犬とハサミは使いよう 第九話「犬無いところに煙は立たず」

8月 31, 2013 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ, ファミ通文庫 

「編集者に二つ名ってあるんだ……」

最近、夏野さんに付きまとっているストーカーの正体が、新人作家の藤巻蛍ではないかという疑念が。

そんな折、彼女達の前に現れたのは大御所作家、大澤愁山だった。変態なのに、えらい良い声だなw

春海専用の読書用クッションがふかふかしてそうで羨ましいですね。
今更気付いたが、時折レーベル繋がりで、どこかで見たことあるようなタイトルの本が出てるのね。

燃:C 萌:A- 笑:B+ 総:A-

エピソードリンク
第八話「湯に入りて犬に入らざれ」
第拾話「光陰犬の如し」

銀河機攻隊マジェスティックプリンス #021「決戦前夜」

8月 31, 2013 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ 

「私達はどうしてこんなに遺伝子に振り回されるのでしょう。まるで遺伝子の僕のように……」

イズルは喜んで、アサギをお兄ちゃんと呼び出す。あれ、1回きりの呼び方じゃなかったのか……。
頬を赤らめたりするから、やたらホモホモしいな!

体調の問題があるため、ゴディニオンを降りろと命令されるイズルだったが、食い下がり、何とか乗艦だけは許してもらう。
まぁ、皆がピンチになったら無理矢理出撃しちゃうんだろうけど。

あれ、徐々にアサギが死亡フラグ立てていってね……?
ところでリンリンの水着フィギュアとかあるのか……。タマキとケイを差し置いて……。

燃:A- 萌:A- 笑:B 総:A

エピソードリンク
#020「宿命の遺伝子」
#022「オペレーション・ヘヴンズゲート」

彼女がフラグをおられたら 公式同人誌 FLAG 04

がをられ冊子4
著:竹井 10日 イラスト/漫画:CUTEG、凪 庵

「颯くんの机、お正月に遊びに行く田舎のお婆ちゃんちのコタツの上みたい……」

東京こうていわ。
原作5巻とコミカライズ4巻に付いている応募券で貰えた特製小冊子。
今回の表紙は瑠璃と鳴か。

基本的に構成は毎回一緒なのか。書き下ろしショートストーリーとか描き下ろしショートコミックとかゲストイラストとか。
ゲストイラストのページは、もうちょっと量があっても良いかもしれん。

燃:C 萌:A- 笑:B+ 総:A-

シリーズリンク
彼女がフラグをおられたら 公式同人誌 FLAG 03(2013/04)
彼女がフラグをおられたら 公式同人誌 FLAG 05(2014/01)

狼と香辛料 <Ⅸ>

8月 31, 2013 by · Leave a Comment
Filed under: コミカライズ, 電撃文庫 

狼と香辛料 (9) (電撃コミックス)
作画:小梅 けいと 原作:支倉 凍砂 キャラクターデザイン:文倉 十

「ふむ、人の雄は惑わされてばっかりじゃな」

2013年8月の新刊。
表紙は、ここぞとばかりにエーブさん。ノーラが表紙だったときとは色合いが対称的だな。

さて、エーブと親交を深めるロレンス。ホロがヤキモチを焼きまくって、がっつりラブコメ展開だ!と思ったら、別段そんなこともなかったでござるの巻。

気付けば、もう9冊目ということで、流石に絵のクオリティだけで買い続けるのは、しんどくなってきたか。
それにゲストヒロインのエーブさんが全然、俺の好みじゃないんだよな<どうでも良い

ボチボチ切り時ということか……。

燃:C 萌:A- 笑:C 総:B+

シリーズリンク
狼と香辛料 <Ⅷ>(2012/10)

ポケットモンスターSPECIAL <47>

8月 31, 2013 by · Leave a Comment
Filed under: ゲーム, コミカライズ 

ポケットモンスタースペシャル 47 (てんとう虫コミックススペシャル)
漫画:山本 サトシ シナリオ:日下 秀憲

「オレだって中途半端はキライだ!!100の力を出しきって負けるってんなら…!」
「いさぎよくカノコに帰ってやるぜ!!」

2013年8月の新刊。3ヶ月連続刊行、いよいよラスト。
別行動することになったブラックとホワイト、それぞれの旅は続く。

基本、ブラックの視点でホワイトの出番、あんまりないじゃないですかー!やだー!ただ、ホワイトパートでは四天王の1人シキミが登場。なかなかのおっぱいキャラな気がする。

