【映画感想】宇宙刑事ギャバン THE MOVIE

6月 6, 2017 by · Leave a Comment
Filed under: 映画, 特撮 

宇宙刑事ギャバン THE MOVIE コレクターズパック [Blu-ray]

「その悔しさがあるなら、まだ戦える!」

2012年10月公開。宇宙刑事30周年記念作品。
『スペース・スクワッド』の公開が近付いているので予習のためにアマゾンプライムで観ました。ちなみに無料です。
Read more

【映画感想】仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦

3月 25, 2017 by · Leave a Comment
Filed under: 映画, 特撮 

「仮面ライダーってのと戦えるなんてラッキー!」

概要

超スーパーヒーローイヤーと銘打った2017年。『スーパーヒーロー大戦』以降、右肩下がりの興行収入に風穴を開けようと思ったのか、久し振りに仮面ライダーとスーパー戦隊ががっつり絡む春映画です。

『仮面ライダー3号』のときは『スーパーヒーロー大戦』の名は冠していたものの、実質ライダー映画だったので『スーパーヒーロー大戦Z』以来か。

試写会会場が冷え込んだだの、クソ映画の確率20000%とか公開前からボロクソ言われていて、逆にちょっと楽しみになってくるワナ。

近年は公開時期が3月末ということで落ち着いたようだけど、これ以上早くなってくれるなよ……。『プリキュア』の春映画と被ってしまうからな……。
Read more

【ノベライズ感想】物語 Go!プリンセスプリキュア 花とレフィの冒険

物語 Go!プリンセスプリキュア 花とレフィの冒険 (講談社KK文庫)

著:秋之 桜子 表紙イラスト:宮本 浩史
本分イラスト:我妻 康美(あがつま・やすみ、スタジオ・メルファン)

「頭ん中、プリンセスプリキュアだらけで、どんなプリンセスプリキュアに会えるんだろうって、求めまくりでしたぁああ!」

求めまくり(意味深)

講談社KK文庫2017年3月の新刊。約2日の積み。
『Go!プリンセスプリキュア』の秋映画『映画 Go!プリンセスプリキュア Go!Go!!豪華3本立て!!!』の中編『レフィのワンダーナイト!』の続編が講談社KK文庫より登場。

講談社KK文庫とは児童向けの新書サイズの小説で、要は青い鳥文庫だの集英社みらい文庫だの、あの辺の系統のレーベルである。
著者は上記映画の長編『パンプキン王国のたからもの』の脚本を執筆した秋之さん。『レフィ』の脚本って誰が書いてたんだろう。調べても出て来ないんだよな……。
表紙イラストは『レフィ』の宮本監督の手によるもの。流石に本文挿絵まで求めるのは贅沢かしらんw

刊行決定が発表されたときはファン一同驚いたものだが、それに混ざってテレビシリーズ監督のタナカリオンまで一緒に驚いていたの笑う。
いくら権利関係は東映が持っているとはいえ、監督なのにここまで知らされないものなのか……(戦慄)
Read more

【映画感想】映画 プリキュアドリームスターズ!

3月 19, 2017 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ, 映画 

「しょっぱい涙があるから、笑顔が引き立つんだって」

みんな、

ちょっと美少女過ぎない……?

概要

第一報から早5ヶ月近く、遂にオールスターズではない春のプリキュア映画が幕を開ける。
初見でゲストキャラであるサクラがエコーに続く映画オリジナルプリキュアかと思ったけど、別段そんなことはなかったんだぜ。

数年前からオールスターズをやめざるを得ない時期に来ているという話は出ていたし、この流れは規定路線。スーパー戦隊で言うところのVSシリーズみたいなものか。
登場するのは『プリアラ』『まほプリ』『ゴープリ』の直近3世代。和モチーフなら、あんみつこまち大活躍のチャンスだったのでは……うぅっ(´;ω;`)

