ソフトカバー

4575245194

著:浅倉 秋成(あきなり)

「インターネトの使い方を教えてくれ」

双葉社ソフトカバー2022年5月刊行物。約3週間の積み。内報で紹介されていたので気になったシリーズ。炎上というワードに引っ掛かりまして。

ソフトカバー

4299024362

著:南原 詠(なんばら・えい) 表紙イラスト:田中 寛崇(ひろたか)

「あなたは特許権と侵害の隙間から現れた奇跡の産物なんです。棚町社長は、その奇跡を守ってくれと我々に依頼したんです」

宝島社2022年1月刊行物。約2ヶ月1週間半の積み。第20回このミステリーがすごい!大賞大賞受賞作。
また社内報で紹介されていたので気になったシリーズです。タイトルの破天荒さとVTuberの特許侵害というネタが気になりまして。

ソフトカバー

4575244066

著:大石 大(だい) 表紙イラスト:カスヤ ナガト

「SMAPって、空気みたいな存在なのかもね。唐川君の言うとおり、当たり前のように存在してるけど、いなくなると途端に苦しくなって、うまく呼吸ができなくなる、みたいな」

双葉社2021年5月刊行物。約2週間半の積み。小説推理に掲載された作品をまとめた連作短編集。
新聞で心理学を使って失恋の理由を解き明かす作品と紹介されていたので気になって買いました。
表紙のオシャンティな雰囲気すこすこ。

ソフトカバー

4047365203

著:野村 美月 イラスト:竹岡 美穂

むすぶは今くらいの高さがちょうどいい……背が伸びたら、本棚の高いところに並んでいる本とも浮気する……なんなら今の半分くらいに縮んでもいい……。

ホビットかな?
2021年2月の新刊。約4週間の積み。8ヶ月振りの新刊。
勝手にソフトカバーの方は1冊きりかと思っていたけど、普通に続刊が登場。表紙フォーマットは1巻と共通ですね。

ソフトカバー

B08QHPS4V4

著:野村 美月 イラスト:ajimita

━━自分が、この上なく素晴らしいと思えるものを、誇りを持って語ることができる。ストーリーテラーとして、これ以上の喜びはありません。

ポプラ社2020年12月のソフトカバー新刊。約3日の積み。

ソフトカバー

4047361828

著:野村 美月 イラスト:竹岡 美穂

ぼくは、書店員で良かった。

書店に生まれて、書店員として生きたことに、じゅうぶんな価値はあったと。

2020年6月の新刊。約3日の積み。長いこと筆を折っていた野村さんが復活して送る新作『むすぶと本。』は文庫とソフトカバーの同時刊行。

ソフトカバー,ファミ通文庫,雑記

シット!雨降ってんじゃん!雨に降られた時の方が記憶に強く残るので、いつも雨に降られているような錯覚に陥るワナ。

ソフトカバー,ファミ通文庫

吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる ~Long Long Engage
著:野村 美月 イラスト:竹岡 美穂

みんな、まぶしかった。
みんな、一途だった。
みんな━━恋をしていた。

2016年2月の新刊。約6ヶ月半週間の積み。シリーズの打ち切りから半年、物語に決着をつけるためのエピソードがソフトカバーという異例の形で登場。
イラストは章扉にだけあります。

刊行形態が変わったのはカテゴリーエラー気味になった内容に相応しい刊行先を編集部に相談したところ、この形に落ち着いたからだそうで。
ただ、この出し方で本来求めている読者層に気付いてもらえるんだろうか……。

語り手は本編の冒頭等でも名前だけが登場していた詩也の娘ミナ。彼女が父へ抱く複雑な想いと共に、本編の第2部で描かれる予定だったエピソードが語られていく。
本来は、本編完結後にボーナス巻として出してフィナーレを飾るつもりだったのかな。

多分、1章毎に文庫1冊使ってやつるもりだったのではなかろうか。ってか、詩也の周囲、吸血鬼の関係者多過ぎィ!

それぞれのエピソードがこれまでの野村さんのシリーズと比べても、かなりハードに感じる。ビターを通り越してるぜ……。
一応、第1部で仕込んであった伏線は一通り回収された模様。いち子女子がダウナーなのって雫に血を吸わせていたからだったのかよw

本編で言われていた待ち受けている哀しみの大きさがデカ過ぎて唖然とした。いずれ寿命で2人は引き離されるんだから、それまでは幸せな家庭を築かせてあげても良かっただろうに……。

これまでの積み重ねの雰囲気から察するに、打ち切りが決まって結末が変わったわけではなさそうなんだよな。最初から、この胸にずしんとクる展開が想定されていたのか……。あー、キツい。

これはかなりラノベのスタンダードからは外れた内容ではあるんだけど、かといってボーダー扱いにするほどとも言い難いんだよなぁ。特定のレーベルからの刊行でもないし……。

総評

そういうわけで永遠に恋し続けるファミ通文庫『吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる』文庫5巻+ソフトカバー1巻の変則構成全6巻、これにて打ち切り完結。足掛け1年9ヶ月か。

やはりラノベでガチの演劇というテーマは扱い難かったか……。野村さんのシリーズの傾向はキャラがある程度で揃ってからが本番という感じがするので、これからってところだったと思うんだけどな。

打ち切りで終わらずに打ち切り完結にしてもらっただけでも有り難いと思わなければいけないんだろうなー。

逆に、ダイジェスト気味に語ってもらって良かったのかもしれん。10巻くらいかけて詩也と綾音さんの恋を丁寧に描いた後で、あのラストをぶっこまれたらショック死してしまう可能性があるしな……。

野村さんは身体的にも精神的にも追い詰められてそうだけど、大丈夫なのかしら……。病気が大分ヤバそうに見えるが……。

燃:C 萌:A 笑:C 総:A

シリーズリンク
吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる⑤(2015/08)