【アニメ】バビロン 第1話「疑惑」【感想】

10月 9, 2019 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ, 講談社タイガ 

「検事は正義の味方だってことです」

講談社タイガの読む劇薬とも評されるサスペンスがまさかのアニメ化。講談社タイガ作品の映像化って初めてかな?
制作はツインエンジンというところなんだけど、アニメ本編の制作自体はREVOROOT名義なので、仕切りをツインエンジンがやってるってことなのかな。

もっと読む

【購入報告】2019年4月スニーカー文庫と双葉文庫とGA文庫とガガガ文庫と講談社タイガとコミカライズと漫画と魍魎の舞台とLINEノベル

色々買ってきました。

もっと読む

【ボーダー感想】バビロン Ⅲ -終-【3巻】

12月 9, 2017 by · Leave a Comment
Filed under: 講談社タイガ 

バビロン3 ―終― (講談社タイガ)

著:野﨑 まど イラスト:ざいん

触れてはいけない。
聞いてもいけない。
見てもいけない。
そんなもの。
そんなものを、どうしろと。

2017年11月の新刊。約1週間の積み。1年4ヶ月振りの新刊。えっ、そんなに間空いてたの!?せいぜい半年ちょいくらいだと思ってたわ……。それだけ前巻のインパクトが強かったってことなのかな……。
もっと読む

【購入報告】2017年11月講談社キャラクター文庫と講談社タイガとMF文庫Jと12月講談社ラノベ文庫とコミカライズと買い逃し新刊

ちょっと間があったので溜まっていたかな。
もっと読む

晴追町には、ひまりさんがいる。 恋と花火と図書館王子

10月 8, 2016 by · Leave a Comment
Filed under: 講談社タイガ 

晴追町には、ひまりさんがいる。 恋と花火と図書館王子 (講談社タイガ)
著:野村 美月 イラスト:志村 貴子

有海さん、絶対に、オレに見せつけている!

2016年4月の新刊。5ヶ月2週間の積み。半年振りの新刊。
今回も連作短編集形式。だから、これはミステリと言って良いレベルなのかどうか……うーむ。
ただ、いつもの野村さん節は全開なので著者買いしている人にとっては無問題だろう。

幼稚園の園長を勤める小鳥遊さんがどんどん良いキャラになってきてる。先輩とその息子を守るために毅然とした対応をとる小鳥遊さん格好良過ぎでしょ……。思わず、抱いて!ってなる(ぉ
巴崎さんに想いが届いてほしいところですが……。

ひまりさんが犬の有海さんを旦那ですと言い切っている謎は今回も明かされず。思わせ振りな情報ばかりが増えていってるぞ。
いやしかし、飼い犬を旦那と言い切るひまりさんを普通に受け入れている晴追町、懐が深過ぎるだろw
触らぬ神に祟りなしって雰囲気でもなくて、普通に接しているしな……。

ラストは次巻が気になる引き方をしているが、3巻の刊行予定は発表されてないんだよなぁ。打ち切りなのか、野村さんの体調の問題なのか……。

燃:C 萌:A 笑:B 総:A

シリーズリンク
晴追町には、ひまりさんがいる。 はじまりの春は犬を連れた人妻と(2015/10)

晴追町には、ひまりさんがいる。 はじまりの春は犬を連れた人妻と

8月 31, 2016 by · Leave a Comment
Filed under: 講談社タイガ 

晴追町には、ひまりさんがいる。 はじまりの春は犬を連れた人妻と (講談社タイガ)
著:野村 美月 イラスト:志村 貴子

━━一度のキスで、百年分の幸せをくれる人です。

講談社タイガ2015年10月の新刊。約9ヶ月4週間の積み。ファミ通文庫の稼ぎ頭である野村さんが講談社タイガに登場。
これが一般文芸初参加って書いてあるけど、タイガは一般文芸カテゴリーか……?

一人暮らしを始めた大学生、木村春近(はるちか)は有海(ありうみ)さんと呼ばれる犬を連れた不思議な女性ひまりさんと出会う。
一緒に晴追町の住人達が抱える謎を解いていく内に、春近はひまりさんに惹かれていき……。

野村さんお得意のビターハートフル連作短編集といった感じか。一応、ライトミステリみたいな売り出し方をされてはいるが、これをミステリと呼ぶのはちょっと抵抗があるかなー。

ペットの犬を旦那様と言い切るひまりさん、一歩間違えたら獣姦趣味の異常性癖の持ち主と思われないだろうか<考え過ぎ

登場人物がみんな良い人で全員に幸せになってほしいと思うんだけど、生憎叶いそうにもない片思いをしている人が多いんだよな……。
天馬と夜理子(よりこ)はベストカップル感が強いので、もっと出て来てほしい。

いやしかし好きという気持ちがいずれ失われるかもしれないって話は怖いな。俺のラノベやニチアサが好きって気持ちもいずれは……って考えると恐ろしい。
次は2016年4月に2巻。

燃:C 萌:A 笑:B+ 総:A

シリーズリンク
晴追町には、ひまりさんがいる。 恋と花火と図書館王子(2016/04)

著者リンク
〝葵〟 ヒカルが地球にいたころ……①(ファミ通文庫、2011/05)
ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件(ファミ通文庫、2012/02)
ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件 <6>(ファミ通文庫、2014/09)
吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる①(ファミ通文庫、2014/05)
陸と千星 ~世界を配る少年と別荘の少女(ファミ通文庫、2014/06)
アルジャン・カレール ~革命の英雄、或いは女王の菓子職人~〈上〉(ファミ通文庫、2014/10)
下読み男子と投稿少女 ~優しい空が見た、内気な海の話。(ファミ通文庫、2015/06)
SとSの不埒な同盟(ダッシュエックス文庫、2015/07)
楽園への清く正しき道程 0番目は北国産のツンドラ王妃?(ファミ通文庫、2015/11)

