【ボーダー】土地神様のわすれもん【感想】

4月 15, 2018 by
Filed under: 富士見L文庫 

土地神様のわすれもん (富士見L文庫)

著:新井 輝 イラスト:あおい れびん

「狸じゃねえのかよ!?」

富士見L文庫2018年4月の新刊。約2日の積み。企画もの以外のL文庫を買うの初めてだわ……。

かつて今は亡き富士見ミステリー文庫から『ROOM NO.1301』を刊行していた新井さんが物凄く久し振りに富士見系レーベルに登場。
何やらL文庫の編集部には結構富士ミス時代の関係者も在籍している模様。

さて、新井さんの新作とあれば、どこのレーベルだろうと取り敢えず買わないわけにはいくまい。直近のラノベ『俺の教室にハルヒはいない』ですら2015年だから、本を出すこと事態、めちゃんこ久し振りなのでは……。
イラスト担当のあおいさんは富士見L文庫にちょこちょこ出現してるのか。

世間から忘れ去られた作家、真金井光(まっかない・ひかる)。彼が出会ったのは自分も「わすれもん」となった土地神だという猫は、同じような存在を助けようと光に持ちかけるが……。
通称とっちーは表紙で見ると、確かに猫なのか何なのかよく理解らない姿だな……。

最近、富士見L文庫に限らず、こういうボーダー系の小説を刊行しているレーベルではよく見かける神様と絡んで人助けをしたりするハートフルストーリーといった感じ。
連作短編集というほどにページ数が多いわけではないが、概ねそういう構成。売れ線に寄せてきたってことかしら。

導入がちょっと辛気臭かったが、光ととっちーのテンポ良い会話が始まってからは面白くなってきたように思う。
今回はあまり、あぁ新井さんの文章だなぁって感じはしなかったな。むしろこういうギャグも書くのか……という驚きの方が強かった。狸の天丼の下りすこ。

続刊は売り上げ次第のようだけど、これはあまりシリアスに振らずに連作短編集の様相をキープすれば結構良い線イケるのではなかろうか。

あっ、カクヨムでは文庫刊行より2週間程先行して連載を始めているのか。本が出た今後は小刻みに最後まで更新していくんだろうけど、その後は2巻分に突入するのかな?

燃:C 萌:A- 笑:A 総:A

著者リンク
俺の教室にハルヒはいない(スニーカー文庫、2013/09)

スポンサーリンク


土地神様のわすれもん (富士見L文庫)
土地神様のわすれもん (富士見L文庫) 新井 輝 あおいれびん

KADOKAWA 2018-04-13
売り上げランキング : 21915

Amazonで詳しく見るby G-Tools

護りの巨人とうなぐひめ-神様たちのお伊勢参り(3) (双葉文庫) あやかし図書館で待ってます ―新入り司書と不思議な仲間たち― (メディアワークス文庫) 京都の甘味処は神様専用です(3) (双葉文庫) 続・京都烏丸御池のお祓い本舗 (双葉文庫) かくりよの宿飯 八 あやかしお宿が町おこしします。 (富士見L文庫) 寺嫁さんのおもてなし 二 あやかし和カフェでご縁、結びます (富士見L文庫) 西陣あんてぃく着物取引帖 (富士見L文庫) 浅草鬼嫁日記 四 あやかし夫婦は君の名前をまだ知らない。 (富士見L文庫) かまくら『めし屋』のおもてなし ふるさとの味白石うーめん (富士見L文庫) 妖怪のご縁結びます。 お見合い寺 天泣堂2 (メディアワークス文庫)

Comments

Tell me what you're thinking...
and oh, if you want a pic to show with your comment, go get a gravatar!