吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる ~Long Long Engage

吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる ~Long Long Engage
著:野村 美月 イラスト:竹岡 美穂

みんな、まぶしかった。
みんな、一途だった。
みんな━━恋をしていた。

2016年2月の新刊。約6ヶ月半週間の積み。シリーズの打ち切りから半年、物語に決着をつけるためのエピソードがソフトカバーという異例の形で登場。
イラストは章扉にだけあります。

刊行形態が変わったのはカテゴリーエラー気味になった内容に相応しい刊行先を編集部に相談したところ、この形に落ち着いたからだそうで。
ただ、この出し方で本来求めている読者層に気付いてもらえるんだろうか……。

語り手は本編の冒頭等でも名前だけが登場していた詩也の娘ミナ。彼女が父へ抱く複雑な想いと共に、本編の第2部で描かれる予定だったエピソードが語られていく。
本来は、本編完結後にボーナス巻として出してフィナーレを飾るつもりだったのかな。

多分、1章毎に文庫1冊使ってやつるもりだったのではなかろうか。ってか、詩也の周囲、吸血鬼の関係者多過ぎィ!

それぞれのエピソードがこれまでの野村さんのシリーズと比べても、かなりハードに感じる。ビターを通り越してるぜ……。
一応、第1部で仕込んであった伏線は一通り回収された模様。いち子女子がダウナーなのって雫に血を吸わせていたからだったのかよw

本編で言われていた待ち受けている哀しみの大きさがデカ過ぎて唖然とした。いずれ寿命で2人は引き離されるんだから、それまでは幸せな家庭を築かせてあげても良かっただろうに……。

これまでの積み重ねの雰囲気から察するに、打ち切りが決まって結末が変わったわけではなさそうなんだよな。最初から、この胸にずしんとクる展開が想定されていたのか……。あー、キツい。

これはかなりラノベのスタンダードからは外れた内容ではあるんだけど、かといってボーダー扱いにするほどとも言い難いんだよなぁ。特定のレーベルからの刊行でもないし……。

総評

そういうわけで永遠に恋し続けるファミ通文庫『吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる』文庫5巻+ソフトカバー1巻の変則構成全6巻、これにて打ち切り完結。足掛け1年9ヶ月か。

やはりラノベでガチの演劇というテーマは扱い難かったか……。野村さんのシリーズの傾向はキャラがある程度で揃ってからが本番という感じがするので、これからってところだったと思うんだけどな。

打ち切りで終わらずに打ち切り完結にしてもらっただけでも有り難いと思わなければいけないんだろうなー。

逆に、ダイジェスト気味に語ってもらって良かったのかもしれん。10巻くらいかけて詩也と綾音さんの恋を丁寧に描いた後で、あのラストをぶっこまれたらショック死してしまう可能性があるしな……。

野村さんは身体的にも精神的にも追い詰められてそうだけど、大丈夫なのかしら……。病気が大分ヤバそうに見えるが……。

燃:C 萌:A 笑:C 総:A

シリーズリンク
吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる⑤(2015/08)

ドラゴンズ・ウィル 完全版

9月 23, 2013 by · Leave a Comment
Filed under: ソフトカバー 

ドラゴンズ・ウィル 完全版 (単行本)
著:榊 一郎

「僕は、僕はただ……」
「最近よく育ってきたお前のお尻に、存分に頬擦りしたかっただけなんだああーっ!」

2013年9月の新刊。約2日の積み。
現行シリーズ『棺姫のチャイカ』アニメ化ということで、榊さんのデビュー作が、約16年の時を超え、文庫未収録短編を加えた完全版としてソフトカバーで刊行。
イラストはオミットされています。
オリジナル版も読んだことあるけど、殆ど内容憶えてないよ!やったー!

Style-F復活!これで勝つる!と思ったら、そんなロゴはどこにも入っていなかったでござる。
最早、あのレーベルは富士見書房としても黒歴史なのかw

英雄の証である破竜剣を手に入れた兄に代わって竜を倒すべく、竜が潜むと言われる森に足を踏み入れる少女エチカ。彼女が出会ったのは心優しい菜食主義の竜スピノザで……。

エチカとスピノザの交流がハートフルなんだけど、やがて国家レベルの陰謀によって暗雲が立ち込めていく。
切なさ無しのハートフル展開のまま終わっても良かったと思わないでもないが……。