【ボーダー感想】バビロン Ⅱ -死-【2巻】

8月 5, 2016 by · Leave a Comment
Filed under: 講談社タイガ 

バビロン 2 ―死― (講談社タイガ)
著:野﨑 まど イラスト:ざいん

「自殺法とは、人がこれまでの間違った認識を覆して社会を変革する〝市民革命〟なのです」

どうあがいても、絶望。

2016年7月の新刊。約2週間の積み。9ヶ月振りの新刊。
自殺法の成立を巡って入り乱れる思惑。新域域長、斎開化を捕らえるべく動き出す正崎達だったが……。
もっと読む

2016年7月GA文庫とガガガ文庫と講談社タイガとファンタジア文庫とスーパーダッシュ文庫とMF文庫Jとコミカライズと漫画新刊

色々買ってきました。ラノベは、

・我が驍勇にふるえよ天地 -アレクシス帝国興隆記-
・どうでもいい世界なんて -クオリディア・コード-
・ハイスクールD×D22 卒業式のグレモリー
・冴えない彼女の育てかた <10>
・ゲーマーズ!5 ゲーマーズと全滅ゲームオーバー
・気ままで可愛い病弱彼女の構いかた
・テンプレ展開のせいで、おれのラブコメが鬼畜難易度
・パパのいうことを聞きなさい!after <1>
・三千世界の英雄王 厨二じかけの学園都市

の計9冊。

GA文庫では『聖剣使いの禁呪詠唱』のソシャゲがまさかの再動。原作も怒涛のハイペースでの刊行なので、これはアニメ2期ワンチャンあるで!

ガガガ文庫では『妹さえいればいい。』のスピンオフコミカライズ連載がガンガンJOKERにて始まるそうな。また1つ、アニメ化要因が増えましたね。

MF文庫Jでは『Re:ゼロから始める異世界生活』のアニメが2クール目に突入。あれ、MFアニメで連チャンで2クールやった作品って初めてなんじゃね?

『ノーゲーム・ノーライフ』はまさかの映画化決定。2期もやらずに映画とは……。内容はキービジュから過去編とか言われてるな。この手法が吉と出るか凶と出るか……。
映画化もMF初だっけ。

ボーダーは、

・バビロン Ⅱ -死-

の計1冊。

コミカライズは、

・ソードアート・オンライン プログレッシブ <005>
・ナナヲチートイツ -紅龍- <1>
・冴えない彼女の育てかた 恋するメトロノーム <6>

の計3冊。

漫画は、

・愛蔵版 フルーツバスケット <12>

の計1冊。


遂に『ポケモンGO』の配信が始まってしまいましたね。ここ1、2週間ほど、毎日のように新聞に関連記事が載っていて最早恐怖すら覚えるレベル。
完全に「奇蹟のカーニバル開幕だ」状態でしょ……。
今のところ、俺はやるつもりは無いです。ひきこもりなもので……。

2016年4月ガガガ文庫と講談社タイガとファンタジア文庫と講談社キャラクター文庫とMF文庫Jと漫画新刊

色々買ってきました。ラノベは、

・ふぉーくーるあふたー <2>
・いづれ神話の放課後戦争 <3>
・まわせっ!課金戦乙女のヒルデさん <3>
・アサシンズプライド2 暗殺教師と女王選抜戦
・小説 仮面ライダードライブ マッハサーガ
・緋弾のアリアⅩⅩⅡ 彗星よ白昼夢に眠れ

の計6冊。

ファンタジアでは『いづれ神話の放課後戦争』がコミックアライブにてコミカライズ企画進行中。

ボーダーは、

・晴追町には、ひまりさんがいる。 恋と花火と図書館王子

の計1冊。

漫画は、

・愛蔵版 フルーツバスケット <9>

の計1冊。

【感想】カタナなでしこ

2月 6, 2016 by · Leave a Comment
Filed under: 講談社タイガ 

カタナなでしこ (講談社タイガ)
著:榊 一郎 イラスト:藤城 陽

「橘千鶴━━髪はこんなだけど、大和撫子ですッ!」

講談社タイガ2016年1月の新刊。約1週間半の積み。ラノベ界の傭兵こと榊さんが講談社タイガに登場。講談社ラノベ文庫からの繋がりなのかしら。
イラストはかれこれ榊さんと組むのは4回目くらいになる藤城さん。

イラストがあるのは表紙だけなので、キャラのビジュアルは殆ど判らないんだけど、一応、藤城さんはちゃんと各キャラのデザインを作っているそうです。
ただ、俺は何故か紗和子のイメージが完全に『Go!プリンセスプリキュア』のゆいで固定されてました。

さて、舞台は現代。主人公の千鶴はある日、祖父の蔵で日本刀を見付ける。直前に見た夢のこともあり、不思議な縁を感じた彼女は友人達と共に刀の拵えを作ろうとするが……というお話。

元々は全日本刀匠会からのオファーがあって動き出した企画で、冒頭の短編が最初に起こされたそうな。
で、その後に本として刊行するために長編が書かれたとか何とか。企画自体は1年くらい前だっけな……。
随分前に榊さんがTwitterで呟いていたような。
もっと読む

次ページへ »