き詰めるガガガ文庫『不戦無敵の影殺師』全7巻、これにて完結。足掛け2年3ヶ月。

最初こそ現代に生きる異能力者のせちがらい懐事情みたいな話だったが、巻を重ねるにつれ朱雀の生き様を描いていく静かにアツいシリーズとなっていったのが面白かったですね。
後半、もうちょっとコメディ成分が欲しかったと思わないでもないが。

ガガガならアニメ化してくれるんじゃないかと思ったが、駄目だったか……。それなりにウケそうだと思うんだけどなー。
7巻終了なので森田さんの最長シリーズ記録は更新されなかったか。

後書きによると既に新作の構想はあると明言しており、2017年2月に人間の面倒臭さを描く『物理的に孤立している俺の高校生活』が発売予定。どんなタイトルだw

燃:A 萌:A+ 笑:A- 総:A+

シリーズリンク
不戦無敵の影殺師 <6>(2016/01)

著者リンク
物理的に孤立している俺の高校生活(2017/02)

スポンサーリンク



【コミカライズ感想】やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。@comic <08>

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。@comic 8 (サンデーGXコミックス)

原作:渡 航 作画:伊緒 直道 キャラクター原案:ぽんかん⑧

「つまり、依頼を放棄するということでいいのかしら」
「違う。ワークシェアリングだ。ジョブローテーションだ。アウトソーシングだ」

2016年11月の新刊。
表紙はめぐりん先輩か。この人、こんなに濃い黒髪だったっけか。先輩可愛いから、もっと出番あっても良いのよ。むしろめぐりんがヒロインに昇格してほしいまである。
Read more

【ラノベ感想】妹さえいればいい。 6巻

12月 22, 2016 by · Leave a Comment
Filed under: ガガガ文庫 

妹さえいればいい。 6 (ガガガ文庫)
著:平坂 読 イラスト:カントク

……なんて澄んだ目をした変態だろう……兄さんみたい。

2016年12月の新刊。約2日の積み。5ヶ月振りの新刊。
半ば勢い任せだったとはいえ、伊月に告白した京。春斗と京が一歩踏み出したことにより、彼等の関係性、ひいては彼等の考え方にも影響が出始めて……。
Read more

次ページへ »