【ゲーム感想】プリキュアつながるぱずるん【レビュー】

3月 23, 2017 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ, ゲーム 

「プリキュアたちのちからをみせるモフ!ファイトモフ~!」

はじめに

配信開始から1週間程経ったのでファーストインプレッション的に一発感想書きまふ。
2017年春配信予定と発表されていたので、4月中くらいかと思っていたら、3/16にひっそりとリリース。オープンβどこいった。
略称は『キュアぱず』。

どうやらソシャゲはサーバー負荷なんかの都合で配信が始まっても、すぐに告知されたりはしないっぽいな。事前登録していたんだけど、配信開始のお報せメールが来たのが翌日だったっけ。

いわゆるソシャゲらしいソシャゲは初めてだから緊張するぜ。『ポケモンGO』は普通のソシャゲとは色々と違うからな……。

昨年の『まほプリ』では3DSでゲームが発売されなかったり、ドラマCDが発売されたりと例年と商品展開を意識的に変えてきている感じは受けていたが、遂にソシャゲが来ちゃったかー。戦争や、戦争が始まるでぇ……。

このタイミングでのリリースは春映画がオールスターズでないことに対する反発を抑えるためでもあるんだろうか。
レジェンドを見たい人達はこっちへどうぞ、みたいな。まぁ、現時点では『ドリームスターズ』に出てなくて、こちらに出てるの初代だけなんだけど。

会社でリリースされていることを知ってしまったのが良くなかったよね。たまたま休み時間にTwitterをチラ見したのがマズかったわ。早くプレイしたくて、めっちゃそわそわしちゃったぜ。
Read more

ポケットモンスター サン

12月 24, 2016 by · Leave a Comment
Filed under: ゲーム 

【Kindleキャンペーン対象商品】 ポケットモンスター サン - 3DS 【Kindleカタログをダウンロードすると200円OFF(2017/1/9迄)】

「ポケモンや人に出会うことで人生は面白くなりますぞ」

概要

3年振りの完全新作。第6世代は思いっきりマイチェン「Z」を出すような振りをしながらも初のマイチェン無しの世代となった。

これからはマイチェンは出さずに3年スパンで新作、その間にリメイク1本みたいな構成でリリースしていくんだろうか。
そりゃマイチェンより新しいタイトルを出した方が売り易くはあるんだろうが……。

発表当初はやっぱり買うつもり無かったんですよ。それが『ポケモンGO』のリリースと後述するリージョンフォームの登場で買わざるを得なくなった。果たして俺がポケモンを卒業出来る日は訪れるのか……。

取り敢えず『サン』のみ購入。それで飽きたらそれで良いし、面白かったら追加で『ムーン』を買おうという作戦。

5世代と6世代は土曜発売だったが、今回は金曜日発売に。ガチ勢とライト勢を分散させてショップの負担を抑えようみたいな判断なんだろうか。
俺は近所のゲームショップが7時開店だったので、その時間に行ったんですが10人も人いなかったですね。何やってんだ!もっとアツくなれよ!
え、仕事?知らない言葉ですね。

一通りプレイし終わったので感想を書きます。ポケモンバンクの解禁はまだだけど、新しいものではないので問題あるまい。
Read more

ポケモンGO

11月 17, 2016 by · Leave a Comment
Filed under: ゲーム 

7月半ばに海外でリリースされ、瞬く間に世界を熱狂の渦で包み込んだ伝説のアプリ。7月後半に日本でもリリースされ、多くの人が人生を狂わされたことでしょう。

違うんです。最初はプレイするつもり無かったんです。当時、俺は傍観者だったんだけど、職場の同期が俺も俺もと半数以上がプレイしていることが発覚。そしたら乗るしかない!このビッグウェーブに!ってなるじゃないですか。
まぁ案の定、今でもまともにプレイしているの俺だけになったんですけど。

で、その流れでポケモン熱が再燃しているところに、本家『ポケモンSM』ではリージョンフォームなんてものが発表されて、そりゃ予約しちゃうじゃないですか。

実際に外に出て、自分の足で歩いてポケモンを捕まえに行くというのがこのゲームの大まかなコンセプト。
タマゴを孵すのにも歩く必要がある。

本家と大きく違うのはポケモンを進化させるには、同系統のポケモンを何匹も捕まえて飴というアイテムを入手しないといけないところ。1回捕まえたら、はい終わりというわけにはいかない。