オールスターズをやめただけではなく、スタッフも大幅に入れ替えが行われている。遂に青山さんがキャラデザを卒業し、監督に『レフィのワンダーナイト!』の宮本監督を起用することで、およそ半分のシーンがフルCGパートに。

2Dパートは総作画監督に『ゴープリ』キャラデザの中谷さん、作監に『ハピプリ』映画作監の大田和寛さんを起用したことで、クオリティがどえらいことになっとる。
大田さんの所為でプリキュア達がエロ可愛くなっているから困る。

作画は、線を太くする特殊な撮影処理が掛けられていて、CGのシーンと繋いだときの違和感を抑える配慮がなされている。
これのお陰でシーンの切り替えが大分スムーズになってるな。

CGモデルは『プリアラ』に関しては本編のものをアレンジして使っているそうで。『ゴープリ』は『レフィ』の時のモデルだと思うけど、『まほプリ』組は新規なんだろうか。テレビシリーズのEDとは雰囲気が違うように感じたけど……。
脚本は『まほプリ』でも何本か担当していた坪田さん。

そういや世のお父さんの中には、子供のために来場することにさえ抵抗がある人がいるみたいな話を聞きました。俺達からしたら、最高の免罪符なんだが……。
Read more

【CD感想】映画 プリキュアドリームスターズ! オリジナルサウンドトラック

3月 14, 2017 by · Leave a Comment
Filed under: CD, アニメ, 映画 

映画プリキュアドリームスターズ オリジナルサウンドトラック

サントラは映画を観てから買うか考えようと思っていたんだけど、宮本監督が音楽にも力を入れたとか言うから買っちゃうじゃないですかー!やだー!
Read more

【CD感想】映画 プリキュアドリームスターズ! 主題歌シングル

3月 14, 2017 by · Leave a Comment
Filed under: CD, アニメ, 映画 

映画プリキュアドリームスターズ主題歌シングル

映画公開に先駆けてCD発売。
Read more

【映画感想】映画 魔法つかいプリキュア! 奇跡の変身!キュアモフルン! Blu-ray特装版

3月 7, 2017 by · Leave a Comment
Filed under: DVD・Blu-ray, アニメ, 映画 

映画魔法つかいプリキュア!奇跡の変身!キュアモフルン! Blu-ray特装版

「皆、声を上げるんじゃ!願いを言葉に!言葉は魔法に!魔法は━━奇跡を呼ぶ!!」

今回も積むと思った?残念!ちゃんと見たよ!<威張るな
いやぁ、届くまではいつも通り開封もせずに置いておくパターンだろうなーと思っていたんだけど、TLが大盛り上がりでなぁ。そしたら当時の熱を思い出しちゃうじゃない。

CG短編はオチで「お日様の魔法」なんて言ってたんだな。図らずも太陽魔法にニアミスしとる……!
モフルンの質感がCGとは思えないくらいふっさふさ。

本編はもう冒頭の変身バンクだけで泣きそう。テレビシリーズを完走している所為で、ちょっとしたことが涙腺にキて辛い。
開幕から上野ケンさん作画が炸裂していて堪らない。みんなちょっと美少女過ぎない……?

何回でも言うけど、みらいもリコもはーちゃんも秋私服がすんげー可愛いんですよ。そのためだけに、この映画見る価値があると言えるレベルで可愛い。

大魔法フェスティバルのシーンでは様々なバルーンを渡り歩いていくみらい達。ここ、全部このシーンのためだけに起こした設定の筈なのに、凄い勢いで消化していくんだよなー。
ドラマCDで補完しても良かったのに。あっ、ドラマCDだと美術設定活かせないな……。

みんな大好きサファイアミラクルのおっぱい。みんなで騒ぎ過ぎた所為で、俺達の脳内で勝手に大きくなっているだけなのでは……と思っていたけど、やっぱり大きいな!けしからん!

