【ボーダー】[映]アムリタ 新装版【感想】

10月 21, 2019 by · Leave a Comment
Filed under: メディアワークス文庫 

[映]アムリタ 新装版 (メディアワークス文庫)

著:野﨑 まど イラスト:森井 しづき

「最原さん、何読んでるんです?」
「HUNTER×HUNTERの五十三巻です」
「出てない!」

メディアワークス文庫2019年9月の新刊。約2週間の積み。オリジナル版の刊行からおよそ10年、まさかの新装版一挙刊行スタートである。そりゃ買うっきゃないでしょ。
『バビロン』のアニメスタートに合わせたのかな。

もっと読む

【購入報告】2019年9月メディアワークス文庫と10月ビーンズ文庫とHJ文庫と講談社ラノベ文庫とLINE文庫エッジとコミカライズと漫画新刊

あれ、思ってたのの2.5倍くらいの量がある……。

もっと読む

【購入報告】2019年3月GA文庫とGAノベルとコミカライズと画集新刊と既刊とXVとデジモン

色々買ってきました。

もっと読む

【ボーダー】私が大好きな小説家を殺すまで【感想】

11月 26, 2018 by · Leave a Comment
Filed under: メディアワークス文庫 

私が大好きな小説家を殺すまで (メディアワークス文庫)

著:斜線堂 有紀(しゃせんどう・ゆうき) 表紙イラスト:くっか

「何がいけなかったんですか。私達にどうしろって言うんですか」

メディアワークス文庫2018年10月の新刊。約4日の積み。『キネマ探偵カレイドミステリー』3巻からは1年8ヶ月振り。
折込チラシでタイトルを見た瞬間にビビッときて購入。

もっと読む

【購入報告】2018年10月メディアワークス文庫と11月電撃文庫とGA文庫とGAノベルとガガガ文庫とファンタジア文庫と関連本とコミカライズと漫画新刊とガンダム40周年

早く読みたいものがあったので変なタイミングで行ってきました。
もっと読む

【ボーダー】ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~【8巻/感想】

10月 10, 2018 by · Leave a Comment
Filed under: メディアワークス文庫 

ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~ (メディアワークス文庫)

著:三上 延 イラスト:越島 はぐ

「面白いって感じるのは同じでも、自分一人で読んでいたい本と、他人に薦めたくなる本の二種類があると思うんだよな」

2018年9月の新刊。約5日の積み。1年7ヶ月振りの新刊。
本編最終巻の後書きで出すみたいなことを言っていた番外編が実写映画公開を間近に控えて、ようやく発売。

もっと読む

【購入報告】2017年11月関連本

献本を頂きました。有り難うございます。
もっと読む

【ボーダー感想】ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~【7巻】

ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)

著:三上 延 イラスト:越島 はぐ

「もっと自信を持てよ。お前自身の覚悟がすべてなんだ」

2017年2月の新刊。約4日の積み。2年2ヶ月振りの新刊。おいおい、間空き過ぎだろ……。参考文献の量からも執筆が難航したであろうことは想像がつくが、それにしても人々の記憶から消えかねないレベルの空白期間なのでは……。
巻頭には今更、登場人物紹介と家系図が。一足遅かった感が否めない。

さて、最終巻。奇妙な縁に導かれ、対峙することになった劇作家ウィリアム・シェイクスピアの古書と謎多き仕掛け。大輔と栞子さんは、彼女の祖父が遺した因縁に絡みとられていく……。
もっと読む

【購入報告】2017年2月MF文庫Jとメディアワークス文庫と3月講談社ラノベ文庫新刊とビブリア古書堂実写&アニメ映画化

あまり冊数ありません。ラノベは、

・ゼロの使い魔22 〈ゼロの神話〉
・誉められて神軍2 富士帝国への道

の計2冊。

ボーダーは、

・ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~

の計1冊。

『ビブリア古書堂の事件手帖』は完結とほぼ同時に実写とアニメのダブル映画化を発表。実写はドラマの続編なんだろうか。何にしても観に行くつもりないけど(ぉ
アニメ版だけ観に行こうかと思ってる。キャラデザによるけどなー。

【ボーダー感想】ビブリア古書堂の事件手帖6 ~栞子さんと巡るさだめ~【6巻】

ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)

著:三上 延 イラスト:越島 はぐ

『おめでとう!よかった。今、ラブラブファイヤーね!』

2014年12月の新刊。約2年1ヶ月3週間の積み。11ヶ月振りの新刊。せいぜい半年積んでるくらいの気持ちだった俺です。

さて、今回は2度目の長編。再び太宰作品にスポットが当てられ、古書に魅入られた者達の思惑渦巻く事件に関わる中で、大輔と栞子さんのルーツが浮かび上がってくる。

田中敏雄から持ち込まれた依頼にかかりっきりで、せっかく付き合い始めた2人だけど、デートをする時間も無い。
とか言いながら、事ある毎にイチャついてるじゃないですかー!やだー!栞子さん可愛い。
文香に知られた途端、マッハでご近所に拡散されるの笑うしかない。

いやしかし、欲しい古書を手に入れるためなら人を騙したり傷つけたりすることも厭わない人達が出るわ出るわ。古書業界怖過ぎワロリエンヌ

次は2017年2月に7巻。

燃:C 萌:A+ 笑:A- 総:A

シリーズリンク
ビブリア古書堂の事件手帖5 ~栞子さんと繋がりの時~(2014/01)
ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~(2017/02)

ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)
ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫) 三上 延

KADOKAWA/アスキー・メディアワークス 2014-12-25
売り上げランキング : 3326

Amazonで詳しく見るby G-Tools

ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫) ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫) ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫) ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫) ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫) 栞子さんの本棚 ビブリア古書堂セレクトブック (角川文庫) ビブリア古書堂セレクトブック ブラック・ジャック編 (角川文庫) 珈琲店タレーランの事件簿 4 ブレイクは五種類のフレーバーで (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ) ビブリア古書堂の事件手帖スピンオフ こぐちさんと僕のビブリアファイト部活動日誌 (電撃文庫)

スポンサーリンク



次ページへ »