【ラノベ】賢勇者シコルスキ・ジーライフの大いなる探求 擦 ~愛弟子サヨナはぷにぷに天国DX仕様~【3巻/感想/ネタバレ】

B08P53TDMM

著:有象 利路 イラスト:かれい

それなりの年齢である読者諸氏については、こんなラノベ読んでる場合じゃないぞ!

屋上へ行こうぜ……久しぶりに………キレちまったよ……。
2020年12月の新刊。約4日の積み。10ヶ月振りの新刊。『君が、仲間を殺した数』からは隔月刊行。全然方向性の違う本出しとるな……w
タイトルの「擦」って何かと思ったら「スリー」って読むのか。凄く的確な漢字のチョイスで草。

さて、2巻がそれなりに売れたので出てしまったシリーズ第3弾。今回は益々初版部数を絞られているらしいよ!やったー!

2巻でも大分酷い下ネタ具合だったけど、益々加速してんじゃねーか!総扉でサヨナがオナホ持ってるのはもう言い訳きかんでしょ……(白目)
口絵からもうめちゃくちゃである。3巻までついてきた読者をフルドライブで振り落とそうとするのやめろやwwww

シコルスキの生命を狙うナカニダス。最早1ミリも捻ってないネーミングなのにメリオダスっぽくって何か格好良く聞こえるのズルいでしょw
シリゆる会会長が再登場したのは嬉しかったですねぇ。完全にただのクズなんだけども、俺達は何歳になっても「うんちぶりぶり」で笑っちゃうんだよなぁ。

まさかラノベを読んでいてパロディオナホやおっパブと風俗の違いについて学べる機会が訪れようとは……。これが多様性か……!
ってか、これ何割かは有象さんや担当さんの実体験のやつだろwwwww

まぁ、全編を通してKADOKAWAや電撃文庫をディスることディスること。お前、誰にデビューさせてもらったんだよw
新作続刊率が業界ダントツで低いというのは頷かざるを得ないが……。

粗筋の時点でKADOKAWA本社へシコルスキ達が凸すると判っていたので、この時点で既にやりたい放題過ぎだろって思ってたのに実際に凸したのはガガガ文庫編集部だったという。何でだよwwwwwwwwwwwww

流石に顔は伏せられているがガガガ編集者の湯浅さんが写真付きで登場し、インタビューを受けるのは流石にエクストリームに過ぎるだろw
しれっと同じかれいさんがイラストを担当している『月とライカと吸血姫』を宣伝してるのメンタル強過ぎかよ……。

うまくち醤油先生をネタにするの、今回は無しかー。流石に怒られたのかなーと思わせておいて、最後の方でしっかりノルマをこなすなw
で、これだけボケにボケておきながら最後は何綺麗に終わらせとんねんw

例の如く今回も続刊の予定は無く、全ては売れ行きにかかれているそうで。それなら験担ぎで総評を書くのはやめておきましょうかね。

燃:C 萌:A 笑:S- 総:S-

シリーズリンク
賢勇者シコルスキ・ジーライフの大いなる探求 痛 ~愛弟子サヨナと今回はこのくらいで勘弁しといたるわ~(2020/02)

スポンサーリンク









B08P53TDMM
賢勇者シコルスキ・ジーライフの大いなる探求 擦 ~愛弟子サヨナはぷにぷに天国DX仕様~ (電撃文庫)

電撃文庫

Posted by お亀納豆