プリキュア同人誌 ドライブ対HUGプリ! 踊る大重加速【感想】

4月 16, 2018 by
Filed under: アニメ, 同人誌, 特撮 

作:真・南海大決戦/TJ-type1

「おわ、ベルトめっちゃイケボ!!」

脳細胞がトップギアだぜ!

2018年4月発行。
最初は何で『仮面ライダードライブ』のチョイスなんだろうと思ったんだが、重加速による時間停止とアスパワワ消失による時間停止で繋がってるんだな。
表紙はタイトルの元ネタっぽい構図になってるw

街を覆いつくす重加速現象の容疑者として仮面ライダードライブに捕まってしまったHUGっと!プリキュアの3人。容疑を晴らすべく、事件の謎に挑むことになるが……。

まだあまりキャラが定まっていない時期に描かれているからか、ほまれさんが妙に攻撃的である。
でも羞恥プレイのダンス可愛いw

ミライパッドの画面に蛮野という絵面の破壊力が凄い。
歴史改変ビームって言葉はTwitterでちょくちょく見掛けるが、まさかライダーロボまで出て来るとは……。クッソ懐かしい。

ライダーロボで十分なインパクトなのに、最後のオチで物凄い急角度から差し込んでくるのズル過ぎるでしょwwwww
めっちゃ久し振りに存在を思い出したわ……。あれ、スマホゲームも終わったみたいだし、もう新たな展開は望めないのか……。

ドライブだけでも十分懐かしいのに、それに加えて次々と投入されるネタで懐かしみに溢れている1冊に仕上がっている。いや、そんなに昔の話じゃないけどな……。

燃:A 萌:A+ 笑:A+ 総:A+

スポンサーリンク


Comments

Tell me what you're thinking...
and oh, if you want a pic to show with your comment, go get a gravatar!