【ボーダー感想】君に恋をするなんて、ありえないはずだった【1巻】

3月 30, 2017 by
Filed under: 宝島社文庫 

君に恋をするなんて、ありえないはずだった (宝島社文庫)

著:筏田 かつら(いかだ) イラスト:U35

「案外二人とも似たもの同士なんじゃないかなって気がするよ、私は」

甘酸っぺぇ!!

宝島社文庫2017年3月の新刊。約1週間半の積み。第4回ネット小説大賞献本を頂きました。有り難うございます。

ネット小説大賞って何ぞやと思ったら、なろうコンの名前が変わったのか。ってか、そもそもなろう小説だったのか。読み終わってから知ったわ……。

web連載時から改題していると書いてあって、元のタイトルとどう違うのかなーって見に行ったら『眼鏡とあまのじゃく ~地味なモブの俺が、なぜか派手なギャルの美少女につきまとわれてる件について~』って完全に別物じゃねーかw

いや、内容からしたら改題後の方が遥かに相応しいんだけど、それにしても変え過ぎだろ……。まずタイトルで目を惹いて読んでもらわないと始まらないというのは理解出来るが……。

地味で冴えない主人公、飯島靖貴(やすき)は、勉強合宿の夜、学年ナンバーワンの美少女である北岡恵麻が困っているところを救ったことで気に入られてしまう。
けれど彼女が話しかけてくるのはいつも学校外だけで、教室の中では知らんぷり。靖貴には恵麻の考えていることがさっぱり理解らなくて……。

も~、俺、こういう話に弱いって知ってるでしょ~。目新しい展開なんて一切無いんだけど、靖貴と恵麻の絶妙な距離感が堪らない。
基本的に靖貴の視点なんだけど、ちょっとだけ恵麻視点のシーンもあってヤキモチ焼く姿が可愛いんだよなぁ、これが。

靖貴は自己評価が低いから、恵麻がそれらしい素振りを見せても好意を感じ取れないんだよなー。おめーのことだよタコ!って思うシーンが何回もあるw

ほれほれ、どっちから告白するんだい?んン?とニヤニヤしながら読んでいたら、まさかのバッドエンドと見せかけて次巻へ続くときたもんだ。

あっぶねー、これが純正ラノベなら露骨な引きで2巻へ続くなんて普通の展開だけど、まさか一般寄りにパッケージングされた本でそんな引きをするとは思わなんだ。
ハイパーバッドエンドかと思って心臓が締め付けられたぜ……。ふざけんな!!って叫んで罵詈雑言を書き連ねるところだったわ……。

なろうを確認したところ、どうやら後1冊分くらいはありそうな模様。まさか続きはwebで、なんて世知辛いこと言いませんよね……?

燃:C 萌:A+ 笑:B- 総:A+

シリーズリンク
君に恋をするなんて、ありえないはずだった そして、卒業(2017/07)

君に恋をするなんて、ありえないはずだった (宝島社文庫)
君に恋をするなんて、ありえないはずだった (宝島社文庫) 筏田 かつら

宝島社 2017-03-25
売り上げランキング : 2894

Amazonで詳しく見るby G-Tools

佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I'll have Sherbet! 1 (ファミ通文庫) ホーンテッド・キャンパス 白い椿と落ちにけり (角川ホラー文庫) RE;SET>学園シミュレーション 1万4327度目のボクは、1度目のキミに恋をする。 (ファンタジア文庫) 突然ですが、お兄ちゃんと結婚しますっ! そうか、布団なら敷いてあるぞ。 (MF文庫J) 中古でも恋がしたい! 9 (GA文庫) ゲーマーズ!7 ゲーマーズと口づけデッドエンド (ファンタジア文庫) 俺を好きなのはお前だけかよ(5) (電撃文庫) ビブリア古書堂の事件手帖スピンオフ こぐちさんと僕のビブリアファイト部活動日誌 (電撃文庫) 賭博師は祈らない (電撃文庫) おにぎりスタッバー (角川スニーカー文庫)

スポンサーリンク



Comments

Tell me what you're thinking...
and oh, if you want a pic to show with your comment, go get a gravatar!