【ボーダー感想】ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~【7巻】

ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)

著:三上 延 イラスト:越島 はぐ

「もっと自信を持てよ。お前自身の覚悟がすべてなんだ」

2017年2月の新刊。約4日の積み。2年2ヶ月振りの新刊。おいおい、間空き過ぎだろ……。参考文献の量からも執筆が難航したであろうことは想像がつくが、それにしても人々の記憶から消えかねないレベルの空白期間なのでは……。
巻頭には今更、登場人物紹介と家系図が。一足遅かった感が否めない。

さて、最終巻。奇妙な縁に導かれ、対峙することになった劇作家ウィリアム・シェイクスピアの古書と謎多き仕掛け。大輔と栞子さんは、彼女の祖父が遺した因縁に絡みとられていく……。
Read more

【購入報告】2017年2月MF文庫Jとメディアワークス文庫と3月講談社ラノベ文庫新刊とビブリア古書堂実写&アニメ映画化

あまり冊数ありません。ラノベは、

・ゼロの使い魔22 〈ゼロの神話〉
・誉められて神軍2 富士帝国への道

の計2冊。

ボーダーは、

・ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~

の計1冊。

『ビブリア古書堂の事件手帖』は完結とほぼ同時に実写とアニメのダブル映画化を発表。実写はドラマの続編なんだろうか。何にしても観に行くつもりないけど(ぉ
アニメ版だけ観に行こうかと思ってる。キャラデザによるけどなー。

【ボーダー感想】ビブリア古書堂の事件手帖6 ~栞子さんと巡るさだめ~【6巻】

ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)

著:三上 延 イラスト:越島 はぐ

『おめでとう!よかった。今、ラブラブファイヤーね!』

2014年12月の新刊。約2年1ヶ月3週間の積み。11ヶ月振りの新刊。せいぜい半年積んでるくらいの気持ちだった俺です。

さて、今回は2度目の長編。再び太宰作品にスポットが当てられ、古書に魅入られた者達の思惑渦巻く事件に関わる中で、大輔と栞子さんのルーツが浮かび上がってくる。

田中敏雄から持ち込まれた依頼にかかりっきりで、せっかく付き合い始めた2人だけど、デートをする時間も無い。
とか言いながら、事ある毎にイチャついてるじゃないですかー!やだー!栞子さん可愛い。
文香に知られた途端、マッハでご近所に拡散されるの笑うしかない。

いやしかし、欲しい古書を手に入れるためなら人を騙したり傷つけたりすることも厭わない人達が出るわ出るわ。古書業界怖過ぎワロリエンヌ

次は2017年2月に7巻。

燃:C 萌:A+ 笑:A- 総:A

シリーズリンク
ビブリア古書堂の事件手帖5 ~栞子さんと繋がりの時~(2014/01)
ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~(2017/02)

ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)
ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫) 三上 延

KADOKAWA/アスキー・メディアワークス 2014-12-25
売り上げランキング : 3326

Amazonで詳しく見るby G-Tools

ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫) ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫) ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫) ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫) ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫) 栞子さんの本棚 ビブリア古書堂セレクトブック (角川文庫) ビブリア古書堂セレクトブック ブラック・ジャック編 (角川文庫) 珈琲店タレーランの事件簿 4 ブレイクは五種類のフレーバーで (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ) ビブリア古書堂の事件手帖スピンオフ こぐちさんと僕のビブリアファイト部活動日誌 (電撃文庫)

スポンサーリンク



【ボーダー感想】最悪探偵

2月 17, 2017 by · Leave a Comment
Filed under: NOVEL 0 

最悪探偵 (Novel 0)

著:望 公太 イラスト:小玉 有起

「警察も弁護士も、国も法律も、どいつもこいつも犯罪者に甘い。だったら━━探偵(おれ)ぐらいは犯罪者に厳しくてもいいよな」

NOVEL 0の2017年2月の新刊。約1日の積み。GA文庫『異能バトルは日常系のなかで』
でお馴染みの望さんがNOVEL 0に登場。最近、ちょいちょいデビューしたレーベル以外でも書くようになってきたな。

就職活動に失敗した主人公、早乙女桃色(ももいろ)。辛うじて見付けた仕事場は昭和探偵事務所で彼女は、犯人を徹底的に追い詰めることを心情とする探偵、南陽(みなみ・よう)と出会うことに……。
Read more

【購入報告】2017年2月GA文庫とGAノベルとNOVEL 0と講談社文庫新刊

色々買ってきました。ラノベは、

・聖剣使いの禁呪詠唱 19巻
・伊達エルフ政宗 3巻
・神曲奏界ポリフォニカ ジェラス・クリムゾン 〈クリムゾンシリーズ6〉

の計3冊。

ボーダーは、

・最悪探偵

の計1冊。
NOVEL 0では『無法の弁護人』の大規模メディアミックス企画が始動。「動く系」って話だけど……?
売れてないと噂のNOVEL 0、起死回生なるか。

一般は、

・文庫版 旅猫リポート

の計1冊。

スポンサーリンク



【ボーダー感想】ちょっと今から仕事やめてくる

ちょっと今から仕事やめてくる (メディアワークス文庫)