最初こそ、流石にこれを遊ぶためだけに用も無いのに外出するのはなぁと思っていたんだが、ある程度慣れてくると、んほぉぉおおおぉぉおおおおおお外行きたいのほぉぉおぉおおおおおおおってなってくる。

アイテムが手に入るポケストップが設定されているランドマークを実際に探してみるのも楽しい。

本当の初期は車や電車等の移動中でもプレイ出来たが、色々と問題になった今では大分制限がかかっている。
確かにゲームデザインが歩きスマホを助長するというのは理解るが、結局はプレイヤーのモラルの問題だからなぁ。

叩いてる人って結局、携帯やスマホ自体は叩かないんだから、自分にとっては無くても何の問題の無いものを叩きたいだけなんでしょ?

出現するポケモンは現状第1世代だけ。もうじき第2世代がくるって話は聞くが、大分前からもうじきもうじきって言われてる気がする。
大体、第2世代にはアンノーンっていう非常に扱いの難しいポケモンがいるんですが、それはどうするのか。

実装当初こそ、ポッポコラッタゲーと言われていたが、最近は大分改善されてきていると感じる。
イベントも積極的にやっていくスタンスっぽいから、その辺の楽しみ。ハロウィンイベントの極端な出現率はどうかと思うが。開催期間が1週間あったのに、俺は2日で欲しいポケモンが揃ってしまったからな……。

全体的に公式の説明不足を感じるポイントが多い気がする。プレイ人口が多いからググれば大体判るんだけども、そういうことじゃないだろw

それと、何じゃそのアップデートは!?って驚くようなものとか。
孵化に必要な距離によってタマゴの色を分けるってアプデが一番イミフだったかな。何かアプデのついでならともかく、アプデの目玉の1つみたいな扱いだったしな……。

つまりちまちま遊ぶゲーム、超楽しいってことですよ。これをメインとして遊ぶと生活が破綻するので、外出のときのお供にという楽しみ方が良いと思われます。

開発が発表された頃は第7世代と連動するって話だったが、最近は消極的なコメントばかり見るな。まぁ、連動したから何だって話なんですけど。リージョンフォームの本来の姿を連れてくる、といった使い方は出来るかもしれん。

燃:A+ 萌:A 笑:B+ 総:A+

ポケットモンスター アルファサファイア

11月 16, 2016 by · Leave a Comment
Filed under: ゲーム 

ポケットモンスター アルファサファイア - 3DS

「突然の出会い!ミラクル☆アイドルスカウト!」

メガシンカVSゲンシカイキ

概要

すっかり恒例となった『ポケモン』シリーズのメインタイトルのリメイクシリーズ。『X/Y』で露骨にネタ振りもしていたし、出るのは分かり切っていた。

2014/11/21の発売日に購入したものの、当時は『ドラクエX』ブーム真っ只中だったので外側のビニールを破ることすらなく放置。
そうこうする内に『ポケモンSM』が発表され、こりゃ一生ビニールすら破らないパティーンですわ……。

と思っていたところ、某ユーチューバーのプレイ実況を見て、やりたい欲がムクムクと。それに新作をプレイする上で、1つ前の世代のプレイデータがあった方が何かと捗るだろうと思って、新作発売まで1ヶ月を切ったあたりから急遽プレイ開始しました。

舞台とシナリオ

カロス地方から遠く離れたホウエン地方。この地でもまたメガシンカするポケモンが出現。
メガシンカはカロス地方特有の現象だったんじゃねーのかよって思ったけど、どうやら本作はメインタイトルとは並行世界のような関係にある模様。平行世界なんて設定、ワクワクもん過ぎでしょ……。

メガシンカが現れたことで歴史が分岐したようで、オリジナルと比べてマップのあちこちで技術が進歩している様子が見受けられる。

基本的にはオリジナルと同じシナリオなんだが、所々追加や変更がされていて、より面白くなっている。寄り道要素が沢山あるのも楽しい。

一緒に冒険したポケモンとの思い出を振り返る演出のED良いな
ED後の追加シナリオ、エピソードデルタの厨二感すこ。『ポケモン』として、ちょっとシナリオが重めと思わないでもない。

シナリオには絡んでいなかったラティオス、ラティアス、レックウザも新たに絡み、更にはデオキシスまで登場。
通常プレイで幻のポケモンがゲット出来るのって、もしかして初めて?

