【購入報告】2017年8月ガガガ文庫とファンタジア文庫とコミカライズ新刊

また一気に出たな……。
Read more

【コミカライズ感想】ナナヲチートイツ -紅龍- <2>

1月 16, 2017 by · Leave a Comment
Filed under: コミカライズ, メガミ文庫 

ナナヲチートイツ 紅龍 2 (近代麻雀コミックス)

原作:森橋 ビンゴ 作画:前川 かずお

「貴方、麻雀は豪快なクセに恋愛は手堅いのねェ…。ダマの平和ドラ1みたいな恋愛観よそれ」

2017年1月の新刊。
Read more

【購入報告】2017年1月電撃文庫とGAノベルとコミカライズ新刊

どうせ週末も行くことになるんだけど、優先的に消化したいものがあったので行ってきました。ラノベは、

・エロマンガ先生⑧ 和泉マサムネの休日
・なれる!SE15 疾風怒濤?社内競合
・スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました

の計3冊。

講談社ラノベ文庫では『クロックワーク・プラネット』がXEBEC製作にて2017年4月より放送開始決定。長らくアニメ化企画進行中だったから、放送までまだかかると思ってたわ。

コミカライズは、

・ナナヲチートイツ -紅龍- <2>

の計1冊。

スポンサーリンク



花鳥風月

9月 16, 2016 by · Leave a Comment
Filed under: コミカライズ, メガミ文庫 

花鳥風月 (近代麻雀コミックス)
原作:森橋 ビンゴ 作画:前川 かずお

(まだ、こんなもんじゃない。もっともっと…力を…麻雀で世界を変えるくらいに━━━━!)

2016年4月の新刊。
今は亡きメガミ文庫から刊行された麻雀ラノベ『ナナヲチートイツ』の前日譚を描くスピンオフコミカライズが登場。単行本1冊に収めるためか、やや分厚め。
表紙はよく見ると、ぱんつ見えてますね。

連載されていることは知っていたんだけど、本編新章が始まるまですっかり忘れていて、気付いたときには既に単行本が発売されていたという。まぁ初版を押さえられたし、せふせふ。

暗い過去を抱えた麻雀好きの少女達3人とであった主人公、月乃は彼女達と共に代打ちチーム、花鳥風月を結成するが……。
3人の中には七緒の母、風香の姿も。

本編で暴虐の限りを尽くした初音はガン黒ギャルとして登場。中也とやっていたコスチュームプレイは自前のものだったのか……。

語り手である筈の月乃が全体の2/3くらいしか出番が無いのがバランス悪いかなぁ。他の3人がウルトラピンチになってるときに、その場にいないのは構成上いかがなものかと……。

主要キャラクターは本編とは全然違うものの、ノリは全く同じ。麻雀+エロス&バイオレンスといった感じ。
本編が好きな人はこっちも楽しめるだろう。

燃:B+ 萌:A- 笑:B+ 総:A

シリーズリンク
ナナヲチートイツ <3>(2013/04)
ナナヲチートイツ -紅龍- <1>(2016/07)

【コミカライズ感想】ナナヲチートイツ -紅龍- <1>

7月 24, 2016 by · Leave a Comment
Filed under: コミカライズ, メガミ文庫 

ナナヲチートイツ 紅龍 1 (近代麻雀コミックス)
原作:森橋 ビンゴ 作画:前川 かずお

「太古の竜、紅龍よ━━今宵、怒張せよッ!」

2016年7月の新刊。
麻雀ラノベのコミカライズがまさかの新シリーズスタート。この間に外伝『花鳥風月』が出てるけど、単行本が出てるの全く気付いてなかったぜ!今度買ってくるぜ!
タイトルの「紅龍」は「レッドドラゴン」と読む。
Read more

ナナヲチートイツ <3>

4月 13, 2013 by · Leave a Comment
Filed under: コミカライズ, メガミ文庫 

ナナヲチートイツ(3) (近代麻雀コミックス)
原作:森橋 ビンゴ 作画:前川 かずお

「親父!俺はあんたとは違う!誰かを踏み台にしてまで生きる気なんてない!」
「俺は七緒と生きて、七緒と死ぬ!」

2013年4月の新刊。
さて、双龍杯ということで最終巻。表紙、何故裸にしたし。

お父さんだけでも強敵なのに、中也のクラスメイトで本性を現した一之瀬も加わって激選が繰り広げられる。

中也と七緒は、終盤盛り上がり過ぎて、カツラをふっ飛ばしたりしてるけど、退場処置喰らったらどうすんだ……。

そして、遂に奴隷からの解放。一転して、初音さんがフルボッコな目に。どうやら廃倉庫で嬲られまくった挙句、倉庫ごと焼かれたみたいだな。

総評

そんな具合で原作が絶版してから、まさかのコミカライズ。メガミ文庫原作『ナナヲチートイツ』全3巻でした。コミックスだけで言うと、足掛け1年4ヶ月か。

大筋は変わらずとも、よりアダルトに進化したストーリーが良かったよな。ってか、原作者と作画担当のノリが上手いことマッチしたというべきか。
つーか、元々原作がラノベらしからぬノリの内容だったからな……。

