mgmg! 先輩と俺の悩ましき日常

10月 8, 2012 by
Filed under: C★NOVELSファンタジア 

mgmg! - 先輩と俺の悩ましき日常 (C・NOVELSファンタジア)
著:葦原 青(あしはら・せい) イラスト:さくらねこ

「あいつの身体はほぼミルクセーキでできてることになる。信じられるか?そんな不思議系アイドルみたいな設定の奴が実在するなんて。汗とかきっといい匂いするぞ」

C★NOVELSファンタジア2012年9月の新刊。約1日の積み。
勿論イラスト買いですが何か?そらもう、さくらねこさんがイラスト描いてるとなったら買わざるを得ない。
タイトルは「もがもが」と読みます。

著者の葦原さんはC★NOVELS大賞でデビューした人。これまでは結構ストイックな作品を書いていたようだが、レーベルの読者層拡大作戦に巻き込まれたのか、一転萌え系に。

さて、舞台は少年少女がある日、魔法に目覚めるようになった現代社会。遅くとも20歳には魔法の力を失うこの世界で、魔法に目覚めた子供達は強制的に魔法学園に転入させられ、そこで魔法を失うまで学ぶことになる。
高校入学直前に魔法使いと診断された主人公、春親(はるちか)が鹿角学園に入学するところから物語は始まる。

変な名前の部活に入っちゃって、何やかんやで生徒達のお悩み相談をすることになる連作短編形式の話かーと思っていたら、中盤から妙にシリアスな展開になっちゃったでござる。
全然日常じゃねーじゃん!タイトルと中身が合ってねぇ……(´・ω・`)

そもそも、発現する魔法は人それぞれ違うって、それはもう魔法というよりは異能力の範疇なのでは?

編集の指示で、女の子いっぱい出したみたいなんだけど、ホントに出しただけかよ……。存在意義無い人、いっぱい居るがな……。
MF文庫Jみたいに3巻まで確約されてるなら、ともかく、これ、きっと続刊出ないよな……。

とはいえ、さくらねこさんが描く女の子達はBATSUGUNの可愛さなわけで。
特に、宮藤先輩と朔嶋さんの可愛さが半端無い。黒髪ストレートとか黒ストとか堪りません(^q^)
問題はイラストが絶対的に少ないことだよなぁ。キャラ紹介のカットとか要らないから、挿絵を増やした方が良い。
挿絵は2枚しかない上に、何故そのシーンを指定したしって感じだし。

うーむ、これは切りだなぁ。路線変更するなら、もっとハッキリ変更した方がいいと思うんだよな。
微妙にストイックな部分が残っているというか……。

燃:C+ 萌:A 笑:C+ 総:B+

イラストリンク
レイヤード・サマー(電撃文庫、2011/01)
それがるうるの支配魔術 Game1:ルールズ・ルール(角川スニーカー文庫、2011/04)
優等生以上、フリョー未満な俺ら。(GA文庫、2011/10)
恋人にしようと生徒会長そっくりの女の子を錬成してみたら、オレが下僕になっていました(一迅社文庫、2012/08)
超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!(GA文庫、2015/10)

Comments

Tell me what you're thinking...
and oh, if you want a pic to show with your comment, go get a gravatar!