【アニメ感想】魍魎の匣 最終話「魍魎の匣、あるいは人の事」

1月 26, 2017 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ, 講談社ノベルス 

魍魎の匣 第五巻 [DVD]

「彼は行ってしまったのか━━彼岸に」

いよいよ最終回。魍魎に憑かれた関口先生の取り乱しっぷりが凄い。今までのアバンは先生が少しずつ久保になりつつあったことを示していたわけか。

最後は久保が美作を噛み殺して、事件は幕引きとなるがちょっとどうなってるか判り難かったかなぁ。まぁ、はっきり映しちゃうとヤバい絵面なのは間違いないが……。

やっぱりラストシーンは主題歌流してほしかったよなぁ。普通に通常EDだから、まだ次回がありそうにも見える。

総評

そんなわけで2回見ても面白い講談社ノベルス原作『魍魎の匣』全十三話でした。ただ、あくまでも面白いと思えるのは原作を読んでるからなんだろうなとは思う。原作の記憶を随時思い出しながら脳内補完しているから、ついていけてるだけかもしれん。

作品全体に漂う不気味かつ幻想的な雰囲気は実に良いので、やっぱりシリーズの他のタイトルもアニメ化してほしいんだよなー。そんな気配は微塵も無いが……。
『百鬼夜行』の方をアニメ化しても良いのよ。クッソ鬱になりそうだが。

燃:C 萌:A 笑:C 総:A+

反復リンク
1回目

エピソードリンク
第十二話「脳髄の事」

スポンサーリンク



【アニメ感想】魍魎の匣 第十二話「脳髄の事」

1月 7, 2017 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ, 講談社ノベルス 

魍魎の匣 第五巻 [DVD]

「その扉が開くとき、物語は終わるのです━━」

解決編、本格始動。関係者が一同に集合し、京極堂の憑き物落としが始まる。今回はまだ序の口だが、バラバラだったピースが一気に繋がっていくのがんぎぼぢいぃぃぃぃいいいいい!!ってなりますよね。

些細な嘘や誤解が絶妙に混ざり合って、どんどん事態をややこしいことにしていたのが判ってくるが、これ原作未読の1周目で全部理解出来るだろうか……。にきびの話なんて忘れている人多そう。

燃:B+ 萌:A 笑:C 総:A+

反復リンク
1回目

エピソードリンク
第十一話「魔窟の事」(2回目)
最終話「魍魎の匣、あるいは人の事」(2回目)

 

スポンサーリンク



【アニメ感想】魍魎の匣 第十一話「魔窟の事」

12月 29, 2016 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ, 講談社ノベルス 

魍魎の匣 第五巻 [DVD]

「人はどうして死ぬのでしょうね━━」

真実に近付きつつある京極堂達。その一方で、単独行動をとり暴走する木場修。彼が覚悟を固めるシーンは格好良いが、下着は見たくなかったぜ……。
序盤よりも棒読みが気にならなくなったのは上手くなったのか、こちらの感覚が麻痺してきたのか。

にしても木場修、どんどん行動がフリーダムになっていくな。失うものが何も無い男の怖さということか。

燃:C 萌:A 笑:B- 総:A

反復リンク
1回目

エピソードリンク
第十話「鬼の事」
第十二話「脳髄の事」

スポンサーリンク



魍魎の匣 第十話「鬼の事」

12月 29, 2016 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ, 講談社ノベルス 

魍魎の匣 第四巻 [DVD]

「僕達は御筥様を叩く」

遂に京極堂、ご出陣。陰陽師の正装になった京極堂、イケメン過ぎて辛い。オールバック格好良過ぎかよ……。

京極堂が言葉を巧みに使い、相手を自分のペースにはめていく様は痛快。関口先生は京極堂の仕込みに巻き込まれた途端、狼狽し過ぎだろw

無事、御筥様は撃退出来て一件落着かと思いきや、久保の死体が発見されたという報せが飛び込んでくるから、さあ大変。
この頼子死亡→久保死亡のコンボの絶望感は異常。

燃:C 萌:A 笑:A- 総:A+

エピソードリンク
第九話「娘人形の事」(2回目)
第十一話「魔窟の事」(2回目)

魍魎の匣 第九話「娘人形の事」

12月 29, 2016 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ, 講談社ノベルス 

魍魎の匣 第四巻 [DVD]

「これは俺のヤマだからだ」

バラバラだった要素が京極堂に持ち込まれることで繋がっていく。ただ、ちょっと時系列をいじって描写されているシーンがあるから、その辺がややこしいな。

そろそろ解決編かというところで、行方不明になっていた頼子の身体の一部が発見されちゃうんだからやりきれない。
さぁ、クライマックスへ向けて盛り上がってまいりました。