メガシンカ周りは元のシナリオに追加する形になったので、やや唐突かなー。メガストーン、その辺にポロポロ落ちて過ぎだろw

面白いのは『ORAS』で多くのメガシンカが追加されたところ。ラティアスなんかは事前に解析されてバレていたけど、他のメガシンカバレは無かったから増えないもんだとばかり思ってたわ。
メガハガネールのデザインがかなりツボに刺さる。

シーキンセツの斜めになったマップ面白いな。平衡感覚おかしくなりそうだけどw

キャラクター

男主人公を選択。ライバルとなるハルカが可愛いんだよなー。ほにゃっと笑うのが凄い可愛い。
EDでもかなり良い扱いをされているので、どうせなら冒険中にももっと出番があっても良かったな。

コンテストを代表する新キャラ、ルチアのあざと可愛さな。ほんと、デザインがクッソあざとい。だがそれが良い。

ミツルのショタショタしさよ。彼との最終決戦は演出とBGMが相俟って凄く特別感が出ていた。VSダイゴさんよりよっぽどラスボスっぽかったな。
記憶喪失のハンサムさんは一体何なんだろう。7世代への振りなんだろうか。

モブトレーナーの中ではミニスカートが滅茶苦茶可愛い。手首にシュシュつけてるのが最高に可愛い。とにかく可愛い<言い過ぎ
トレーナーアイの機能でグラフィック全体が落ち着いて閲覧出来るのが嬉しい。

リメイク版では海底にもトレーナーが出現。海底でポケモンバトルとかハイエンド過ぎるだろw

オリジナルで海上にエリートトレーナーっていたっけな。敵がマンネリ化し易い海マップで彼等の存在は有り難い。

システム

基本的には『X/Y』に準拠。
ホウエン図鑑は従来のものに、後の世代での新進化を加えた内容。『FRLG』では確か全国図鑑にアップデートするまで新進化は出来なかったよな。

てっきり全国図鑑へのアップデートは殿堂入り後だと思っていたら、VSカイオーガのイベントが終わった直後だった。

カイオーガが起こした異変によって生態系が変わり、これまでホウエン地方には生息していなかったポケモンが出現するようになったって、説明が強引過ぎるw
まぁ何の説明も無しよりは良いけどさ。イッシュ地方の生態系が2年で変わったときもヤバ過ぎでしょ……って思ったものだが……。

特定のポケモンを意図的に出現させることが出来る図鑑サーチシステムは便利ですね。隠れ特性を探すときに大活躍しそう。

サファリゾーンはオリジナルとは異なり、ポケモンゲットのシステムが通常フィールドと同じ仕様に。これは助かるな。サファリゾーンってレアなポケモンが出ても確実に足止めする手段が無いからキツかったんだよな。

使用ポケモン

勿論、御三家はミズゴロウを選択。色んなタイプの技を覚えるので重宝しましたわ。
ミラクル交換で偶然手に入ったスボミーをロズレイドまで進化。戦闘要員としてだけでなく、眠り粉を覚えていたので捕獲にも大活躍。活躍し過ぎて主力であるラグラージのレベルを抜くという。

海マップで活躍すること間違い無しの電気ポケモンとしてライボルトを採用。やっぱり海が広い地方はキツいですわ……。特に今作は海底もあるからな……。

NPCとの通信交換で入手出来るマクノシタをハリテヤマに進化させて使用。ただ、ラグラージがアームハンマーを覚えたので殆ど出番は無かった。かといって他に入れたいポケモンもいなかったので最後まで残留。

空を飛ぶ要員としてシナリオで強制入手のラティアスを使用。ドラゴンキラーとしても活躍してくれた。

最後は勿論、秘伝要員マッスグマ氏である。第7世代はどうやら秘伝が廃止っぽいので、こういった形で活躍するポケモンはいなくなってしまうんだな。

まとめ

そんなわけで新作発売まで1週間を切ったタイミングでギリギリクリアです。当時の懐かしさと最新環境でパワーアップした新作としての側面、この2つが絶妙に混ざり合って非常に完成度の高い作品となっている。