イラストが無くなったことで、逆に雌の竜アタラクシアが可愛くなってる件。
また、この時点で「ペトラルカ」なんて固有名詞が既に出ていた件。お気に入りの名前なのか、講談社ラノベ文庫『アウトブレイク・カンパニー』で再利用されているわけで。

刊行にあたって、文体の加筆修正なんかをやっているのかと思ったら、別段そういうわけでもないみたい。
ってことは、榊さんってデビュー当初から今の文体が殆ど出来あがってたんだな

巻末にはドラマガ増刊号に掲載された短編『ドラゴンズ・ウィルNEXT SOULS IN THE MIRROR 魂の双生児』を収録。

この短編は文庫の販促用に書き下ろされたものかと思ってたんだけど、雑誌掲載時期は文庫が刊行されて暫く経ってからだったんだな。
まさか読めるようになるとは思っていなかったから、これは嬉しい。

実際、文庫の販促というよりは、文庫を読んだ人向けのサービス的後日談って感じだしなぁ。
アタラクシアは、ちゃっかりスピノザの子種を貰ってたのかよw
これはこれでシリーズ化出来そうだな。

っつーわけで、今読んでも十分面白い『ドラゴンズ・ウィル』でした。よし、この勢いで『スクラップド・プリンセス』も新装版出そうぜ!

燃:B+ 萌:A 笑:B 総:A

著者リンク
ザ・ジャグルⅠ 汝と共に平和のあらんことを(ハヤカワ文庫JA、2010/01)
ミカヅチ(MF文庫J、2010/02)
棺姫のチャイカⅠ(ファンタジア文庫、2010/12)
ダブルバインド 黄昏に獣は踊る(C★NOVELSファンタジア、2011/09)
その男、魔法使い“A” <1>(ファミ通文庫、2011/11)
アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者 <1>(講談社ラノベ文庫、2011/12)
タタリ・ブレイカー弑子(HJ文庫、2012/04)
神曲奏界ポリフォニカ エイフォニック・ソングバード(GA文庫、2012/05)
アーク・ブラッド A.D.5000のアダム(C★NOVELSファンタジア、2012/09)
フェアリィフィールド 妖精戦陣(朝日ノベルズ、2012/11)
茉建寺エリノアの非主流科学研究室(ファミ通文庫、2012/12)
仮想天使は魔術を詠う(スマッシュ文庫、2013/03)
蒼穹騎士 -ボーダー・フリークス-(ハヤカワ文庫JA、2013/06)
機関鬼神アカツキ <1>(ファミ通文庫、2013/12)
神鎧猟機ブリガンド(ダッシュエックス文庫、2014/11)
熾天使空域 銀翼少女達の戦争(C★NOVELSファンタジア、2015/03)
蒼鋼の冒涜者(HJ文庫、2015/05)
カタナなでしこ(講談社タイガ、2016/01)
ウィッチ・アームス 魔法少女は素敵なお仕事(ダッシュエックス文庫、2016/06)
永き聖戦の後に ストレイ・シープ(スニーカー文庫、2016/11)
パラミリタリ・カンパニー 萌える侵略者 1巻(講談社ラノベ文庫、2017/05)

2013年9月スマッシュ文庫とガガガ文庫とファンタジア文庫とMF文庫Jとオーバーラップ文庫とソフトカバー新刊と既刊

色々買ってきました。

・つきたま③ 公務員でも世界を救えます
・高校受験に必要な数学21分野が全部学べるスタディ・ノベル -天剣少女の方程式-
・高校受験に必要な英単語1200が全部学べるスタディ・ノベル -彼女は白紙の単語帳-
・高校受験に必要な漢字1607字が全部学べるスタディ・ノベル -コトのハのカタチ-
・鋼殻のレギオス25 アンド・ゼン・アフター・ザット
・デート・ア・ライブ08 七罪サーチ
・機巧少女は傷つかない12 Facing “Master’s Doll”
・今日も脱いでよ!二階堂さん!