ブラックはヤーコンとフウロとジム戦を行うことに。ヤーコンは原作通りのオッサンだったけど、フウロは可愛い顔して言うことキツイなw
原作でも、あんなに厳しかったっけなぁ。

燃:A 萌:A- 笑:C+ 総:A

シリーズリンク
ポケットモンスターSPECIAL <46>(2013/07)
ポケットモンスターSPECIAL <48>(2013/11)

ロウきゅーぶ! は~ふたいむ <1>

8月 31, 2013 by · Leave a Comment
Filed under: コミカライズ, 電撃文庫 

ロウきゅーぶ! は~ふたいむ (1) (電撃コミックスNEXT)
原作:蒼山 サグ 作画:たかみ 裕紀 キャラクターデザイン:てぃんくる

「へい!まほ汁一丁!」

2013年8月の新刊。本編コミカライズ6巻と同時発売。
さて、新たなるコミカライズは慧心女バスの日常を描くスピンオフ。と言いつつも、実際の内容は夏休みの物語となる原作6巻と7巻のエピソードをオリジナル要素を混ぜつつ、再構成したもの。
掲載誌は電撃G’sFsetival!COMICで、作画は本編コミカライズと同じくたかみさん。

多分、今のペースで本編コミカライズを連載していても売り時を逃しちゃうから、それなら今の内に出せるもんは出しておきたいって考えなんだろうな。
流石に原作が終了してもコミカライズを続けられる『シャナ』や『狼と香辛料』クラスではないだろうし、アニメ放映中の勢いは必要だろう。

ぶっちゃけ、本編コミカライズと何の違いもありません。いつも通り面白いです。
とはいえ、花織さんの出番が多いので、俺得と言わざるを得ない。
花織さん、お茶目でエロ可愛いよな?な?

今回は夏祭り編が終わったけど、全3巻くらいで構成するつもりなのかな?

燃:B 萌:A+ 笑:B+ 総:A

シリーズリンク
ロウきゅーぶ! は~ふたいむ <2>(2014/09)

原作リンク
ロウきゅーぶ!⑥(電撃文庫、2010/10)

コミカライズリンク
ロウきゅーぶ! <1>(2011/04)

ロウきゅーぶ! <6>

8月 31, 2013 by · Leave a Comment
Filed under: コミカライズ, 電撃文庫 

ロウきゅーぶ! (6) (電撃コミックス)
原作:蒼山 サグ 作画:たかみ 裕紀 キャラクターデザイン:てぃんくる

「…負けちゃいましたね」
「あんまり悔しそうじゃないな」
「悔しいですよう。でも、このチームでみんなとするバスケが楽しすぎて、楽しい気持ちの方が勝っちゃってる感じです」

2013年8月の新刊。別コミカライズ『は~ふたいむ』と同時発売。
表紙は2巡目に突入なんだけど、『は~ふたいむ』の方がもっかん表紙のためか、こちらは、まほまほと紗季。
2人同時に登場なんて、もしかして完結が近いのだろうか……。

さて、今回は原作4巻VS硯谷後半戦と5巻VSかげつ編前半を収録。紗季の悔し涙が涙腺にガッツンガッツンきやがるぜ……。

かげつはアニメと大分イメージが違うな……。

燃:A 萌:A 笑:B+ 総:A

シリーズリンク
ロウきゅーぶ! <5>(2013/03)
ロウきゅーぶ! <7>(2014/03)

