角川ビーンズ文庫

B06XWN3M6Y

著:結城 光流 イラスト:伊東 七つ生

もしこれが夢でないなら。
もう、目覚めなどいらない。

2017年4月の新刊。約3年5ヶ月4週間の積み。5ヶ月振りの新刊。通算51冊目にして厳霊編第2巻。
表紙の構図からもう辛い。「背」を「そびら」と読むサブタイも悲惨でなぁ。

角川ビーンズ文庫

B01M5G9GR2

著:結城 光流 イラスト:伊東 七つ生

藤花。安倍邸に帰って、どうか比翼の鳥のように昌浩と━━━。

2016年11月の新刊。約3年9ヶ月4週間の積み。3ヶ月振りの新刊。通算、遂に50冊目に到達。出し過ぎやろ……。
表紙の昌浩の指、どうなってんの……。関節グキってなりそう。後ろにいる不気味な女は黄泉醜女かな。結構怖くない?

角川ビーンズ文庫

B01J503DJA

著:結城 光流 イラスト:伊東 七つ生

「神は、いる。何かが起こって、そこだけを見たら、願いをかなえてくれなかったと思えるときもあるが、それは違う。いつか遠い日に振り返ったとき、ああ神は確かにいて、願いをかなえてくれたのだと、わかる日が来る」

2016年8月の新刊。約4年2週間の積み。連続刊行。

角川ビーンズ文庫

4041030218

著:結城 光流 イラスト:伊東 七つ生(なつお)

『生まれ変わったら、また、兄弟がいいな』

2016年7月の新刊。約4年4週間の積み。8ヶ月振りの新刊。通算48冊目。何やらこれほど間隔が空いての刊行は初めてとかで。

角川ビーンズ文庫

404103020X

著:結城 光流 イラスト:あさぎ 桜

どんな形でも、何があっても。
もう一度会えたことが、もう一度声を聴けたことが。
本当に本当に、泣きたいくらいに、嬉しかったんだ━━━━。

2015年11月の新刊。約4年8ヶ月2週間半の積み。4ヶ月振りの新刊。通算47冊目にして道敷編5巻。
表紙は昌浩と彰子という初心に帰ったかのような構図。舞う蝶が綺麗ですねぇと呑気な感想を抱きがちだけど、蝶の意味を知っていると身が凍っちゃうぞ。

角川ビーンズ文庫

4041030196

著:結城 光流 イラスト:あさぎ 桜

「大事なものをちゃんと決めておくことだ。自分の手の中で守れるものがどれほどあるのか、限界がどれくらいなのか。それをわかっておくのも大切だよ」

2015年7月の新刊。約4年11ヶ月1週間の積み。4ヶ月振りの新刊。通算46冊目にして道敷編4巻。
表紙は比古と真鉄とたゆらがメイン。久し振りの登場過ぎてイラストを見ただけでは誰か思い出せない……orz

角川ビーンズ文庫

B00TY4DS2A

著:結城 光流 イラスト:あさぎ 桜

お前は、知らないだろう。

恐ろしいほどの、絶望を。

2015年3月の新刊。約5年3ヶ月3週間半の積み。5ヶ月振りの新刊。通算45冊目にして道敷編3巻。
表紙は背中合わせの昌浩と若者モードの爺様をメインに。いやいや、今回、爺様は若者モードで登場してなくない?

角川ビーンズ文庫

B00OLCSS3E

著:結城 光流 イラスト:あさぎ 桜

「親友などでは、なかったさ」
「……そんな軽々しい言葉で語れるような、その程度のものなんかでは、なかったんだ━━━━」

2014年10月の新刊。約5年8ヶ月の積み。3ヶ月振りの新刊。通算44冊目にして道敷編2巻。ばちくそ積みましたが何か?
サブタイの「囲」は「かこみ」と読みます。