【ラノベ感想】ぼくたちのリメイク 十年前に戻ってクリエイターになろう!

3月 28, 2017 by · Leave a Comment
Filed under: MF文庫J 

ぼくたちのリメイク 十年前に戻ってクリエイターになろう! (MF文庫J)

著:木緒 なち イラスト:えれっと

「ぜってえ、なんとかするっっっ!!!」

MF文庫J2017年3月の新刊。約3日の積み。
著者の木緒さんはデザイン畑の人で、そこからシナリオ執筆→ラノベと流れてきた人らしい。
この本の装丁も木緒さん自身が手掛けている模様。そういや他のラノベでも名前を見たことがあるような……?

クリエイターものとして発売前から猛プッシュされていたし、そういうことなら読んでみようかと。
Read more

【購入報告】2017年3月MF文庫Jとコミカライズ新刊

色々買ってきました。ラノベは、

・三千世界の英雄王3 女帝と剣帝
・14歳とイラストレーター 2巻
・ぼくたちのリメイク 十年前に戻ってクリエイターになろう!

の計3冊。

MF文庫Jでは『世界の終わりの世界録』が10巻をもって完結したらしい。あれ、激烈プッシュしてたのにアニメ化しないのか……。

なろう発のHJノベルス『異世界はスマートフォンとともに。』が2017年夏アニメ化決定。製作はプロダクションリード。
発表と共にどさどさ情報を出してきてるな。そんなに人気だったのかしら。

ヒーロー文庫『ナイツ&マジック』のアニメは2017年夏、エイトビット製作にて放送予定。おお、エイトビットか。これはもしかすると小ヒットくらいはするんじゃないか……?
コミカライズは、

・緋弾のアリア ⅩⅤ
・超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 2巻
・この恋に未来はない 1巻
・ゲーマーズ! 1巻

の計4冊。

スポンサーリンク



【ラノベ感想】ゼロの使い魔22 〈ゼロの神話〉【22巻】

3月 13, 2017 by · Leave a Comment
Filed under: MF文庫J 

ゼロの使い魔22 ゼロの神話 (MF文庫J)

著:ヤマグチ ノボル イラスト:兎塚 エイジ

「俺、みんなと出会えてよかった。本当に、ありがとう」

2017年2月の新刊。約1週間半の積み。1年振りの新刊。間が空いたのは単に焦らしただけなのか執筆に時間がかかったのか。
あっ、才人が表紙に出るの初めてなのか。
帯の文言は1巻と合わせてあるらしい。やだ、心憎い……。

さて、いよいよ最終巻。ヴィットーリオ達ロマリアが求める聖地とは才人の故郷である地球のことだった。
ハルケギニアか、地球か。究極の選択を迫られる中、才人とルイズは6000年前の悲劇を繰り返してしまうのか……。
Read more

【購入報告】2017年2月MF文庫Jとメディアワークス文庫と3月講談社ラノベ文庫新刊とビブリア古書堂実写&アニメ映画化

あまり冊数ありません。ラノベは、

・ゼロの使い魔22 〈ゼロの神話〉
・誉められて神軍2 富士帝国への道

の計2冊。

ボーダーは、

・ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~

の計1冊。

『ビブリア古書堂の事件手帖』は完結とほぼ同時に実写とアニメのダブル映画化を発表。実写はドラマの続編なんだろうか。何にしても観に行くつもりないけど(ぉ
アニメ版だけ観に行こうかと思ってる。キャラデザによるけどなー。

【ラノベ感想】異世界ならニートが働くと思った?4 エルフの姫を放置して救世主にします。【4巻】

3月 2, 2017 by · Leave a Comment
Filed under: MF文庫J 

異世界ならニートが働くと思った?4 エルフの姫を放置して救世主にします。 (MF文庫J)

著:刈野 ミカタ イラスト:ねこめたる

「〝ぁあああぁっあぉにゃたのぉおほおっ性癖と性感帯ちゅきにプレイにちゅいぃてぇええエピソードをまじえてへぇええぇ゛情感込めてへぇへええっ話してぇぇ゛くらしゃいぃにゃのぉおほおぉぉっ!!〟」

みさくらなんこつさんの本かな?(著者名を確認しつつ)
2016年11月の新刊。約3ヶ月の積み。5ヶ月振りの新刊。『魔力ゼロの俺には、魔法剣姫最強の学園を支配できない……と思った?』から3ヶ月振り。

表紙はレイジとティファ。こうなると2巻の表紙でレウが出て来たのが逆にバランス悪い状態になってしまっているな。表紙のヒロインは交代制で良かったのでは……。

さて、再びレイジ達の前に現れたレウ。彼女が連れてきた〈幻魔族〉の英雄ファウストの圧倒的な《偉能》の前に成す術がないかと思われたが……。

ティファはすっかりレイジに調教されてしまいましたなぁ。自ら性感帯を触って良いって言うなんて、とんだ淫乱エルフですわ……(ゲス顔)

一堂に会する英雄達。初登場の人もいて、どうにも打ち切り臭が漂う展開か。と思っていたら、あれ、完結しない……だと……?いつから最終巻だと錯覚していた……?え、前巻の後書きで明言してたじゃないですか……。

燃:B+ 萌:A 笑:A- 総:A

シリーズリンク
異世界ならニートが働くと思った?3 エルフの姫を調教して世界最強を倒します。(2016/06)

異世界ならニートが働くと思った?4 エルフの姫を放置して救世主にします。 (MF文庫J)
異世界ならニートが働くと思った?4 エルフの姫を放置して救世主にします。 (MF文庫J) 刈野ミカタ ねこめたる

