【映画】空飛ぶタイヤ【感想/ネタバレ】

B07HKGGJ6W

「俺はやると言ったらやる。徹底的にな」

2018/06/15公開の実写映画。原作は『半沢直樹』でお馴染みの池井戸潤さん。これよりも前にドラマ化もされてるんだな。当時、映画館に行く度に宣伝映像をガンガン見せられて気にはなっていたのよ。
この度、ケーブルテレビで放送されたので視聴。

赤松運送を経営する主人公、赤松徳郎はある日、自社のトラックがタイヤ脱落事故を起こし、死傷者を出してしまったことを知る。整備不良と詰め寄られ荒れる赤松だったが、真実はトラックの構造的欠陥にあると考えた彼は巨大企業、ホープ自動車の闇に立ち向かっていく……。

警察に始まり、国交省、ホープ自動車、被害者の遺族と全方位からフルボッコにされながら真相を求めて突き進む赤松さんのメンタル頑強過ぎるだろ……。見てるだけで胃の痛くなるシーンの連続攻撃だぞ……。

「何がホープ自動車だ、こっちは赤松運送だぞ」の一言で振り払うの強過ぎる。こういう心のありよう見習いたいですね。
ただ、ガンガンタメ口でツッコんでいくのはいかんでしょ。中小企業の民度を疑われるぞ……w

もう1人の主人公とでも言うべきホープ自動車社員の沢田さん。最初は赤松さんからの電話を冷たく無視するが、どうやら自社の不正が嘘ではないらしいと気付き始めてからは格好良かったですね。
あくまでも本作は赤松さん視点で作られているから冷たく見えるが、普通はキチガイクレーマーにしか思えんもんなぁw

王道的な物語を期待するなら、ぶつかり合いながらもお互いを理解した赤松さんと沢田さんが共闘するべきなんだろうけど、2人は最後までそれぞれ独立した動きをとっているんだよな。何となくお互いがやったことを察する、というレベルに留まっている。
諸悪の根源とも直接対決は行われない。そこが逆にクッソ生々しいんだよなぁ……。

だからこそラストシーンで、沢田さんが赤松さんの前で一人称を「俺」に切り替えるシーンが効いてくるんだけども。ここで初めて沢田さんは自分の言葉で喋ったってことなんかな。エモ……。

本作は実際に起こった三菱リコール隠し事件を下敷きとしており、やだ、これ俺が当事者になる可能性ゼロじゃないじゃん……。
やっぱりどう動くにしたってメンタルを強く持たないといかんのだよなぁ……。

で、このやりきれない物語のラストを引き立てる主題歌の良さよな。めっちゃメロディーも歌詞もめっちゃ心に沁みてくる……。

燃:A 萌:C 笑:A- 総:A+

スポンサーリンク









B07HKGGJ6W
空飛ぶタイヤ [DVD]

映画,講談社文庫

Posted by お亀納豆