の計8冊。
ガガガ文庫では、今月のラインナップがカテゴリーエラー過ぎるだろw
ガ報の一覧がえらい絵面になっとる……。

『下ネタという概念が存在しない退屈な世界』がコミックブレイドにてコミカライズ連載決定。
作画は柚木N´さんって成コミ作家じゃねーかwwwwww
漫画界に「下ネタ」挿入開始!!じゃねーよw

ファンタジア文庫の話はドラマガを読んだときに。

MF文庫Jは、相変わらず新シリーズが殆ど一緒に見える。美少女バトルアクション多過ぎやないか……。
『剣神の継承者』はイメージソング制作決定だそうな。

ボーダーではアニメが良かったので、

・あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 上(MF文庫ダ・ヴィンチ)
・あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 下(MF文庫ダ・ヴィンチ)

の計2冊。
ソフトカバーは、

・ドラゴンズ・ウィル 完全版

の計1冊。

どうせ私は狐の子

7月 28, 2013 by · Leave a Comment
Filed under: ソフトカバー 

どうせ私は狐の子
著:森田 季節 イラスト:藤ちょこ

「苦しいのはわかりますよ。でも、そんなに苦しそうな顔をするのは不合格です。悩んでいるのはあなただけではないんですから。自分のつらさだけを表に出す人は、みんな尻ごみして近づかなくなってしまうんです。助けてほしい時ほど、笑いなさい。多少無理をしたっていいですから。幸せはいつだって笑顔のあとからついてくるものなのですよ」

2013年2月の新刊。約5ヶ月1週間の積み。
TOブックスが刊行しているソフトカバー。特定のレーベルではないみたいだな。ウチのブログとしては、ボーダーの扱いかな。
森田さんの本となれば、取り敢えず買わないとなぁ。

イラストの藤ちょこさんは、ガガガ文庫『猫にはなれないご職業』や電撃文庫『ミス・ファーブルの蟲ノ荒園』なんかの挿絵を描いてる人か。

さて、舞台が現代の京都。また京都か!京都好きだな、森田さん。
小学生の主人公、樟葉は、ある日突然、自分が人間ではないという感覚に襲われる。時を同じくして失踪した母、紫乃。
母の行方を追いながら、樟葉が自分が人なのか狐なのか迷っていくことに……。

イラストは表紙と口絵ピンナップのみ。ピンナップといっても、表紙イラストと同じなので、実質イラストは1枚しかない。

母、紫乃は人間なのか、それとも人間の父が化かされた狐なのか。結論な、なかなか出ないまま物語は進む。

表紙に描かれているのは、樟葉と彼女を導いてくれる不思議な少女、荊。小学生相手に敬語の女子高生とか、そこはかとなく萌えるけど、出番あんまり無いんだよな……。何故、表紙に出たし、というレベル。

喋る狐も登場し、不思議な世界観に突入していきながらも、終盤では、まさかの犯人当て展開に。
おいおい、何だか富士ミスっぽいじゃねーか……。

曖昧なまま終了するのが嫌いじゃなくて、かつ、京都の具体的な地名とか出て来るとテンションの上がる人は読んでみても良いんじゃね?

燃:C 萌:B+ 笑:C 総:A-

著者リンク
桜木メルトの恋禁術(MF文庫J、2009/09)
不堕落なルイシュ(MF文庫J、2010/06)
ともだち同盟(ハードカバー、2010/06)
不動カリンは一切動ぜず(ハヤカワ文庫JA、2010/09)
お前のご奉仕はその程度か?(GA文庫、2011/07)
エトランゼのすべて(星海社FICTIONS、2011/10)
神聖魔法は漆黒の漆原さん(MF文庫J、2012/01)
落涙戦争(ソフトカバー、2012/03)
ノートより安い恋(yhNOVELS、2012/03)
デキる神になりますん(ファミ通文庫、2012/03)
小説 いまいち萌えない娘(ソフトカバー、2012/09)
魔女の絶対道徳(ファミ通文庫、2012/11)
つきたま ※ぷにぷにしています(ガガガ文庫、2012/12)
ウタカイ(yhNOVELS、2013/01)
クラスメイト・コレクション -僕のクラスは生徒がいない-(GA文庫、2013/05)
烈風の魔札使と召喚戦争 <1>(オーバーラップ文庫、2013/08)
不戦無敵の影殺師(ガガガ文庫、2014/03)
アルケミストの終焉創造術(GA文庫、2014/04)
セントレイン戦記1 ~七戦姫と禁忌の魔剣士~(オーバーラップ文庫、2014/11)
封神演戯(ダッシュエックス文庫、2015/05)
伊達エルフ政宗(GA文庫、2016/04)
てらめぐりぶ?(ホワイトブックス、2016/04)
異世界作家生活 女騎士さんと始める ものかきスローライフ(ダッシュエックス文庫、2016/05)
チートな飼い猫のおかげでレベルアップ。 さらに獣人にして、いちゃらぶします。(GAノベル、2016/11)
スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました(GAノベル、2017/01)
赤ペン精霊の神剣ゼミでクラス最強の魔法剣士になれました(レッドライジングブックス、2017/01)

