【ラノベ】王様のプロポーズ1 極彩の魔女【1巻/感想/ネタバレ】

4040740750

著:橘 公司 イラスト:つなこ

「んぴぃぃぃぃッ!?にゃんで……にゃんで私の欲ちい絵がわがっぢゃうにょぉぉぉ━━━━っ!?」

1巻くらいは真面目な台詞をチョイスしようかと思ったがw
ファンタジア文庫2021年9月の新刊。積んでねぇ!どん!
『デート・ア・ライブ アンコール 10巻』からは1年1ヶ月振り。あっ、本出すのそんなに久し振りなのか。

『デート・ア・ライブ』で大ヒットをキメた橘さんが満を持して送る新シリーズがいよいよ始動。
絵師さんもデザインさんも担当さんも『デアラ』と同じとのことで鉄壁の布陣である。

表紙のど真ん中にデカデカと突き刺さった「1」。これ、2巻以降どうすんだよw
シンプルなタイトルは今のご時世、売れっ子作家だからこそ許されるやつだよなぁ。

主人公、玖珂無色(くが・むしき)が一目惚れしたのは世界最高の魔術師、久遠埼彩禍(くおざき・さいか)。
瀕死の重傷を負った自分達を救うため、彩禍は魔術で2人の身体を合体させた。普通の高校生だった筈の無色は魔術師の学園で過ごすことになり……。

世界観としては一般人が知らない裏の世界で魔術師達が世界の滅亡を防いでいるというもの。
魔術の設定はもっと厨二臭いネーミングがほちい……。この程度では物足りないのほぉおおおおおお!!
無色は人畜無害な少年かと思いきや、結構イイ性格してんな?大好きな彩禍さんの身体を好き放題出来るとあって、そりゃあもう……。

お兄ちゃん大好きな妹ちゃんが兄よりも先に超常の世界に足を突っ込んでいるという構図は『デアラ』でもあったやつですね。
今作では折紙要素がフュージョンして、よりやべー奴になっているけども……。

世界が滅ぶ要因というのは最早自然現象のようで、これを全て無くすことは出来なそう。
となるとシリーズを通しての目的は近い未来に訪れることが確定している滅びをどう回避するのかというところになるのかな。

つなこさんのイラストのクオリティも勿論健在。彩禍さんも瑠璃もめっちゃ顔が良い……。
瑠璃に至っては和のエッセンスを混ぜ込んだ制服のデザインが無国籍感あって良き良き。
そんな具合で新作でした。橘さんの作品にしては変態成分が薄めのような気もするが、どうだろう。瑠璃には是非その辺を頑張ってほしいところでもあるが……?

なお、同時発売だった『デート・ア・ライブ マテリアル』2巻はスルーしました。そもそも1巻買ってないので……。

燃:A 萌:A+ 笑:A 総:A

著者リンク
デート・ア・ライブ 十香デッドエンド(2011/03)
デート・ア・ライブ アンコール 10巻(2020/08)
いつか世界を救うために -クオリディア・コード-(2015/07)

スポンサーリンク









4040740750
王様のプロポーズ 極彩の魔女 (ファンタジア文庫)