10歳の保健体育 <2>

4月 3, 2011 by
Filed under: 一迅社文庫 

10歳の保健体育2 (一迅社文庫)
著:竹井 10日 イラスト:高見 明男

「バナナはおやつに入らないが、アナルと尿道には入る」

最低過ぎるwwwwwwwwwwwwwwwww
って、尿道には入るの!?

東京こうていわ。今回は本編中でも使われてます。
約5ヶ月2週間の積み。4ヶ月振りの新刊。表紙は今回も帯を外すと、ぱんつが見えます。

さて、今回も連作短編集気味ですが、下ネタのはっちゃけ振りが物凄い酷いことになってる。こんなに、ちんこまんこを乱発するラノベってそうないぞw
精液便所とかラノベで使って良い言葉じゅねーぞ。電車の中で読まなくて良かったぜ……。

スカトロさんの二度ネタにはクソワロタ
だが、何よりも衝撃的だったのは新登場のヒロイン、和恋(わこ)に静姫が自分のゲロを口移しで飲ませたことです。発想が斬新過ぎるわ。
日曜の朝っぱらから何てもの読ませんだ<読むな

どうでも良いが、静姫の魔性の所為で、次々と周囲の女性の本性を露わにされてしまう亮君が可哀想過ぎる。

いやしかし、昨今、エロラノベは増えてきてるけど、ただただ下品なだけってのは珍しいよな。間違い無くオンリーワンだろう。誇れるかどうかは別として。
ガンガン専門用語が出て来るから、要らん性知識が増えること増えること。まさか、それを意識して、このタイトルなのか……!?いや、10歳は関係無いが。

ところで、59ページの挿絵で翠蓮がさらしを巻いていると思ったのは僕だけですか。
次は2011年5月。

燃:C 萌:B 笑:S- 総:A

シリーズリンク
10歳の保健体育(2010/06)
10歳の保健体育 <3>(2011/05)

Comments

Tell me what you're thinking...
and oh, if you want a pic to show with your comment, go get a gravatar!