燃:C 萌:A 笑:B 総:A

エピソードリンク
第八話「言霊の事」(2回目)
第十話「鬼の事」(2回目)

魍魎の匣 第八話「言霊の事」

12月 8, 2016 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ, 講談社ノベルス 

魍魎の匣 第四巻 [DVD]

「匣の中に魔物がいる。科学という名のオカルトが━━」

解剖大好き里村さんの元を訪れる木場修。里村さん、味のあるキャラだよなぁ。名脇役といった感じで。

関口先生の細君、雪絵さんは初登場か。物静かな美人。何回見ても、関口先生がこんな素敵な奥さんをゲット出来たってのが納得いかないw

京極堂に集まる人々。少しずつ繋がっていく点と点。
しかし、それは一足遅く頼子に久保の魔の手が迫っていく。久保の誘いに乗った時点で詰んでしまったってハッキリわかんだね。

燃:C 萌:A 笑:C 総:A

エピソードリンク
第七話「もうりょうの事」(2回目)
第九話「娘人形の事」(2回目)

魍魎の匣 第七話「もうりょうの事」

11月 15, 2016 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ, 講談社ノベルス 

魍魎の匣 第三巻 [DVD]

「一秒たりとも我慢がならぬ」

今回は魍魎という存在についてのお話。最後の方で、バラバラ殺人事件と御筥様が繋がっているのでは、という話が出るまでは段々何の話なのか分からなくなってくるなw

相変わらず動きの無いシーンの連続なんだけど、カット割りやBGM、喋りの抑揚のつけ方で間をもたせている感じか。
京極堂役の平田さんの落ち着いた声が耳に心地良いんだよなぁ。

そして頼子と久保の不穏なシーンを挟んで今回は終了。アニメでは久保の不気味さがより顕著な気がする。

燃:C 萌:A 笑:C 総:A

エピソードリンク
第六話「筥の事」(2回目)
第八話「言霊の事」(2回目)

魍魎の匣 第六話「筥の事」

11月 9, 2016 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ, 講談社ノベルス 

魍魎の匣 第三巻 [DVD]

「心酔している……」

京極堂の講釈を聞くことになる関口先生と鳥口。今回は延々、京極堂の居間での会話のシーンなんだなぁ。
間に回想シーンも入るけど。

現状では、いきなり話が別方向に逸れたように見えるが、ここを乗り切ると情報が一気に収束して気持ち良いからもう少し我慢だ!

何回でも言うけど、千鶴子さん素敵過ぎる。

燃:C 萌:A 笑:B 総:A

エピソードリンク
第五話「千里眼の事」(2回目)
第七話「もうりょうの事」(2回目)

魍魎の匣 第五話「千里眼の事」

11月 8, 2016 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ, 講談社ノベルス 

魍魎の匣 第三巻 [DVD]

「私は恐れているのだ。物語を終わらせる者の登場を━━━━」

アバンは関口先生著作の「目眩」のラストシーンかな。これ、原作既読だと必要なシーンだって理解るが、初見だと何のこっちゃ理解らないどころか謎の解明シーンまで憶えていられなそうだなw

超絶美形探偵、榎木津登場回ということでAパートでは千里眼とは何ぞや?というお話。前振り長ぇな。Aパート、ほぼ全部使ってるぞw

Bパートでは、いよいよ京極堂が登場。奥さんの千鶴子さん、素敵過ぎでしょ……。しかも皆口さんボイスとかまぢ。薄い本とかあるのかしら(ぉ

燃:C 萌:A 笑:C 総:A

エピソードリンク
第四話「火車の事」(2回目)
第六話「筥の事」(2回目)

魍魎の匣 第四話「火車の事」

11月 5, 2016 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ, 講談社ノベルス 

魍魎の匣 第二巻 [DVD]

「陽子さん、あんたの敵は誰だ」

攫われた加菜子、殺害された須崎、失踪する雨宮と大混乱。一方、巷では連続バラバラ殺人事件が起きていて……。

加菜子の心象風景の不気味なこと。この時点で、もうまともな思考が出来る状態ではないんだっけ。

木場修の陣中見舞いに訪れる青木刑事、爽やかイケメン過ぎでしょ……。
相変わらず木場修の出番が多くて、殆ど主人公である。

燃:C 萌:A 笑:C 総:A

エピソードリンク
第三話「羽化登仙の事」(2回目)
・第五話「千里眼の事」(2回目)

次ページへ »