最強彼女黒髪めがね

8月 16, 2014 by · Leave a Comment
Filed under: ガンガンノベルズ 

最強彼女黒髪めがね (ガンガンノベルズ)
著:終 倉敷(おわり・くらしき) イラスト:鳴見 なる

『僕の好きな技で勝ったぞ。僕から充電してもらったパワーで大勝利だ』

ガンガンノベルズ2010年4月の新刊。約4年3ヶ月2週間の積み。
第6回スクウェア・エニックス小説大賞佳作受賞作。応募タイトルは「改造宇宙人鉄腕ななめ」。
誰が正式タイトル考えたのか知らんが、これはナイス判断と言わざるを得ない。そういう俺がタイトル買いなので。

応募作ではサブヒロインだった人をメインヒロインに昇格させて、それを軸としてストーリーを作り直したって、それはただの新作なのでは……。

さて、こんなタイトルだから、あー、黒髪の眼鏡ヒロインとイチャイチャする話なのかなーと思っていたら、黒髪めがねってヒロインの名前なのかよ!

更に、主人公の名前が、早鐘僕(はやがね・ぼく)。僕の一人称は俺で、めがねの一人称が僕ということで訳理解らんw
これが後々の叙述トリックに繋がるのかと思いきや、何にも無い。ただ読み難くなっているだけ。

他の登場人物も奇抜な名前ばっかりなんだけど、西尾維新さんに影響受けたのかしら……。あれは捻くれた作風と合ってるから許されるんだと思うんだけどなぁ。

加えて、ブルーマンデーと呼ばれる異形の存在に狙われる人類。対抗出来るのは風紀委員、黒髪めがね達だけ。
その辺の理由も一切説明されない。超人的な力を持つスーパーヒロインが何故か何の取り柄も無い主人公を好きになるというシチュエーションをやりたかったんだろうか。

挿絵があればまだ救いがあったものの一切無しという。
イチャイチャ描写もパッケージングの割には全然足りないし、何をどうしたかったのかが全然理解らない。

後書きで、ようやくスタートラインに立てた、みたいなことを言ってるんだけど、このレーベルからデビュー=収入の無いプロという名の足枷じゃね……?
実際、この後1冊も本出せてないみたいだし……。

燃:C 萌:B+ 笑:C 総:B

おらくる☆ヒミコさん 番外編 せっかくだから鍋にしよう

1月 1, 2012 by · Leave a Comment
Filed under: ガンガンノベルズ 

著:内田 俊 イラスト:朴 晟佑

「ほら、全部受け止めた」

ノベルズ発売直後にガンガンONLINEに掲載されたお試し短編。ノベルズの帯で存在を知ったので、忘れない内に読んでおこうと。
ってか、公開から1年近く経ってるのに、まだ公開中なのかよw

内容は本編の間の出来事。タイトル通り、教室で鍋をつつく話。
ギャグに特化した短編かと思いきや、何故か最後に戦闘もあるという。お試し短編としては正しい在り方だけど。

ゲームネタが強かったような気がするな。『星をみるひと』とか、ガンガン読むメイン世代が知ってんのかよw

どうでも良いが、冷製パスタ喰いたくなってきたわ。
で、先行コミカライズとかお試し短編とか、色々宣伝してるのに続刊は出せないのか……。

燃:C 萌:B+ 笑:A- 総:A-

シリーズリンク
おらくる☆ヒミコさん

おらくる☆ヒミコさん <1>

おらくる☆ヒミコさん 1 (ガンガンコミックスONLINE)
原作:内田 俊 作画:柚木 涼太 キャラクター原案:朴 晟佑

「祓いたまえと神が呼ぶ。清めたまえと人が呼ぶ。神と人の子の使者」
「オラクル☆ヒミコさん、ただいま参上!!」

2011年2月の新刊。原作小説と同時発売ということで、連載としてはこちらの方が世に出たのが先という面白い状態に。
こちらの帯にも「巫女…それは日本が世界に誇るべき至宝…!」って書いてあって吹いた。