これで終わりかと思いきや、次は掲載誌を近代麻雀へと移行して、過去編『花鳥風月』が始まるらしい。スピンオフってことか。
更に、本作の続編もやりたいという意思はあるようで。
こりゃ、こまめにチェックしなきゃだなぁ。

燃:B+ 萌:A- 笑:B 総:A

シリーズリンク
ナナヲチートイツ <2>(2012/10)
花鳥風月(2016/04)

2013年4月電撃文庫と講談社キャラクター文庫とGA文庫とコミカライズ新刊

色々引きとってきました。ラノベは、

・ソードアート・オンライン012 アリシゼーション・ライジング
・ストライク・ザ・ブラッド7 焔光の夜伯
・失恋探偵ももせ
・小説 仮面ライダーディケイド 門矢士の世界 ~レンズの中の箱庭~
・ヴァルキリーワークス

の計5冊。
講談社キャラクター文庫では、『龍騎』のノベライズが延期。遂に、帯に以降のシリーズの刊行予定が書かれなくなってしまったw
適宜、サイトをチェックしろって形か。

GA文庫は他にも買うものがあったんだけど、何故か『ヴァルキリーワークス』だけが先に到着してました。残りの入荷は15日だとか。
入荷が早くなるのは入荷数の多いものってイメージだったんだけど違うのかな……。理屈が理解らん……。

『這いよれ!ニャル子さん』のキービジュアルで、ニャル子とクー子が『仮面ライダーW』みたいなことしていてワロタ

『のうりん』は、いよいよアニメ化キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
しかし、『銀の匙』とタイミング被り気味なのはいただけないな……。あと、パロディネタで滑りそうで怖過ぎるw

コミカライズは、

・彼女がフラグをおられたら <4>
・ナナヲチートイツ <3>

の計2冊。

ナナヲチートイツ <2>

10月 14, 2012 by · Leave a Comment
Filed under: コミカライズ, メガミ文庫 

ナナヲチートイツ  2 (近代麻雀コミックス)
原作:森橋 ビンゴ 作画:前川 かずお

「目先の数字だけを追うな」
「数字を…」
「時には失点してもいい…!無理を通してリスクを抱えてもいい!!」
「上っ面の数字だけで成り立つゲームなら、俺もお前も、こんなに魅せられちゃいないさ」

 

2012年10月の新刊。
爽やかな表紙とは裏腹に、帯には「にくどれい」とか書かれてる件。

 

さて、七緒を相棒として認めてもらうべく、初音さんに頼み込む中也。麻雀打ちが物事を決めるのは麻雀で、ということで一局打つことに。

 

もう、初音さん、性的にやりたい放題過ぎるだろ……w
ってか、セーラー服は流石にアレ過ぎるわ……。

 

そして、物語はいよいよ双龍杯へ……!というところで続く。2冊で終わるかと思ってたけど、もう1冊いくのか。

 

森橋さんの後書きで知ったんだけど、これ、原作は既に絶版してるのかよ!コミカライズ発売に合わせて再刷したりしないのか。

 

燃:B- 萌:A- 笑:B+ 総:A

シリーズリンク
ナナヲチートイツ <1>(2011/12)
ナナヲチートイツ <3>(2013/04)

ナナヲチートイツ <1>

1月 13, 2012 by · Leave a Comment
Filed under: コミカライズ, メガミ文庫 

ナナヲチートイツ ① (近代麻雀コミックス)
原作:森橋 ビンゴ 作画:前川 かずお

「萩原七緒、ナナちゃんか…。なんか七対子を和了るために生まれたような名前だな…!」

2011年12月の新刊。2009年1月にメガミ文庫より刊行された麻雀ライトノベルが、今更近代麻雀オリジナルで、まさかのコミカライズ。
どういう経緯なんだ……と思ったけど、どうも森橋さんは元から竹書房の麻雀雑誌で原作とかやってるみたいね。
原作では「ナナヲ」と「チートイツ」の間にハートマークが入ってるんだけど、こちらでは無くなっている。まぁ、無い方が雰囲気に合ってるしな。

