氷菓 最終話「遠まわりする雛」

「寒くなってきたな」
「いえ、もう春です」

雛って完全にピヨピヨの方だと思ってたわー。
って、え、もう最終回?まだ22回しかやってねーじゃん!

ちーちゃんから欠員が出たので、生きびなの行列に傘持ちとして参加することを頼まれた奉太郎。
いつもとは違う雰囲気のちーちゃんに奉太郎はDOKIDOKIがアレでナニなのであった。
完全にLOVEい気配じゃないですかー!やだー!

短編集からのエピソードということで、一応、謎があるのだが、物凄いとってつけた感があるというか、謎は完全にオマケ扱いというか。

にしても地味な終わり方だなぁ。で、こういうときに限って、通常ED

何でやねん!!

構成、ド下手糞か!!

総評

ってなわけで、優しいだけでも痛いだけでもない青春ミステリ『氷菓』全22話、これにてふわっと終了。
何といっても、ちーちゃんの可愛さ。

まぁ、それはともかく、動きの少ない作品を上手いこと映像化したなぁと思う。
カットの割り方とか、状況説明の演出とか。

惜しいのは、主題歌カットをやたらとやっていたことだよな。主題歌未使用って手法は、ごくたまに重要回とかでやるから意味があるのであって、尺の調整で流したり流さなかったりするものでは決してないと思うのだが。

というか、後期EDは凄く好きなので毎回流してほしかった。いや、最終回でだけは使わないでほしかったのだが。

この勢いで小市民シリーズもアニメ化すれば良いのに。小山内さんきゃわわ!ってなること間違い無しだと思うんだ。

燃:C 萌:A 笑:B 総:A

エピソードリンク
第21話「手作りチョコレート事件」

氷菓 第21話「手作りチョコレート事件」

「僕は摩耶花に拘っても良いのかな」

タイトル通り、バレンタインのエピソード。何故、OPカットしたし。尺調整下手くそか!
里志と摩耶花の一筋縄ではいかない関係性の話。

奉太郎と里志がゲーセンで『バーチャロン』やってたけど、何か関係あるのん?ってか、懐かしいな……。

家の決まりで、ちーちゃんは親しい間柄の人にはチョコをあげないらしい。でも、それをわざわざ奉太郎に説明するちーちゃんが可愛過ぎて爆発した。

謎を解いた奉太郎が里志を問い詰めるシーンは良い具合に青春という感じで。
摩耶花には幸せになってほしいもんですね……。

燃:C 萌:A+ 笑:B 総:A+

エピソードリンク
第20話「あきましておめでとう」
最終話「遠まわりする雛」

氷菓 第20話「あきましておめでとう」

「見せびらかしに来ました♪」

ちーちゃんかわえぇぇええええええええええええ!!

さて、今回も短編エピソード。元日、ちーちゃんと初詣に向かった奉太郎はちょっとしたハプニングに遭うことに。
着物姿のちーちゃん可愛いな、おい!というか、『クドリャフカ』辺りから、妙にラブコメ空気が漂ってないか?

そんなちーちゃんと密室に閉じ込められちゃうとかDOKIDOKI過ぎるな!
長編エピソードよりラブコメ風味の1話完結型超ライトミステリの方が面白くなる気がしてきた。

燃:C 萌:A+ 笑:B+ 総:A

エピソードリンク
第19話「心あたりのある者は」
第21話「手作りチョコレート事件」

氷菓 第19話「心あたりのある者は」

「カタストロフです!」

今回は短編集収録の短編を元にしたエピソード。要約すると、放課後の部室でちーちゃんと2人きりでイチャイチャする奉太郎爆発しろ。

何か、今回のちーちゃん、いつもと違わね?妙にラブコメっぽい雰囲気を醸し出したりして。
ジト目のちーちゃんに蔑まれたい(ぉ

いやしかし、今回もこれまた動きの無い話だよなぁ。奉太郎とちーちゃんが部室で延々喋っているだけという。
映像的に、よく間がもつよな……。

尺の都合かEDカット。好きなのになぁ……(´・ω・`)