ライトノベルは好きですか? ようこそ!ラノベ研究会

4月 21, 2013 by · Leave a Comment
Filed under: ソフトカバー 

ライトノベルは好きですか?― ようこそ! ラノベ研究会

著:大橋 崇行 イラスト:和遥 キナ

「山口さんはさしずめ、主人公の男の子にときどき絡んでくる、影の薄い可哀想なサブキャラですね」
「もしかして、山口さんの全存在を否定してる!?」
「そんなことはありません。ただ、どんなにがんばっても、川上稔さんの『終わりのクロニクル』に出てくるダン・原川の位置にすらたどりつけないでしょうね」

雷鳥社2013年4月の新刊。約1日の積み。
青弓社の『ライトノベル研究序説』の母体となった大学が発端となって刊行された、ラノベ研究小説。
偶然、Twitterで誰かが、こんなん出るよーと紹介していたので、つい買ってしまいました。

著者は文学研究者の大橋さん。スマッシュ文庫『妹がスーパー戦隊に就職しました』とか書いてたな。
イラストはHJ文庫『インテリぶる推理少女とハメたいせんせい -In terrible silly show, Jawed at hermitlike SENSEI』の和遥キナさんか。

帯に「主人公がラノベを書くラノベに飽きた」とか書いてあるんだけど、飽きるほど出てねーだろw

要は、一時やたらと刊行されたラノベ研究本を小説の体裁でやっちゃおうぜ!というもの。
ソフトカバーなので、表紙と口絵くらいにしかイラスト無いかなーと思ったけど、普通に挿絵もあります。
黒髪ストレートはジャスティス。

基本的には、登場人物達がラノベの発端やらカテゴリ訳やらを喧々諤々するというアレ。ページの下1/4くらいが注釈ページとなっていて、取り上げられた作品がごくごく簡単に紹介されている。
扱われているのは大体がメジャーどころ。たまにマニアックなタイトルが出たりもするけど。
こwwwwwwwれwwwwwwはwwwwwwというレベルのものは無かったかなぁ。

興味深かったのは、少女小説をラノベとして扱うべきかという話。確かに成り立ちからすると、全然別のカテゴリなんだろうけど、ウチのブログの場合、そうすると少女小説用のカテゴリを用意しないといけなくなるんだけど、それもなんだかなぁと。
それに、ビーンズ文庫やB’s-LOG文庫とか一迅社文庫アイリスとかは、どうなるんだろうな……。

出だしは悪くなかったんだけど、結局、小説を書きたいのか、ラノベの研究を書きたいのか、よく理解らんオチだったなぁ。
どっちも中途半端っつーか何つーか。続刊前提なら、また話は変わってくるんだろうけど、売上次第みたいだし……。

コンセプト自体は面白かったし、ヒロイン若菜の毒舌はエグくて楽しかったし、そこまで悪くはないと思う。まぁ、続刊出たら買うかどうか考えちゃうけど。

燃:C 萌:A 笑:B+ 総:A-

イラストリンク
インテリぶる推理少女とハメたいせんせい -In terrible silly show, Jawed at hermitlike SENSEI(HJ文庫、2013/03)

2013年4月ファンタジア文庫とソフトカバー新刊

予約物を引き取りに。ラノベは、

・這いよれ!ニャル子さん <11>
・のうりん <6>
・BIG-4 5.ぼくの名前は山田。気づいたら四天王が好きになっていました。
・スカイ・ワールド #04

の計4冊。
ボーダーは、

・ライトノベルは好きですか? ようこそ!ラノベ研究会

の計1冊。

小説 いまいち萌えない娘

小説 いまいち萌えない娘
著:森田 季節 企画協力:神戸新聞社 イラスト:朝霧 ひろ

「話は聴かせてもらった。どーも森田季節です」

神戸新聞総合出版センター2012年9月の新刊。約4ヶ月の積み。
神戸新聞社がアルバイトの募集を行った際に、募集要項に描いたイラストから生まれた萌えキャラが何故かノベライズ。
タイトルの「娘」は「こ」と読みます。

いまいち萌えない娘には興味無かったけど、森田さんがノベライズを担当するならスルー出来る筈もなく。どうも神戸出身だかららしい。
気付いて、すぐ買ったけど、初版買い逃した……orz
え、これ重版かかるような本なのか……。
カテゴリーはボーダーかな。