作画はトクマノベルズedge『クラック・ハウンド』のコミカライズを描いていた前川さんです。
ちなみに、どこにも原作のイラスト担当しろさんの名前がありません。かと言って、キャラデザが全く違うのかと言えば、そんなことはなかったり。
表紙は帯を外すと、ギリぱんつが見えます。

さて、元々がイラスト詐欺のような作品だったわけだが、作画が前川さんになったことで、ようやく絵と内容がマッチしました。
掲載誌が掲載誌なだけあって、性的に過激な表現もOKに。だからって、「ぺ●バン」じゃねーよw

スト―リーとしては、よくある裏社会麻雀漫画だと思うんだけど、主人公、中也のお父さんのビジュアルがえらい格好良いことになってる。

何分、原作読んだのが大分前なので、殆ど展開憶えてないんだぜ(ぉ
作画のクオリティも高いし、続きに期待です。

燃:B 萌:B+ 笑:C+ 総:A

シリーズリンク
ナナヲチートイツ <2>(2012/10)

2011年12月コミカライズ新刊と発注と甦る青春

コミカライズを色々買ってきました。まずはコミカライズ。ブツは、

・さくら荘のペットな彼女 <1>
・えむえむっ! <6>
・ラノベ部 <2>
・ダンタリアンの書架 ダリアンDays <2>
・子ひつじは迷わない ひつじが2ひき
・ナナヲチートイツ <1>
・鋼殻のレギオス <03>
・ココロコネクト <2>
・とある科学の超電磁砲 <07>
さくら荘のペットな彼女 1 (電撃コミックス)えむえむっ! 6 (MFコミックス アライブシリーズ)ラノベ部 2巻 (ガムコミックスプラス)ダンタリアンの書架 ダリアンDays (2) (角川コミックス・エース 221-5)子ひつじは迷わない ひつじが2ひき (角川コミックス・エース 204-8)ナナヲチートイツ ① (近代麻雀コミックス)鋼殻のレギオス 3 (ドラゴンコミックスエイジ み 2-1-3)ココロコネクト(2) (ファミ通クリアコミックス)とある科学の超電磁砲 7―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス)

の計9冊。漫画は、

・朝まで授業Chu! <2>
朝まで授業Chu!② (MFコミックス アライブシリーズ)

の計1冊。今回も溜めたなぁ。

いつも通り、元バイト先で買ったんだけど、店に行ったら、いきなり店長が「来るの待ってた」とかテンション高めで言うもんだから何事かと思いきや。
諸事情あってラノベの品揃えを拡充したいが、詳しい人が居ない。ってことで取り敢えず2012年1月分の新刊で、これだけは押さえておけってものをピックアップしてくれと頼まれました。
まさかバイトやめて5年近く経ってから、発注に口出し出来るようになるとは……。

いやしかし、俺のラノベ知識が人様の役に立つなんて、こんなに嬉しいことはない。ってか、どれを仕入れるべき考えるの、んぎぼぢぃいいいいいいいい!!

冷静に分析すると、意外と1月のラインナップってメディアミックス的にしょぼいんだよな。
押すなら『パイコキ』なんだが、スベる危険性が高いしなぁ。
近くの大型書店と同じもん置いてもしゃーないし、それならそこが置いてない部分をカバーするべきか、かといって、そこまで場所取れんし。

後はファンタジアの新人デビューが控えてるわけだが、個人的には押しでも世間一般で果たして、どれだけ新人デビューが注目されてるのかって話でなぁ。

まぁ、それ以前にラノベを置いてるってこと自体をアピールせんといかんのだが。
つーか、俺が現役のときに何でこういうイベント起こらなかったし!?


何だかPV見てたらPSP版『魔装機神Ⅰ&Ⅱ』やりたくなってきて予約しちゃいました。DSでリメイクが出たときはそこまで食指動かなかったんだけど、新作のおまけとしてDSリメイク版をPSP仕様にバージョンアップ、しかもセット版は初回限定とか言われたら、取り敢えず買っとこうと思っても仕方ない。
だって、SFC版『魔装機神』といえば、俺達の青春じゃないか。

とはいえ、他の『スパロボ』放ったらかしなんだよなぁ。どーしたもんか。つーか、それ以前にPSP用意しねぇとなぁ。
VITAが出るとか騒いでる今になって買うのも何だかちょっと尺だったりもするわけだけど、互換性無い以上しゃーねぇわな。

次ページへ »