【購入報告】2017年7月ファンタジア文庫とMF文庫Jと漫画新刊とGMの逆襲

結構溜まってましたね。
Read more

【ラノベ感想】エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ 6巻

7月 17, 2017 by · Leave a Comment
Filed under: MF文庫J 

エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ 6 (MF文庫J)

著:東 龍乃助 イラスト:みこと あけみ、汐山 このむ

「十万億土に広がる現実(糞の山)より……私は、あの人のくれた理想(贈り物)がいい!」

2017年4月の新刊。約2ヶ月2週間の積み。5ヶ月振りの新刊。
Read more

【アニメ感想】ようこそ実力至上主義の教室へ 第1話「悪とは何か━━弱さから生ずるすべてのものだ。」

7月 14, 2017 by · Leave a Comment
Filed under: MF文庫J, アニメ 

「お前達は評価ゼロのクズというわけだ」

MF文庫Jの一押しシリーズが順当にアニメ化。原作者の衣笠彰梧さんはシナリオライター畑の人か。
本作の1つ前のラノベシリーズ『小悪魔ティーリと救世主!?』がドラマCDまで作ったのに今一つな結果だったから、リベンジ達成みたいな感じなのかな。
Read more

【ラノベ感想】14歳とイラストレーター 2巻

6月 19, 2017 by · Leave a Comment
Filed under: MF文庫J 

14歳とイラストレーター2 (MF文庫J)

著:むらさき ゆきや イラスト・企画:溝口 ケージ

「仕事を恋愛で比喩すんの、やめよう」

2017年3月の新刊。約2ヶ月3週間の積み。4ヶ月振りの新刊。
おい、早くも表紙から14歳消えてんじゃねぇかw
Read more

【購入報告】2017年5月MF文庫Jと6月講談社ラノベ文庫と漫画新刊

おや、思ったほど溜まっていない……。
Read more

【購入報告】2017年4月MF文庫Jと5月スニーカー文庫と講談社ラノベ文庫と漫画新刊

色々引き取ってきました。
Read more

【購入報告】2017年4月コミカライズと買い逃し新刊

少なめです。ラノベはこの間、買い損ねた、

・俺が好きなのは妹だけど妹じゃない 3巻(ファンタジア文庫)

の計1冊。
MF文庫Jが入ってるだろうと思ってたら、そんなことなかったでござる。ぎゃふん。

コミカライズは、

・僕は友達が少ない 15巻

の計1冊。

スポンサーリンク



【ラノベ感想】ぼくたちのリメイク 十年前に戻ってクリエイターになろう!

3月 28, 2017 by · Leave a Comment
Filed under: MF文庫J 

ぼくたちのリメイク 十年前に戻ってクリエイターになろう! (MF文庫J)

著:木緒 なち イラスト:えれっと

「ぜってえ、なんとかするっっっ!!!」

MF文庫J2017年3月の新刊。約3日の積み。
著者の木緒さんはデザイン畑の人で、そこからシナリオ執筆→ラノベと流れてきた人らしい。
この本の装丁も木緒さん自身が手掛けている模様。そういや他のラノベでも名前を見たことがあるような……?

クリエイターものとして発売前から猛プッシュされていたし、そういうことなら読んでみようかと。
Read more

【購入報告】2017年3月MF文庫Jとコミカライズ新刊

色々買ってきました。ラノベは、

・三千世界の英雄王3 女帝と剣帝
・14歳とイラストレーター 2巻
・ぼくたちのリメイク 十年前に戻ってクリエイターになろう!

の計3冊。

MF文庫Jでは『世界の終わりの世界録』が10巻をもって完結したらしい。あれ、激烈プッシュしてたのにアニメ化しないのか……。

なろう発のHJノベルス『異世界はスマートフォンとともに。』が2017年夏アニメ化決定。製作はプロダクションリード。
発表と共にどさどさ情報を出してきてるな。そんなに人気だったのかしら。

ヒーロー文庫『ナイツ&マジック』のアニメは2017年夏、エイトビット製作にて放送予定。おお、エイトビットか。これはもしかすると小ヒットくらいはするんじゃないか……?
コミカライズは、

・緋弾のアリア ⅩⅤ
・超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 2巻
・この恋に未来はない 1巻
・ゲーマーズ! 1巻

の計4冊。

スポンサーリンク



【ラノベ感想】ゼロの使い魔22 〈ゼロの神話〉【22巻】

3月 13, 2017 by · Leave a Comment
Filed under: MF文庫J 

ゼロの使い魔22 ゼロの神話 (MF文庫J)

著:ヤマグチ ノボル イラスト:兎塚 エイジ

「俺、みんなと出会えてよかった。本当に、ありがとう」

2017年2月の新刊。約1週間半の積み。1年振りの新刊。間が空いたのは単に焦らしただけなのか執筆に時間がかかったのか。
あっ、才人が表紙に出るの初めてなのか。
帯の文言は1巻と合わせてあるらしい。やだ、心憎い……。

さて、いよいよ最終巻。ヴィットーリオ達ロマリアが求める聖地とは才人の故郷である地球のことだった。
ハルケギニアか、地球か。究極の選択を迫られる中、才人とルイズは6000年前の悲劇を繰り返してしまうのか……。
Read more

次ページへ »