『ポケモン』は殿堂入りしてからが本番とは言うものの、やっぱりシナリオを進めるのも楽しいんだよなぁ。
さあ、これで心置きなく新作をプレイ出来るってもんだぜ。

燃:A+ 萌:A+ 笑:A- 総:S-

シリーズリンク
ポケットモンスターX/Y(2013/12)
ポケットモンスター サン(2016/11)

ポケットモンスター サン/ムーン 特別体験版

10月 20, 2016 by · Leave a Comment
Filed under: ゲーム 

「アローラ!」

発売1ヶ月前となり、いよいよ配信開始。体験版が配信されるのって『ORAS』に続いて2回目だっけ。
Read more

ドラゴンクエストXオンライン

8月 17, 2016 by · Leave a Comment
Filed under: ゲーム 

ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ(ver.1+ver.2+ver.3)」

「さぁ、お行きなさい。母なる大地アストルティアへ━━」

概要

2012年8月サービス開始。俺は2014年8月半ばからプレイ開始。
国民的RPGの最新作はMMORPG。『FF』に続いて『ドラクエ』もナンバリングタイトルとしてネトゲをリリースということで賛否両論そりゃ出るよなー。

当時はハードがWiiだけだったこともあり、PVを眺めて ( ´_ゝ`) フーンと思っていたんだけど、3DS版の『Ⅶ』をプレイしていた頃に3DS版が出ると知って、あれ、それなら俺でも出来るんじゃね?→PC版あるやん!という流れで初めてしまいました。

プレイし始めてから、ほぼ2年経ったし、ここらで一発感想書くかと。どっかのタイミングで書いておかないと、気付いたらフェードアウトしていて、そのまま感想書かずに終わりそうでなぁ。
実は前々から感想書かないとなぁとは思ってたんですよ。

一応、俺のキャラを書いておきますね。FO600-715 カナトって言います。
2016年8月時点でプレイ時間が2000時間くらいか。これは多い方なのかどうか……。インしたまま放置してた時間もあるけど。

システム

何といってもオンラインゲームなんぞやったことがなかったので戸惑うことばかりで。雰囲気としては『Ⅷ』のグラフィックありきで『Ⅸ』をプレイしている感じ。

空気は完全にいつもの『ドラクエ』なんだけど、ゲームバランスがオンラインとして調整されているから、従来の感覚でプレイすると痛い目に遭うんだな。
普通ならダンジョンの奥までMPを温存してボス戦に備えるというのが定石だけど、このゲームの場合、そんなことをすると、そもそも道中の雑魚敵が突破出来ないという。

魔法職や支援職にも均等に活躍の場を設けようと思うと仕方ないんだろうな。道中、ただアタッカーが敵を倒しているのを見るだけなんてクソ詰まらんだろうし。

お気に入りの職業は盗賊です。アイテム盗むの楽しいです(^q^)
ステータスアップ出来る可能性があるときは一番最初に盗める確率に影響する器用さを上げることにしてる。
モンスターからアイテムがドロップするときのティローン!って音が気持ちいいんだよなー。

職人システムも含めて、戦歴画面のリストを埋めていくのが楽しいんだよな。モンスターもアイテムもとにかく量が多いからなぁ。

ただ、職人システムを活性化させて経済を回すための措置なんだろうけど、モンスターを倒して得られるゴールドがあってないような金額しか貰えないんだよなぁ。
だからモンスターを狩りまくって経験値とゴールドおいしいです(^q^)ってやろうと思っても、ただただ非効率なだけという。経験値もクエストクリア等で貰えるものと比べるとカスみたいな量だし……。

プレイ開始当初はやれることが多過ぎて目が回りそうだったなー。

ストーリー

オンラインゲームだから薄っぺらいかと言われたら全然そんなことはないと言える。むしろ普通のナンバリングより長いんじゃなかろうか。まぁ、敵のグラフィックとか使い回しも多いんですけどね。