内容としては単純に、原作を圧縮したコミカライズ。と言っても、別に早回しというわけではない。
というか、ネタをごっそり削ると、大分すっきりするんだなw
まぁ、ネタが無くなった分、面白くなくなってるんだけど(ぉ

ただ、絵は原作よりも断然良い。朴さんの絵って、バトルには向いてるんだろうけど、単純な萌え絵に合ってないんではないかなーと。妙に等身が高いというか。
その点、こっちはロリ寄りの作画で、個人的にはこっちの方が好み。

続きはとっくに出てるんだけど、出てたことに数日前に気付いたんだよな。で、こんなタイミングで既刊消化したっていう。
結局、2巻は買わなくていいかって結論だけどな。

燃:C 萌:A- 笑:C+ 総:B+

原作リンク
おらくる☆ヒミコさん(2011/02)

作画リンク
俺、ツインテールになります。π <1>(2014/12)

おらくる☆ヒミコさん

1月 1, 2012 by · Leave a Comment
Filed under: ガンガンノベルズ 

おらくる☆ヒミコさん (ガンガンノベルズ)
著:内田 俊 イラスト:朴 晟佑(パク・ソンウ)

「━━ヴァレリオ、思い出せ!僕とクィーン〇ブレイドで戦った、あの日々を!」

ガンガンノベルズ2011年2月の新刊。約半年の積み。第1回スクウェア・エニックスライトノベル大賞入選作。
内田さんはこの他にもメガミ文庫、MFで受賞しており、その2作が面白かったので、こちらも購入した次第。
イラストの朴さんはアニメ化もした漫画『黒神』の作者。

ある日、神主の息子、剣(つるぎ)の元に、未来からオラクル☆ヒミコさんと名乗る巫女少女がやって来る。
剣は将来、巫女萌えに覚醒し、世界中を巻き込んだ宗教戦争を引き起こすらしい。ヒミコさんは、戦争の原因となる剣を過去に遡って始末しようとするキリスト教から、彼を守るためにやってきた護衛だった……というお話。
あれ、それって電撃文庫『撲殺天使ドクロちゃん』じゃね?いや、よくあるパターンなのかもしれんけど。

メガミ文庫『倒錯クロスファイト』、MF文庫J『喰 -kuu-』と同じく、イカレたギャグと割とガチバトルということで、方向性は近い。
こっちでもライフパスって言っていて吹いた。ライフパスって書きたいだけだろw

他の作品に比べて、ネタのバリエーションが広過ぎる。
森鴎外→森王凱→勇者王の仲間とかクソワロタ
平然と出て来る『ゼーガペイン』ネタとかも。
後書きはバトルドームだったしな。

惜しいのは散々触手を出しておきながら、触手の挿絵が全然無いこと。特に、プールに触手が出現した上、地の文でネタ振りまでしたのに、触手+スク水で挿絵が1枚も無いなんて絶対に許さない。

普通に続刊出来る終わり方なんだけど、ガンガンノベルズなので、勿論続きは出ませんね。

面白いのは、この本と同時にコミカライズが出ているというところ。ということはコミカライズの方が先行して公開されてるってことなんだよな。
これはなかなか例の無い試みなんじゃないか?

前から疑問なんだけど、このレーベルって新人育てる気無いのかな?そのくせ、新人賞は毎年開催してんだよなー。元から凄い才能を発揮してる人が来ない限り、続刊を出させる気がないのか……?
まぁ、そんな傾向全開のとこに応募してる人達もよく理解らんけど。他レーベルで同時デビューなら、ともかく。
ここからだけのデビューだったら確実にプロになり損だと思うんだが……。

燃:B- 萌:A- 笑:A 総:A

シリーズリンク
おらくる☆ヒミコさん 番外編 せっかくだから鍋にしよう

コミカライズリンク
おらくる☆ヒミコさん <1>(2011/02)

著者リンク
喰 -kuu-(MF文庫J、2010/11)
倒錯クロスファイト(メガミ文庫、2011/01)
あおはるっ!(MF文庫J、2012/01)
朽ちた神への聖謡譚(MF文庫J、2013/04)
戦極ヤヲヨロズ 無課金だけど神殺し(MF文庫J、2014/10)
吾輩はオークである。 女騎士はまだいない。(MF文庫J、2016/02)

