角川文庫

4041087457

著:雪乃 紗衣

「そなたの、臣下としての生涯心からの忠誠がほしい。人生丸ごとだ」

2021年2月の新刊。約1年6ヶ月1週間半の積み。5ヶ月振りの新刊。
表紙は十三姫なのね。戦闘力高そうな見た目しとるな……。

角川文庫

4041087449

著:雪乃 紗衣

「怒れなくなったら、負けだから。誰に対しても、どんなことでもね」

そうだよね、それって諦めちゃったってことだもんな。
2020年9月の新刊。約1年10ヶ月2週間半の積み。4ヶ月振りの新刊。
表紙はこれ清雅か。こちらに向けられた鋭い眼光がセクシーじゃん。

角川文庫

4041087430

著:雪乃 紗衣

『甘いって言われてもいいわ。でも、私は官吏をつづけるために官吏をしてるんじゃない。官吏の権力を使って、できなかったことをしたいから。だから、使えるときに使うわ』

タンタン……!

2020年5月の新刊。約2年2ヶ月1週間の積み。4ヶ月振りの新刊。
表紙はこれ、タンタンなのか。あっ、帯を外すとタヌキの置物あるじゃん!かわいい!

角川文庫

4041087422

著:雪乃 紗衣

「角度でいうと二三二度くらいかな?」

角度でいうなw
2020年1月の新刊。約2年5ヶ月2週間の積み。半年振りの新刊。
前巻でサブタイの色縛り、八色で一巡したのね。というわけで今巻から二巡目である。

角川文庫

4041077605

著:雪乃 紗衣

『ね、影月、誰かを愛すると心がポッとあったかくなって、それだけで幸せだね……』

負けない逃げない諦めない。

2019年7月の新刊。約2年9ヶ月1週間半の積み。3ヶ月振りの新刊。
サブタイの「碧」は「みどり」と読みます。

角川文庫

4041077591

著:雪乃 紗衣

「年貢がちゃんと規定どおり納まってるなら、納める相手の顔が変わっても構いませんか?どんなに人が死んでも、どこかでまた生まれてくると思っていませんか?民草は替えのきく存在だと心のどこかで思っていませんか。遠い地で喪われていく命にすがりついて泣く人がいることを、忘れてはいませんか。━━私たち官吏が、守るべきものは『誰』ですか?」

熱い。

2019年4月の新刊。約2年8ヶ月4週間の積み。3ヶ月振りの新刊。
表紙はこれ、影月か。帯を外すと水面に陽月が映っている構図がエモいねぇ。

角川文庫

4041077583

著:雪乃 紗衣

『特産物を〝人〟にしちゃいましょう。何にしたって、すべては人次第でしょう?』

2019年1月の新刊。約2年8ヶ月2週間の積み。半年振りの新刊。
サブタイの「白銀」は「はくぎん」と読みます。綺麗なサブタイと見せかけて、クッソ不穏なんだよなぁ……。

角川文庫

4041066522

著:雪乃 紗衣

「……勝算は?」
「そんなもの、いちいち真面目に考えているから男はダメなのじゃ」

2018年7月の新刊。約3年9ヶ月3週間半の積み。連続刊行。

角川文庫

4041066514

著:雪乃 紗衣

「何かを思い通りにしたかったら、他人を頼るなよ。自分で動かねーと、何も変わらねーんだぞ?」

2018年6月の新刊。約3年9ヶ月の積み。6年半振りの新刊。『彩雲国秘抄』上下巻からは2年4ヶ月振り。
何故刊行が止まっていたのか判らないが、長い沈黙を破り再始動。ほんとよく刊行再開出来たな……。

角川文庫

4044499241

著:雪乃 紗衣

「それでも、あがってこい」
「お前の目指す場所まで」

2011年12月の新刊。約10年2週間の積み。連続刊行。