とある科学の超電磁砲 <09>

8月 31, 2013 by · Leave a Comment
Filed under: コミカライズ, 電撃文庫 

とある魔術の禁書目録外伝 とある科学の超電磁砲 (9) (電撃コミックス)
作画:冬川 基 原作:鎌池 和馬 キャラクターデザイン:はいむら きよたか

「さぁ実験を始めよう。御坂君は天上の意思(レベル6)に辿り着けるかな?」

2013年8月の新刊。
さて、食蜂さんの罠で孤立してしまった美琴……かに見えたが、どうやら食蜂さんにも悲願があるようで……。

今回もまた事態の裏には木原幻生の存在があるようなのだが、この人って初出はどこだったっけな……。

今回のエピソードは美琴と食蜂さんのレベル5コンビの活躍が肝になっていくんだろうか。
それにしても、運動音痴を指摘されて焦る食蜂さん可愛いな。

どうやら事態には上条さんも絡んできそうで……。

燃:A 萌:A 笑:B+ 総:A+

シリーズリンク
とある科学の超電磁砲 <08>(2012/10)
とある科学の超電磁砲 <10>(2014/07)

超速変形ジャイロゼッター 第47「夏の終わり秋の始まり」

8月 31, 2013 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ 

「胡麻ダレだと!?」

何だか新章開始みたいなサブタイだけど、後1ヶ月しかないんだよな……。
さて、夏休みも終わりが近付いていた。絵日記を夏休み初日に片付けていたカケルだったけど、不注意から絵日記帳を失くしてしまう。

シュンスケに会えるかもしれないと期待する浴衣姿のハルカ可愛いな!
トーマさんはカケルが落とした絵日記帳とラジオ体操のスタンプカードを偶然拾ってしまう。

スタンプを消したり、日記を覗いたりすることに躊躇するトーマさん可愛いw
しかもカケルの誇張表現満載の日記を信じてるし……。

日記帳が見付からないので、カケルは皆の協力の元、一から日記を書き直すことに。よく心折れなかったな……。

シュンスケとソウタが2人でプールデートとか、ホモホモし過ぎるだろ……。劇中でもデートみたいとか言われていたし。
シュンスケはチケットを2枚貰ったって言ってたけど、ハルカか光ちゃんでも誘えば良かっただろ……。
そもそもソウタ優先で誘ってもらえないヒロインェ……。

まさか言葉さんが30歳になったことがガチでイジられるとは……。言葉さん可愛いよ言葉さん。

戦闘ではライバードとドルフィーネのダブルバーストが発動。あ、そんなにアッサリ発動するもんだったんだ……。
あれ、今回何一つ本筋進行してなくね?

燃:A- 萌:A+ 笑:A- 総:A+

エピソードリンク
第46話「撮影快調!ヒーローは誰だ!?」
第48話「ハルカなる未来の君へ」

ミスマルカ興国物語 <Ⅳ>

8月 31, 2013 by · Leave a Comment
Filed under: コミカライズ, 電撃文庫 

ミスマルカ興国物語 (4) (角川コミックス・エース 267-4)
原作:林 トモアキ 漫画:浅川 圭司 キャラクター原案:ともぞ

「当然だろう。泣いて戦争が止められるなら、涸れるまで泣き続けてやるさ」

2011年4月の新刊。
『戦闘城塞マスラヲ』のコミカライズと同時期に始まり、同時期に打ち切り完結の憂き目を見るという。
原作Ⅱ巻のラストまでを描く。

マヒロが策を巡らすシーンや戦闘シーンは漫画ならではの表現となっており、つくづくアニメ化すれば良いのに……と思わざるを得ない。
最近のスニーカーは、え、それアニメ化すんの……?ってのばっかりだからな。

ゼンラーマンは良くやったと言わざるを得ない。あー、ここは是非アニメで見たかったよなー。
ってか、ゼンラーマン、身体能力高過ぎだろw

今回もちゃっかりサービスカットが色々と。半分以上がマヒロの妄想ですが。
あと、ユリカ姫が原作よりも表情豊かに思えて可愛いですね。

総評

そんな具合で、今度こそアニメ化するのかと思われたスニーカー文庫原作『ミスマルカ興国物語』全Ⅳ巻、まだまだ序盤の段階で打ち切り完結です。コミックスだけで言うと、足掛け1年3ヶ月か。

『マスラヲ』と並んで、良コミカライズだったと思うわけだが、何故もっと続けられなかったし。
メディアミックス用のお茶濁しコミカライズに比べたら、よっぽど良い出来だと思うんだけどなぁ。まぁ、そこは大人の事情が絡んでるんだろうけども。

燃:A 萌:A 笑:A- 総:A

シリーズリンク
ミスマルカ興国物語 <Ⅲ>(2010/11)

次ページへ »