モフルンが森のクマさん達と交流するシーン、『交響詩篇エウレカセブン』みたいなカットがあって笑う。あのひーかーわしーたやーくそーくは

鮮烈キュアモフルンの格好良さな。「鮮烈」とは、こういう意味だと力強く印象付けるアクションシーン、ほんと格好良い。

その力を恐れられ、拒絶されてきたダークマター。これ、怪物じみたサイズで人の前に現れるからビビられるのでは。クマタのサイズで出て来れば、逃げ出さない人も多少はいたのでは……と思わないでもない。
当時は、そこまで魔法の制御が出来なかったのかもしれんが。

もやめて!ピンクトルマリンさんのHPはとっくにゼロよ!と言いたくなるほどの酷使っぷり。銀魔法の中で使用率が飛び抜けてたよな。フラワーエコーワンドの販促が理由なんだろうか。

改めて見るとラストバトルの凄さが更によく理解る。サファイアスタイルは中盤で一度登場しているから出番が短いのか。そのあおりでキュアモフルンサファイアスタイルがほんの一瞬しか映らない事態に。1秒も映ってないのでは……。

ほんともうバトルがアツ過ぎるんですよね。魔法つかいプリキュアオールスターズの絵面が最高としか言いようがない。
ルビーミラクルのアッパーカット格好良過ぎかよ。

テレビシリーズでは一切やっていなかった戦闘中のスタイルチェンジ→キュアモフルンのスタイルチェンジ→オールスターズ→ハートフルスタイルと何段構えなんだよと戦慄するほどギミックが仕込まれている。
ブックレットを読むと、これでもアクションをいくつかコンテ段階から削っているとか書いてあって白目。

試写会や舞台挨拶等の映像特典では、高橋さんが本当に『まほプリ』が大好きなんだということが伝わってき過ぎて辛い。おいやめろ、49話の「…………会いたい」っていう掠れた声思い出して泣いちゃうだろ。

齋藤さんはそのまんまモフルンの声で笑う。日常生活で聞いたら、「!?」ってなるタイプの声。
発言が割と芸人さんっぽくて草。

そんなわけで数年スパンでこれくらいのクオリティの映画で出る流れが出来れば良いなーという『まほプリ』映画でした。
そういや結局『正しい魔法の使い方』フルサイズが出ることはなかったのか……。

燃:S+ 萌:S- 笑:A 総:S+

反復リンク
1回目

映画魔法つかいプリキュア!奇跡の変身!キュアモフルン! Blu-ray特装版
映画魔法つかいプリキュア!奇跡の変身!キュアモフルン! Blu-ray特装版
ポニーキャニオン 2017-03-01
売り上げランキング : 74
Amazonで詳しく見るby G-Tools

魔法つかいプリキュア! オフィシャルコンプリートブック 小冊子つき 魔法つかいプリキュア!2 プリキュアコレクション 特装版 (プレミアムKC なかよし) 魔法つかいプリキュア! Blu-ray vol.3 魔法つかいプリキュア! Blu-ray vol.2 魔法つかいプリキュア ボーカルベストアルバム 手のひらのおくりもの 魔法つかいプリキュア! Blu-ray vol.4 魔法つかいプリキュア! Blu-ray vol.1 魔法つかいプリキュア!2 プリキュアコレクション (ワイドKC なかよし) キラキラ☆プリキュアアラモード主題歌シングル「タイトル未定」(DVD付) 映画プリキュアオールスターズ みんなで歌う♪奇跡の魔法!(Blu-ray特装版)

スポンサーリンク



【映画感想】デジモンアドベンチャーtri. 第4章「喪失」

2月 25, 2017 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ, 映画 

「他の誰でもない、お前に出会うためにこの世界に来たんだ━━━━」

概要

あれ、iTunesで有料配信があるなら、わざわざ映画化に行かなくても良くね?と気付いたため、今回から自宅での鑑賞です。先週に『ソードアート・オンライン』の映画を観に行ったこともあり、映画館に行くモチベーションが下がっていたというのもある。