リヴァイアサンのセカイ

3月 23, 2011 by · Leave a Comment
Filed under: ガンガンノベルズ 

リヴァイアサンのセカイ (ガンガンノベルズ)
著:チャー イラスト:千田 衛人

『なーんだ、パンツレスリングのケツドラムの音かぁ』

ガンガンノベルズ2011年3月の新刊。著者のチャーさんから頂きましたぐへへ。
同人ゲームを作ってる方だそうで。
とは言え、感想はいつも通りに書きます。
ガンガンノベルズは実は『最強彼女黒髪めがね』というのを持ってるんだが、長いこと積んでます。つまり何が言いたいかと言うと、ガンガンノベルズ処女ということです<意味不明

さて、本作は異なる歴史を辿った日本の舞台に繰り広げられる伝奇アクション。みんな大好き吸血鬼ものです。
事前情報が無いに等しい状態、またレーベルカラーからの内容の予想も不可能。更に、口絵も1枚しかないため、裏表紙の粗筋で内容を予想するしかない。

だもんだから、不意打ちの連続です。とにかくギャグとグロの振り幅が極端。どっちも中途半端でアレな作品はちょくちょく見るけど、これはどっちも相当振り切ってる。
取り敢えずプリキュアネタを入れたことは評価する<何様

水瀬葉月さんの作品とかガガガ文庫『されど罪人は竜と踊る』あたりだと、エピローグで多少の救済措置みたいな雰囲気になるんだけど、これは、終盤でドン底へ叩き落として、もう一段階叩き落として、ラストでとどめとばかりに踏みにじる感じ。
ヒロインの子宮破裂させて、「ひぎい」じゃねーよw
正直、ものすげー後味悪いです<褒めてます

また、この他に特徴的な要素として、理系っぽい設定解説が挙げられる。これだけ理屈っぽく説明してる作品って、なかなかないんではないか。
正しい説明になってるかなんて関係無いんです。どれだけ説得力があるかなんです。

びっくりするくらいの鬱エンドと言えば、スーパーダッシュ文庫『鉄球姫エミリー』を思い出しますね。
あれはシリーズ化して微妙なことになったので、これはすぱっと1作で終わってほしいかな。若しくは今以上の絶望を用意するか。要素としては揃ってるから、出来ないことはないだろうけど……。

何にせよ、ガンガンノベルズってことで特別期待してなかったんだが、不意打ち続きで面白かったです。
どシリアスシーンで松岡修造ネタはどうかと思ったが。
あと、18ページの数字の表記揺れが凄い気持ち悪いです。

燃:B+ 萌:B 笑:A- 総:A+

2011年3月ガンガンノベルズ新刊

3月 22, 2011 by · Leave a Comment
Filed under: ガンガンノベルズ, 雑記 

著者から献本いただきました。ぐへへ。ブツは、

・リヴァイアサンのセカイ
リヴァイアサンのセカイ (ガンガンノベルズ)

の計1冊。早速読むよ!

2010年5月コミカライズ新刊とその他

また、色々溜めこみました。

・生徒会の一存 <03>
・緋弾のアリア <Ⅰ>
・“文学少女”と美味しい噺 <2>
・“文学少女” Fantasy Art Book
・迷い猫オーバーラン! <1>
・妖界ナビ・ルナ <5>(特装版)
生徒会の一存 3 (ドラゴンコミックスエイジ と 1-1-3)
緋弾のアリア 1 (MFコミックス アライブシリーズ)“文学少女”と美味しい噺(レシピ) 第2巻 (あすかコミックスDX)“文学少女”Fantasy Art Book迷い猫オーバーラン! 1 (ジャンプコミックス)妖界ナビ・ルナ(5)特装版 (プレミアムKC)

あと、発売日に書店で探したんだけど、見付からずe-honを使った、

・最強彼女黒髪めがね(ガンがノベルズ)
最強彼女黒髪めがね (ガンガンノベルズ)

を購入。『アリア』と『迷い猫』はe-hon使わなくても、普通に買えたワナ。