【アニメ】ドラゴンクエスト ダイの大冒険 第10話「いざパプニカ王国へ」【感想/ネタバレ】

(ダイ、聞きなさい、この歓声を。たとえお前が望まずとも人々はお前をこう呼ぶだろう。小さな勇者ダイ、と━━━━)

クロコダインを打ち破ったダイ達はロモス王から感謝される共に様座な装備を与えられることに。ダイは自分はまだ勇者の器じゃないと勇者の称号を辞退する奥ゆかしさを見せる。
ダイの成長にブラス爺ちゃんも大号泣ですわ。良かったねぇ良かったねぇ。しかしマホカトールの結界の中にいるのでずっと光りっぱなしなのが面白いw

魔王軍に苦しめられるレオナを助けるために次はパプニカ王国へ。パプニカは魔物に侵攻されている地域の中でも特に激戦区とのこと。
ロモス王が用立ててくれた船は聖水を流しながら進むので、並の魔物は近付けないそうな。聖水を常時垂れ流しってコストえぐない?

一方、魔王軍ではハドラーがパワーアップ。イオナズンに続いてベギラゴンを習得。モンスターは原作漫画連載以降にドラクエシリーズに登場した種族も輸入されているが、呪文は当時のままなんだろうか。
イオグランデやギラグレイドとか出しても良いと思うけど。

更に次々と軍団長が登場。

・氷炎魔団の氷炎将軍フレイザード
・魔影軍団の魔影参謀ミストバーン
・超竜軍団の竜騎将バラン

おーっと、こういう次々と強敵が出て来る展開わっくわくするじゃないの。ミストバーンが大魔王と名前が被ってるのは何か意味があるんかいな。
クロコダインは普通に死んでいたらしい。今は蘇生液に漬けられており、生き返るかは五分五分だとか。ザオラル的な魔法力が込められた液なのか。

残る不死騎団の魔剣戦士ヒュンケルは大魔王直々の指令によりパプニカ王国でダイ達を待ち受ける。
このヒュンケル、魔王軍所属ながら人間で、それに加えてアバン先生の一番弟子であった。要素モリモリかよ……。次回、早くも闇堕ちした理由が語られるみたいだけど、展開早くない?

他の軍団長はヒュンケルが人間ながら軍団長を任されていることを快く思っていない様子。とするとバランは違うのかな……?

燃:A+ 萌:A- 笑:B+ 総:A+

エピソードリンク
・第9話「ひとかけらの勇気」
・第11話「魔剣戦士ヒュンケル」

スポンサーリンク









4087925625
ドラゴンクエスト ダイの大冒険 新装彩録版 3 (愛蔵版コミックス)