内容は、ノンフィクション気味のいまいち萌えない娘の誕生秘話に始まり、そこから、いまいち萌えない娘のコスプレをすることになったバイト少女いまいちちゃんの奮闘、謎の昔話へと展開していく。

一筋縄でいかない内容なのは、やはり森田さんといったところか。途中には何故か漫画パートがあったりする。どういう構成だw

あれ、いまいちちゃん、普通に可愛くね?募集要項のイラスト単体ではアレでも、中身のあるキャラクターになれば萌えることは可能ってことか。

燃:C 萌:A- 笑:B 総:B+

著者リンク
桜木メルトの恋禁術(MF文庫J、2009/09)
不堕落なルイシュ(MF文庫J、2010/06)
ともだち同盟(ハードカバー、2010/06)
不動カリンは一切動ぜず(ハヤカワ文庫JA、2010/09)
お前のご奉仕はその程度か?(GA文庫、2011/07)
エトランゼのすべて(星海社FICTIONS、2011/10)
神聖魔法は漆黒の漆原さん(MF文庫J、2012/01)
落涙戦争(ソフトカバー、2012/03)
ノートより安い恋(yhNOVELS、2012/03)
デキる神になりますん(ファミ通文庫、2012/03)
魔女の絶対道徳(2012/11)
つきたま ※ぷにぷにしています(ガガガ文庫、2012/12)
ウタカイ(yhNOVELS、2013/01)
どうせ私は狐の子(TOブックスソフトカバー、2013/02)
クラスメイト・コレクション -僕のクラスは生徒がいない-(GA文庫、2013/05)
烈風の魔札使と召喚戦争 <1>(オーバーラップ文庫、2013/08)
不戦無敵の影殺師(ガガガ文庫、2014/03)
アルケミストの終焉創造術(GA文庫、2014/04)
セントレイン戦記1 ~七戦姫と禁忌の魔剣士~(オーバーラップ文庫、2014/11)
封神演戯(ダッシュエックス文庫、2015/05)
伊達エルフ政宗(GA文庫、2016/04)
てらめぐりぶ?(ホワイトブックス、2016/04)
異世界作家生活 女騎士さんと始める ものかきスローライフ(ダッシュエックス文庫、2016/05)
チートな飼い猫のおかげでレベルアップ。 さらに獣人にして、いちゃらぶします。(GAノベル、2016/11)
スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました(GAノベル、2017/01)
赤ペン精霊の神剣ゼミでクラス最強の魔法剣士になれました(レッドライジングブックス、2017/01)

2013年2月ガガガ文庫とファンタジア文庫とMF文庫Jとスーパーダッシュ文庫とメディアワークス文庫とソフトカバーとコミカライズ新刊と同梱版

色々買ってきました。ブツは、

・脱衣伝
・甘城ブリリアントパーク #01
・鋼殻のレギオス23 ライク・ア・ストーム
・おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ!
・デーゲンメイデン 3.後楽園、破砕
・冠絶の姫王と召喚騎士Ⅱ
・フロムエース2 可憐すぎる幼馴染みとホテルに行くんだけど、何か質問ある?
・僕は友達が少ない ゆにばーす <2>
・森羅万象を統べる者 〝閉じた小部屋〟 上
・パパのいうことを聞きなさい! <12>(通常版)

の計10冊。
ファンタジアでは、『オタリア』がドラマCD化決定。よしよし、着実にアニメ化へ向けて進んでるな。
『GENEZ』は完結っぽいな。

MFでは、『初体験にオススメな彼女』が6巻をもって完結。コミカライズくらいはするとか思ったが……。

スーパーダッシュでは、『パイコキ』13巻にOVAが付くそうで。もしかして2期来ちゃったりするの?
ボーダーは、

・ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~

の計1冊。
ソフトカバーは、

・どうせ私は狐の子

の計1冊。
コミカライズは、

・精霊使いの剣舞 <1>
・パパのいうことを聞きなさい! -空色の響き- <2>

の計2冊。


『スーパーロボット大戦UX』のPV第2弾が公開されましたね。見たら、テンション上がっちゃって、え?3DSLL同梱版があるだって?どうせ、『ポケモンXY』までには用意しないといけないし買っちゃうか!と思って、アマゾンクリックしてしまったわ。まぁ、年内にプレイ出来るかも怪しいんだけどな。