サブクエストもたんまりあるし、世界観の広がりは結構なものになっているのではないかと思う。解説本も出てるし、興味はあるんだけど、買ってまで知りたいかと言われると……うーむ。

キャラ

サブキャラでちょっろとだけエルフ女を使ってるんですが、これが可愛いの何の。メインのウェディ男はお洒落に拘る気はさらさら無いものの、女キャラは動かしてるだけで可愛く着飾ってあげたいという気分になる。そりゃドレスアップ系の課金アイテムも売れますわ。

沢山のNPCキャラが出て来るんだけど、あざとい女性キャラがいっぱいいて、おじさん困っちゃうなぁ<気持ち悪い
そんな中でもクラハさん一択と言わざるを得ない。クラハさん可愛過ぎでしょ……。一緒にまものハウスを経営したい。

やたら無職アピールするペリポンが好き。

まとめ

日課や週課等、全体的にちまちまプレイするのが好きな俺の好みに非常にマッチしているゲームでした。
気付けば2年間ずっと途切れることなくプレイしてるわけだからな。日課だけは最低限、ほぼ毎日やってると思う。

Ver.3に入ってからはネガティブな意見が怒涛の勢いで増えてきてるみたいだけど、これからどうなるでしょうかね。10年続けるってリリース当初は言っていたらしいが。
どうなんだろうなー。他のオンラインゲームを知らないから凄く面白く感じるだけなのか、『ドラクエ』というブランドの補正がきいているのか。

怖いのが辞めるタイミングが無いということ。既にVer4は開発が始まってるらしいし……。『ポケモンSM』の発売で、こっちから離れてそのまま……みたいなフェードアウトが理想といえば理想かもしれん。

燃:A+ 萌:A+ 笑:A 総:S

ウィッチ・アームス 魔法少女は素敵なお仕事

ウィッチ・アームス (ダッシュエックス文庫)

著:榊 一郎 イラスト:藤真 拓哉

「マジカル30ミリ機関砲が、マジカル流れ弾で校舎をマジカル破壊し尽くす前に!」

ダッシュエックス文庫2016年6月の新刊。約1日の積み。『神鎧猟機ブリガンド』を4巻で完結させた榊さんが半年振りに復活。

本作は配信中のソシャゲ『ウィッチ・アームス』をシナリオライターが直接ノベライズしたもの。
ゲームで使えるシリアルコードも付いている。

正確には榊さんだけがやってるわけじゃなくて弟子を含んだ創作集団IMAGING FORESTでやってる仕事。
なら弟子にノベライズさせりゃ良い気もするのだが。ひびき遊さんとかノベライズを書き慣れてるイメージ。

舞台は現代日本。高校入学を機に田舎から上京してきた主人公ユウは現代兵器を使って、この世の不条理と戦う魔法少女達と出会う。
魔法少女達の活動に必須な魔封使い(まほうつかい)であることが明らかになったユウは彼女達と共に戦うことになるが……。
Read more

2016年電撃文庫とGA文庫とGAノベルとガガガ文庫とコミカライズ新刊と新たなる航海と新システム

色々買ってきました。ラノベは、

・GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンⅨ〈下〉
・アクセル・ワールド20 -白と黒の相克-
・青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない
・俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる <11>
・29とJK ~業務命令で女子高生と付き合うハメになった~
・聖剣使いの禁呪詠唱 <16>
・中古でも恋がしたい! <6>
・超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! <3>
・最強喰いのダークヒーロー
・神曲奏界ポリフォニカ ロマンティック・クリムゾン クリムゾンシリーズ2
・不戦無敵の影殺師 <7>

の計11冊。
GA文庫多過ぎィ!