偶然、激烈な腹痛に見舞われたので、チケットを予約していたら無駄になるところであったわ。
しかしiTunesの設定、面倒臭過ぎてイライラしたわ。

パンフレットはその内、買えるタイミングがあれば買おう。どうも過去の上映作品のパンフも扱いがあるみたいだし。

Read more

【映画感想】ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-

2月 18, 2017 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ, 映画, 電撃文庫 

これはゲーム、そう思っていた━━━━

みんなのDEBAN。

概要

近年、流行っているらしい原作者監修によるオリジナルストーリーの劇場版。劇場版で『アリシゼーション』編始動。そう思っていた時期が俺にもありました。

案の定、席取り合戦で予約開始日の朝6時過ぎにはド真ん中の席は埋まりつつあったという。『まどマギ』の時の反省を活かして、朝一に予約しておいて良かった。
映画館は上映開始30分前には、既に人でいっぱいになっていましたね。「みんな『SAO』好っきゃな~!」と他人事のように思う、どうも俺です。

意外にも来場者特典はポストカードで、書き下ろし小説は物販にも無かった。そんなもので釣らなくても人は来るだろってことなのか。
パンフレットの表紙はやたらキラキラしてるな……。

アニプレックス絡みのアニメ映画の宣伝が流れるわ流れるわ。どれも面白そうだから困る。その中でも『トリニティ・セブン』劇場版の宣伝がクッソ格好良くてビビった。ZAQさんが歌う主題歌に合わせてのプロモーションが非常にワクワクする。これ、原作既読組だったら全身弾け飛んでるわ……。
と思って公式サイトでもっかい見たら、絶賛するほどではなかった(ぉ
これが映画館効果……!

時系列

アニメ2期のラストエピソード『マザーズ・ロザリオ』編から僅か2週間後だそうで。この後に『アリシゼーション』があるから、あまり間を空けることが出来なかったのかしらん。

Read more

【映画感想】仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦

1月 19, 2017 by · Leave a Comment
Filed under: 映画, 特撮 

仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦【Blu-ray】

「僕達、色だけなら戦隊みたいだね~」

ケーブルテレビで放送されたので視聴。まぁ、放送されたの去年の夏なんですけど(ぉ

ライダーと戦隊が本格的に共演するようになった最初の映画と言えるか。この年から2大ヒーローが同じ画面に収まっているのが珍しくも何ともなくなっていったんだよな。

潰し合うライダーと戦隊、友の悪行に心を痛める海東、様々なヒーローにチェンジしながら激突するディケイドとゴーカイレッド……と中盤までは心躍る展開の連続なんだが。
やっぱりゴーカイチェンジ格好良いですわ……。

アカレッドに会うために過去に行く辺りから雲行きが怪しくなってくる。2回目でもやっぱり理解らんかったわ……。

全ヒーロー大集合シーンはあまりにも人数が多過ぎてちょっと笑ってしまうな。もうこれだけの人数を一気に出す映画はやらないのかなー。

つくづく勿体無い仮面ライダーオーズへのゴーカイチェンジ。何故チェンジするだけで終わってしまったのか……。尺が足りなかったというのは理解るんだが……。ここだけテレビシリーズでやってくれても……。

それぞれの友情を確かめるエンディングは良いシーン。海東の大暴れシーンを無視すれば、士と彼のシーンは良いシーンなんだと思う。友情を感じてもらえてなかったユウスケェ……という話だけど。

そういえば『電王』のイマジン達はこの映画が最後の出番だったんだっけか。『レッツゴー仮面ライダー』が最後って気のせいだったわ。
ただ今年10周年らしいから何かしら動きがありそうな気もする。

今度の春に公開される映画はどうなることやら。不安と期待が入り混じる。

燃:A 萌:A- 笑:A- 総:A+

反復リンク
1回目

スポンサーリンク



次ページへ »