燃:C 萌:A+ 笑:B 総:A

エピソードリンク
第18話「連峰は晴れているか」
第20話「あきましておめでとう」

氷菓 第18話「連峰は晴れているか」

「こいつも大概失礼だな……」

今回は野生時代に掲載された単行本未収録短編中学時代の教師に不可思議を感じた奉太郎はちーちゃんを伴って図書館で調べ物をすることに。
って、これ完全に、ちーちゃんと図書館デートやないか!こんなシチュだと、俺の益荒男ゲージが急上昇せざるを得ない。
ってか、ちーちゃんの言動が魔性過ぎるだろ、もう……。

奉太郎が何かを気にする様子に慄く古典部員達。リアクション過剰でワロタ

燃:C 萌:A 笑:B+ 総:A

エピソードリンク
第17話「クドリャフカの順番」
第19話「心あたりのある者は」

氷菓 第17話「クドリャフカの順番」

「これで心おきなく気にすることが出来ます!」

『クドリャフカの順番』編クライマックスということで、OPカット
やや、時系列をシャッフルしながら、解答編。今回は奉太郎には、あまりスポットが当たらない感じだよな。謎の解決だけやって、後は里志と摩耶花にスポットが当たっていたようで。

どうでも良いが、ブサ可愛いカエルのマスコットなんぞを買っちゃう入須先輩可愛いな。
尺が足りなくなったためか、EDもカット

燃:C 萌:A 笑:B+ 総:A

エピソードリンク
第16話「最後の標的」
第18話「連峰は晴れているか」

氷菓 第16話「最後の標的」

「さあ、来るなら来い、十文字!」

『クドリャフカの順番』編の佳境。思わぬところから、「夕べには骸に」が出て来ることに。
ってか、奉太郎のお姉ちゃんは何で顔が映らないの?何かのトリックなの?

それはそうと、好奇心が強過ぎて全体的に無防備なちーちゃんが色々とヤバい。学校が学校なソッコでアレでナニなことになるレベル。

燃:C 萌:A 笑:B 総:A

エピソードリンク
第15話「十文字事件」
第17話「クドリャフカの順番」

氷菓 第15話「十文字事件」

「コスプレって言うな、バーカ!!」

いや、だってコスプレですやんw
仮想とでも言えば良いのだろうか……。

さて、各部活から小物が盗まれる事件がどうやら、一連の関係を持っているということが判り、古典部はその謎に迫る。

里志の動向が何やら、いつもと違うが……。この辺が青春は楽しいだけじゃないと言われる所以か。

今回はEDカット。また、そういうタイミングのよく理解らないところで……。
ってか、あのEDは折角素晴らしい出来なんだから、そっちを優先してほしかったぜ。

燃:C 萌:A 笑:B 総:A

エピソードリンク
第14話「ワイルド・ファイア」
第16話「最後の標的」

氷菓 第14話「ワイルド・ファイア」

「チェンジエレメント!」

杉田自重しろwwwwwww

さて、今回は料理研究部主催のお料理コンテスト、ワイルド・ファイア編。
氷菓を置いてもらうよう、入須先輩に交渉しに行くちーちゃん。持ち前の天然っぷりで、先輩を翻弄する。普段は出さないような声で驚く先輩可愛いなw
でも、本質的に悪女な件。
ってか、ちーちゃんが先輩の真似したら、えらいことになりそうなんだが……。

料理研究部の部長の中の人は杉田さんなんだけど、合いの手がいちいちふざけていて吹く。

あれ、今回かなり面白いな!そうか、謎解きとか必要無かったんや!(ぉ

燃:C 萌:A+ 笑:A- 総:A+

エピソードリンク
第13話「夕べには骸に」
第15話「十文字事件」

氷菓 第13話「夕べには骸に」

「真のデータベースが誰か教えてやる!」

OP初見。まさかのゲストキャラ大集合に驚いた。てっきり古典部の面子だけでまとめるものかと。
全体的に良い雰囲気が漂ってるなと思ったら、最後でオチつけんなw

それぞれに学祭を楽しむ古典部の面々だったが、その中で少しずつ小さな謎が浮上し始める。
加えて、摩耶花は漫研で気まずい空気に……。

ちーちゃんが部室に持って来たコスプレ写真を見ちゃった奉太郎。見られたと気付いて赤面するちーちゃん可愛過ぎるだろ……。

燃:C 萌:A+ 笑:B+ 総:A

エピソードリンク
第12話「限りなく積まれた例のあれ」
第14話「ワイルド・ファイア」

次ページへ »