【ラノベ】探偵はもう、死んでいる。【感想】

11月 25, 2019 by
Filed under: MF文庫J 

探偵はもう、死んでいる。 (MF文庫J)

著:二語 十(にご・じゅう) イラスト:うみぼうず

「━━そんな正しさなら、いらないな」

МF文庫J2019年11月の新刊。
第15回МF文庫Jライトノベル新人賞最優秀賞受賞作品。特設サイトに推薦コメントを書かせていただきました。

巻き込まれ体質の主人公、君塚君彦はかつて名探偵の助手として様々な事件を解決し、そして彼女と死に別れた。
そんな彼の前に依頼をしたいと言う少女が現れて……。

ヒロインの死が語られる導入は一体何が始まるんです?と期待させる作り。
これは……。一体どういうジャンルに括れば良いのか。サスペンス辺りかなぁ。ミステリとも異能バトルともラブコメともとれて、だらかこそ全く先が読めない。どこかにトリックが仕込んであるんじゃないかと疑いながら読んでしまう……。

人造人間との戦いなんて言うと、仮面ライダーみを感じずにはいられない。こちらは普通に拳銃で戦うんだけれども。
シエスタと夏凪の表裏一体の関係性は切なさを掻き立ててきますねー。シエスタとは本当にお別れというわけでもないんだろうが……。

一方、デザイン的にはシャーロットを推していきたい所存。口絵のおっぱいアピール、えっち過ぎでは?

君彦の巻き込まれ体質は単純にそういうものです、ということなんだろうかね。何か裏がありそうにも感じるけれども。
そんな具合で新作でした。2巻以降、どう話が転がるかでどういうジャンルにカテゴライズされるかが変わってくると思うので、そこが楽しみですねー。

燃:C+ 萌:A+ 笑:A- 総:A

MF文庫Jライトノベル新人賞最優秀賞リンク
まよチキ!(第5回、2009/11)
変態王子と笑わない猫。(第6会、2010/10)

スポンサーリンク









探偵はもう、死んでいる。 (MF文庫J)
二語十
KADOKAWA (2019-11-25)
売り上げランキング: 754

Comments

Tell me what you're thinking...
and oh, if you want a pic to show with your comment, go get a gravatar!