2012年10月スーパーダッシュ文庫とソフトカバーとコミカライズと漫画新刊

予約していたブツやら何やらを引き取ってきました。ラノベは、

・詠う少女の創楽譜 <5>
・失敗禁止! 彼女のヒミツはもらさない!
・パパのいうことを聞きなさい! <11>

の計3冊。
スーパーダッシュでは、『パイコキ』の12巻がドラマCD付き限定版ありらしい。映像化していないシリーズの音声化はともかく、既にアニメ化してる作品のドラマCDは、あんまり興味を引かれないな……。
ボーダーは、

・小説 いまいち萌えない娘

の計1冊。
コミカライズは、

・ポケットモンスターSPECIAL <42>
・変態王子と笑わない猫 <3>
・おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! <1>
・とある科学の超電磁砲 <8>
・狼と香辛料 <Ⅷ>
・ソードアート・オンライン フェアリィ・ダンス <001>
・魔法科高校の優等生 <1>

の計7冊。
漫画は、

・天体戦士サンレッド <16>
・ONE PIECE 巻六十八 “海賊同盟”

の計2冊。

落涙戦争

7月 7, 2012 by · Leave a Comment
Filed under: ソフトカバー 

落涙戦争
著:森田 季節 イラスト:深山 フギン

「僕はいつだって笑う。死のうとする誰かの前でも。その人を幸せにするために、笑う。それだけが僕の存在意義だ」

2012年3月の新刊。MF文庫Jでデビューして以来、様々なレーベルを渡り歩く森田季節さんが講談社のソフトカバーで登場。

舞台は京都。帯にも書いてある。何故京都を舞台にしたのかは謎。まぁ、京都を舞台にしとくと多少なりとも売り上げが上がりそうな気はする。

さて、どうしても泣くことの出来ない、年がら年中笑顔の青年、阿弥陀寺翔太(あみだじ)は恋人に振られて落ち込んでいた。
そこへ翔太を泣かせると宣言する泣かせ屋を名乗る少女ホトトギスが現れて……といういお話。

イカレたネーミングと、どういう設定やねんと言いたくなる世界観。ああ、いつも通りの森田さんだーという感じで。
泣かせ屋絡みの話は『不堕落なルイシュ』を読んだときの感覚に近いか。

中盤までは淡々と話が進む印象なんだけど、そこを過ぎてからは妙に話が二転三転するというか。
段々、何回引っ繰り返すねんという気分になってきました。
かと思えば、ラストは不思議とアッサリしてるんだよなー。

別段、これといって面白いってわけでもないんだけど、何だか森田さんの本って出ると買っちゃうんだよなぁ。

燃:C 萌:C 笑:C 総:B+

著者リンク
桜木メルトの恋禁術(MF文庫J、2009/09)
不堕落なルイシュ(MF文庫J、2010/06)
不堕落なルイシュ <2>(2010/10)
ともだち同盟(ハードカバー、2010/06)
不動カリンは一切動ぜず(ハヤカワ文庫JA、2010/09)
お前のご奉仕はその程度か?(GA文庫、2011/07)
エトランゼのすべて(星海社FICTIONS、2011/10)
神聖魔法は漆黒の漆原さん(MF文庫J、2012/01)
ノートより安い恋(yhNOVELS、2012/03)
デキる神になりますん(ファミ通文庫、2012/03)
小説 いまいち萌えない娘(ソフトカバー、2012/09)
魔女の絶対道徳(2012/11)
つきたま ※ぷにぷにしています(ガガガ文庫、2012/12)
ウタカイ(yhNOVELS、2013/01)
どうせ私は狐の子(TOブックスソフトカバー、2013/02)
クラスメイト・コレクション -僕のクラスは生徒がいない-(GA文庫、2013/05)
烈風の魔札使と召喚戦争 <1>(オーバーラップ文庫、2013/08)
不戦無敵の影殺師(ガガガ文庫、2014/03)
アルケミストの終焉創造術(GA文庫、2014/04)
セントレイン戦記1 ~七戦姫と禁忌の魔剣士~(オーバーラップ文庫、2014/11)
封神演戯(ダッシュエックス文庫、2015/05)
伊達エルフ政宗(GA文庫、2016/04)
てらめぐりぶ?(ホワイトブックス、2016/04)
異世界作家生活 女騎士さんと始める ものかきスローライフ(ダッシュエックス文庫、2016/05)
チートな飼い猫のおかげでレベルアップ。 さらに獣人にして、いちゃらぶします。(GAノベル、2016/11)
スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました(GAノベル、2017/01)
赤ペン精霊の神剣ゼミでクラス最強の魔法剣士になれました(レッドライジングブックス、2017/01)

次ページへ »