著:北川 恵海

「残された者の気持ち考えたことあるか?なんで助けてあげられなかったって、一生公開しながら生きていく人間の気持ち、考えたことあるか?」

メディアワークス文庫2015年2月の新刊。約1年10ヶ月2週間半の積み。第21回電撃小説大賞メディアワークス文庫賞受賞作品。応募タイトルそのまま。
タイトルが気になって買ったんだったっけかなぁ……。

優先的に読む理由が無く、ダラダラと積んでいたんだが映画化するという話を聞きつけて慌てて消化。
ふらっと書店に行ったら結構良い扱いで陳列されていたし、注目されてるのかーくらいの感覚だったんだが、まさか映画化とは……。

激務で心身共に衰弱した主人公、隆(たかし)は線路に飛び込もうとしたところを「ヤマモト」と名乗る男に助けられた。同級生を自称する彼に何かと助けてもらう隆だが、本物の同級生は海外滞在中ということが判って……。

ヤマモトとの友情を通して、この世からの脱出を何とか踏み止まった隆。でも、これって気の持ちようが変わっただけで、やられっぱなしなのは変わらんのだよなぁ。どうせなら同僚達をぎゃふんと言わせるような展開が欲しかったなか。

誇張して描写されてると思うが、精神的に非常にクるものがある。過労の所為で有り得ないミスをしたってのならまだしも、後輩を潰そうとする先輩とかマジかよ……。五十嵐先輩、ただのクズじゃないですか……。

俺も仕事を辞めざるを得なくなったときは、少なくとも原因になった奴を社会的に殺してから辞めようと固く決意しました。まる。

次は2016年4月に『ヒーローズ(株)!!!』。

燃:B- 萌:C 笑:B- 総:A

第21回電撃小説大賞リンク
運命に愛されてごめんなさい。(金賞、2015/02)

スポンサーリンク



【雑誌感想】ドラゴンマガジン 2017年3月号

ドラゴンマガジン H29年3月号

『冴えない彼女の育てかた』

表紙はポニーテールの加藤か。このタイミングで、その髪型をチョイスするセンスが心憎いですねぇ。

Read more

【アニメ感想】魍魎の匣 最終話「魍魎の匣、あるいは人の事」

1月 26, 2017 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ, 講談社ノベルス 

魍魎の匣 第五巻 [DVD]

「彼は行ってしまったのか━━彼岸に」

いよいよ最終回。魍魎に憑かれた関口先生の取り乱しっぷりが凄い。今までのアバンは先生が少しずつ久保になりつつあったことを示していたわけか。

最後は久保が美作を噛み殺して、事件は幕引きとなるがちょっとどうなってるか判り難かったかなぁ。まぁ、はっきり映しちゃうとヤバい絵面なのは間違いないが……。

やっぱりラストシーンは主題歌流してほしかったよなぁ。普通に通常EDだから、まだ次回がありそうにも見える。

総評

そんなわけで2回見ても面白い講談社ノベルス原作『魍魎の匣』全十三話でした。ただ、あくまでも面白いと思えるのは原作を読んでるからなんだろうなとは思う。原作の記憶を随時思い出しながら脳内補完しているから、ついていけてるだけかもしれん。

作品全体に漂う不気味かつ幻想的な雰囲気は実に良いので、やっぱりシリーズの他のタイトルもアニメ化してほしいんだよなー。そんな気配は微塵も無いが……。
『百鬼夜行』の方をアニメ化しても良いのよ。クッソ鬱になりそうだが。

燃:C 萌:A 笑:C 総:A+

反復リンク
1回目

エピソードリンク
第十二話「脳髄の事」

スポンサーリンク



【購入報告】2017年1月レッドライジングブックスとMF文庫J新刊

新シリーズを早く読みたかったので、週のど真ん中だけど寄ってきました。ラノベは、

・赤ペン精霊の神剣ゼミでクラス最強の魔法剣士になれました
・可愛ければ変態でも好きになってくれますか?

の計2冊。

メディアワークス文庫では『ちょっと今から仕事やめてくる』が2017/05/27に映画化決定。続編が出続けているわけでもないのに、刊行から大分経ってから映画化するなんて、メディアワークス文庫はすっかり一般寄りのレーベルになったんだな……。
まぁ、昨今の社会情勢もあって、当たると判断されたのかもしれんけど。

スポンサーリンク



【アニメ感想】魍魎の匣 第十二話「脳髄の事」

1月 7, 2017 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ, 講談社ノベルス 

魍魎の匣 第五巻 [DVD]

「その扉が開くとき、物語は終わるのです━━」

解決編、本格始動。関係者が一同に集合し、京極堂の憑き物落としが始まる。今回はまだ序の口だが、バラバラだったピースが一気に繋がっていくのがんぎぼぢいぃぃぃぃいいいいい!!ってなりますよね。

些細な嘘や誤解が絶妙に混ざり合って、どんどん事態をややこしいことにしていたのが判ってくるが、これ原作未読の1周目で全部理解出来るだろうか……。にきびの話なんて忘れている人多そう。

燃:B+ 萌:A 笑:C 総:A+

反復リンク
1回目

エピソードリンク
第十一話「魔窟の事」(2回目)
最終話「魍魎の匣、あるいは人の事」(2回目)

 

スポンサーリンク



次ページへ »