電撃文庫では『ソードアート・オンライン』の『アリシゼーション』編のコミカライズが『ソードアート・オンライン プロジェクト・アリシゼーション』と題して電撃文庫MAGAZINEで連載開始。
作画は『ファントム・バレット』編を担当した山田孝太郎さんか。
果たしてアニメでやれるのだろうか……。

『魔法科高校の劣等生』はGファンタジーで『ダブルセブン』編のコミカライズがスタート。あれ、『来訪者編』どうなった。

電撃とニコニコの合同企画で『キノの旅』の多数決ドラマが開始予定だけど、キャストは従来のメンバーと全然違うのね。

コミカライズは、

・やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。@comic <07>

の計1冊。


新しいメインタイトル『スーパーロボット大戦V』が発表されましたね。VICTORYのVではなく、VOYAGEのVらしい。
Vなんて雄々しいアルファベットをまだ使ってなかったのが意外。

ガンダムの参戦数が結構多くて、超久し振りの『ZZ』や『クロスボーン』3作と『閃光のハサウェイ』までいるのに『AGE』いねぇw
プロデューサーだったかに嫌われてるってのはマジなのだろうか。

『ガオガイガー』以外の勇者シリーズが出るかもなんて期待を忘れた頃に参戦する『勇者特急マイトガイン』不意打ち過ぎでしょw
三次元人の設定はきっと絡めてくるだろうな。

『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞』参戦は嬉しい。これも絡め易そうな設定だよな。

ようやく『マクロスF』が消えたか。ただ、2次が出れば確実に『Δ』が来るだろうけど。

『宇宙戦艦ヤマト2199』参戦はマジで意味理解らんw
『ゾイド』はまだ動物型ロボットという解釈が成り立つが、あれは宇宙戦艦と戦闘機じゃないのか……。
出すにしても携帯機だろ……。新規客層開拓には必要なのかもしれんけど。

『Z』のときは時空振動っていう便利過ぎる設定があったから、世界観がマッチし難そうな作品がバンバン登場してたけど、今回はあまりそういう感じはないですね。

買うかどうかは……うーん。そもそも俺、『第三次Z』やってねーからな……。『BX』もスルーしたし。
大体、『V』はやろうと思ったらハードを買うところから始めんといかんし。何より時間がねーんだよハゲ!って話で。


2016年10月よりテレビ東京系にて『デジモンユニバース アプリモンスターズ』が放送開始。デジモンアニメのサイクルとしては妥当なタイミングなんだけど、今は『tri.』があるからやらないと思ってたわ。
まぁ、『tri.』は新規客層開拓のためにやってるわけじゃないだろうからなー。

タイトルにデジモンと入ってはいるけど、PV等ではアプモンと呼称されているので、完全新生の雰囲気が強い。
一応、デジクロスっぽい合体はあるみたいだけど……。
完全新作とするよりは、デジモンの名前を付けておいた方が反応が良いだろうってことなのかもしれん。

主役アプモンはガッチモンっていう奴。キャストは菊池こころさんってスパロウモンじゃねーかw


何とかブログのアクセス数を増やせないものかとあれこれ考えた結果、IFTTTとBufferという無料ツールを組み合わせて、Twitterへの記事更新告知の回数を増やすことにしました。
最低でも6時間毎に告知が出るようになってます。
当面は毎日400PV以上、平均日間500PV以上かなーとは思っているのだが。うーむ。

ピクロスe5

6月 13, 2016 by · Leave a Comment
Filed under: ゲーム 

TitleGraph

2014年6月配信。
基本的には前作と同じなんだけど、ピクロス、ミクロス、メガピクロスの問題数のバランスが調整されているっぽい。
今回も過去作からのデータ引き継ぎはあり。

プレイ中の脳が活性化している感は異常。これは教育にも取り入りれるべきでは?(真顔)

燃:C 萌:C 笑:C 総:A+

シリーズリンク
ピクロスe4(2013/11)

※表紙画像 ピクロスe5公式サイトより引用

ピクロスe4

5月 14, 2016 by · Leave a Comment
Filed under: ゲーム 

TitleGraph

2013年11月配信。
流石に4作目ともなると、そろそろ書くこと無くなってくるなw

問題サイズに新たに15×20が登場。これはやり応えがあって楽しい。詰むとホントに分からなくなるけども。

2問だけとはいえミクロスが復活したのが嬉しい。
セーブデータを認識し、過去の3シリーズから5問ずつ問題を引っ張ってきて、それをメガピクロスとして遊べるように。
これはシリーズファンには嬉しい処置だな。

燃:C 萌:C 笑:C 総:A+

シリーズリンク
ピクロスe3(2013/06)
ピクロスe5(2014/06)

※表紙画像 ピクロスe4公式サイトより引用

次ページへ »