KADOKAWA 2016-11-25
売り上げランキング : 287070

Amazonで詳しく見るby G-Tools

異世界ならニートが働くと思った? (3) エルフの姫を調教して世界最強を倒します。 (MF文庫J) 異世界ならニートが働くと思った? (2) 魔族の姫を従者にして姫ハーレムを作ります。 (MF文庫J) 異世界迷宮でハーレムを 7 (ヒーロー文庫) 魔力ゼロの俺には、魔法剣姫最強の学園を支配できない……と思った?2 (MF文庫J) 賢者の孫6 英姿颯爽の神使降誕 (ファミ通文庫) 妹さえいればいい。 6 (ガガガ文庫) 新妹魔王の契約者X (角川スニーカー文庫) 空戦魔導士候補生の教官11 (ファンタジア文庫) 魔力ゼロの俺には、魔法剣姫最強の学園を支配できない……と思った? (MF文庫J) 絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで 3 (オーバーラップ文庫)

スポンサーリンク



【ラノベ感想】可愛ければ変態でも好きになってくれますか?

1月 26, 2017 by · Leave a Comment
Filed under: MF文庫J 

可愛ければ変態でも好きになってくれますか? (MF文庫J)

著:花間 燈(はなま・とも) イラスト:sune(すね)

「おっぱいのためにシンデレラを探す王子様は世界中探しても慧輝だけだろうね」

MF文庫J2017年1月の新刊。約1日の積み。『魔術楽譜(グリモワール)の盾』が2巻で打ち切りになった花間さんが1年7ヶ月振りに復活。タイトルが気になったので買いました。

表紙はヒロインの1人である唯花が大胆に制服をはだけているイラスト。これだけでもアレなのに帯を外したら、ぱんつ脱ぎかけてるからな……。完全にアウト。
Read more

【購入報告】2017年1月レッドライジングブックスとMF文庫J新刊

新シリーズを早く読みたかったので、週のど真ん中だけど寄ってきました。ラノベは、

・赤ペン精霊の神剣ゼミでクラス最強の魔法剣士になれました
・可愛ければ変態でも好きになってくれますか?

の計2冊。

メディアワークス文庫では『ちょっと今から仕事やめてくる』が2017/05/27に映画化決定。続編が出続けているわけでもないのに、刊行から大分経ってから映画化するなんて、メディアワークス文庫はすっかり一般寄りのレーベルになったんだな……。
まぁ、昨今の社会情勢もあって、当たると判断されたのかもしれんけど。

スポンサーリンク



【ラノベ感想】緋弾のアリアⅩⅩⅣ 狂逸の同窓会

12月 31, 2016 by · Leave a Comment
Filed under: MF文庫J 

緋弾のアリアXXIV 狂逸の同窓会 (MF文庫J)
著:赤松 中学 イラスト:こぶいち

「ドラゴンボールでいうところの『気』をコントロールしてきた」

最高に格好良い言い訳ですね。
2016年12月の新刊。約2日の積み。4ヶ月振りの新刊。
表紙は前巻のラストで登場した新ヒロイン、ベレッタ。何故、東京武偵校の制服なのか。しかし金髪と太股が眩しいですねぇ。

新ヒロインがいきなり表紙を飾れるなら、前巻の表紙はひばりで良かっただろと思うが、もしかして制服を着ている人縛りなのかしら。
サブタイは「イ・ウー・リユニオン」と読みます。
Read more

【購入報告】2016年12月MF文庫Jと1月HJ文庫とコミカライズと漫画新刊

今年最後の本屋です。ラノベは、

・緋弾のアリアⅩⅩⅣ 狂逸の同窓会
・戦うパン屋と機械じかけの看板娘 <6>

の計2冊。

MF文庫Jでは『盟約のリヴァイアサン』がⅧ巻で完結。アニメ化まで辿り着けなかったか……。

メディアワークス文庫では『日暮旅人』シリーズがいつの間にか連ドラ化。しかも深夜じゃなくて10時枠。
気付けばメディアワークス文庫もしっかりと立ち位置を確立してるんだなー。

コミカライズは、

・仮面ライダークウガ <06>
・いづれ神話の放課後戦争 <1>

の計2冊。

漫画は、

・小5な彼女とオトナの愛 <1>

の計1冊。

スポンサーリンク



僕は友達が少ない <14>

12月 21, 2016 by · Leave a Comment
Filed under: MF文庫J, コミカライズ 

僕は友達が少ない (14) (MFコミックス アライブシリーズ)
作画:いたち 原作:平坂 読 キャラクター原案:ブリキ

「魂ごと打ち砕け!《救世の九星(ナインライブス・ブレイカー)》!!」

2016年7月の新刊。
表紙は夜空メイン。あっ、13巻の表紙と合体するのか。ってか後ろの動物達は何なんだよw

さて、肉のうっかり告白をきっかけとして内部崩壊の始まる隣人部。部室に行き辛くなった小鷹は偶然、誘われた生徒会の手伝いに没頭していくが……。
前巻の予告で書かれていた生徒会と全面激突って内容、1mmも無くて笑う。

小鷹と理科の喧嘩シーンはケレン味のある作画で普通にバトル漫画としても楽しめる……かも?《救世の九星》とかいうネーミングすこ。

一部『天元突破グレンラガン』みたいなタイトルコールがある件。
後書きによると、今後はコミカライズならではの展開もしていこうと思っているらしい。えっ、もう完結が見えてきた、このタイミングでですか?

燃:A 萌:A 笑:A- 総:A

シリーズリンク
僕は友達が少ない <13>(2015/10)

スポンサーリンク



次ページへ »