【ラノベ感想】戦うパン屋と機械じかけの看板娘 <5>

12月 31, 2016 by · Leave a Comment
Filed under: HJ文庫 

戦うパン屋と機械じかけの看板娘〈オートマタンウェイトレス〉5 (HJ文庫)
著:SOW イラスト:ザザ

「何者ですかこれ?とりあえず顔面の骨砕いておきましょうか?」

こわい。
2016年8月の新刊。約4ヶ月3週間の積み。4ヶ月振りの新刊。
帯の「愛を取り戻せ!!」って『北斗の拳』かよw

遂に正体を現したゲーニッツにスヴェンを奪われてしまったルート。王都ベルンではソフィアまでも捕らえられ、兵器開発局は親衛隊の手に落ちてしまう。ルートは仲間達と共にスヴェンを取り返すべく、王都を目指すが……。

上下巻構成後編ということで、ゲーニッツとの決着が描かれる。トッカーブロートは勿論、閉店中でほのぼのした展開は望むべくもなく。所々にコメディシーンは挟まっているが……。

俺が読みたいのは戦争一歩手前のシリアス展開じゃなくて、ルートとスヴェンのいちゃいちゃなんだよなぁと思いつつ、読むとシリアス展開はそれはそれで面白いから困っちゃう。
じゃがいものパン美味しそう過ぎでしょ……。

レベッカも段々人間らしさというか、可愛らしさが出て来て良い雰囲気のキャラになってきたな。

ゲーニッツが退場して一段落ついたから、今度こそハートフル路線にですね……。
次は2017年1月に6巻。

燃:C 萌:A 笑:A- 総:A

シリーズリンク
戦うパン屋と機械じかけの看板娘 <4>(2016/04)
・戦うパン屋と機械じかけの看板娘 <6>(2017/01)

スポンサーリンク



【購入報告】2016年12月MF文庫Jと1月HJ文庫とコミカライズと漫画新刊

今年最後の本屋です。ラノベは、

・緋弾のアリアⅩⅩⅣ 狂逸の同窓会
・戦うパン屋と機械じかけの看板娘 <6>

の計2冊。

MF文庫Jでは『盟約のリヴァイアサン』がⅧ巻で完結。アニメ化まで辿り着けなかったか……。

メディアワークス文庫では『日暮旅人』シリーズがいつの間にか連ドラ化。しかも深夜じゃなくて10時枠。
気付けばメディアワークス文庫もしっかりと立ち位置を確立してるんだなー。

コミカライズは、

・仮面ライダークウガ <06>
・いづれ神話の放課後戦争 <1>

の計2冊。

漫画は、

・小5な彼女とオトナの愛 <1>

の計1冊。

スポンサーリンク



命がけのゲームに巻き込まれたので嫌いな奴をノリノリで片っ端から殺してやることにした <2>

9月 14, 2016 by · Leave a Comment
Filed under: HJ文庫 

命がけのゲームに巻き込まれたので嫌いな奴をノリノリで片っ端から殺してやることにした2 (HJ文庫)
著:中田 かなた イラスト:ともぞ

「ありとあらゆる不幸な人間を笑い者にしよう!他人の不幸を喜ぼう!それが、俺達人間だ」

2016年4月の新刊。約5ヶ月1週間の積み。4ヶ月振りの新刊。
世界全体を相手にケンカを仕掛ける展開かと思いきや、今回はとある島を舞台にして大金を賭けたゲーム勝負。

あれ、スケール縮んでね……?デカい借金を背負うことは死に直結するかもしれんが、それでも直接的に死ぬことになった前回よりは大分緩いじゃないか?どんどんタイトルから乖離していってるような。

ギャグ展開も唐突というか、このストーリーで要る?と首を傾げるようなネタが多いと感じるなぁ。オカマの叙述トリックが特に浮いてる……。

次は2016年10月に3巻だけど、もういいかな……。

燃:C 萌:A- 笑:B+ 総:A-

シリーズリンク
命がけのゲームに巻き込まれたので嫌いな奴をノリノリで片っ端から殺してやることにした <1>(2015/12)

私のために創りなさい!

9月 12, 2016 by · Leave a Comment
Filed under: HJ文庫 

私のために創りなさい! (HJ文庫)
著:坂井 テルオ イラスト:な!

『無い物ならば作るべし!たとえ嫁であろうとも!』

HJ文庫2012年3月の新刊。約4年6ヶ月半週間の積み。
第5回ノベルジャパン大賞奨励賞受賞作品。応募時タイトルは「ないものツクール! -小森のぞみの大盛り化計画-」。
積み過ぎてよく憶えてないけど、確かまいじゃー推進委員会!の感想記事を見て買ったんだった気がする。

主人公、宗形宗一は女性フィギュアの造形が得意な高校2年生。ある日、彼の前に生徒会副会長の小森希が現れ、とある依頼を受けることに。その依頼とは希の偽乳を作るというもので……。

希の目的を達成させるため、1冊丸々かけて偽乳を作ることに全力が注がれている。 ヒロイン描写に関しては編集サイドから、かなりテコ入れがあったらしく、とするとラブコメパートは後で追加されたものなんだろうか。
まぁ、初っ端から白目とかゲロリバースとかやっているようではな……。

おっぱいを作るというと物凄くアホなことに聞こえるんだが、製作過程は至極真面目でなぁ。これ、頑張れば再現出来んじゃないの?と思わせる。
最後の希の浴衣姿のイラストは、ぐっときましたね。

これ最終的にダッチワイフを作ることに行き着くんじゃね?って思いながら読んでいたら、エピローグで割りとそんな感じのものが完成していて吹く。あっ……(察し)

創作に傾ける情熱が溢れていて面白かったなーと思ったんだけど、この本の発売直後に編集部に見捨てられた模様。

ただ、Twitterのログを見ていると、結構言っちゃアカンこと言いそうにも見えるし、どっちが悪いかは分からんな……。
Twitterはまだ続けていて、今見たら漫画描いてるとか呟いていて草。

燃:A 萌:A 笑:A 総:A

第5回HJ文庫大賞リンク
僕の妹は漢字が読める(銀賞、2011/07)

HJ文庫大賞奨励賞リンク
インテリぶる推理少女とハメたいせんせい -In terrible silly show, Jawed at hermitlike SENSEI(第6回、2013/03)

2016年8月ビーンズ文庫とHJ文庫と講談社ラノベ文庫とその他ノベルとコミカライズと画集新刊とポケモン

色々買ってきました。ラノベは、

・少年陰陽師 いつか命の終わる日が
・戦うパン屋と機械じかけの看板娘 <5>
・銃皇無尽のファフニールⅩⅡ ダークネス・ディザスター
・小説 ガーリッシュナンバー <1>

の計4冊。

コミカライズは、

・僕は友達が少ない <14>
・ロウきゅーぶ! <11>
・アクセル・ワールド <07>
・プリキュアコレクション 魔法つかいプリキュア! <1>

の計4冊。

画集は、

・香川久 東映アニメーションプリキュアワークス

の計1冊。


続々と新ポケモンが発表される『ポケモンSM』。これまでは ( ´_ゝ`) フーンという気持ちで眺めていたんだけど、これまでに登場していたポケモンの一部がアローラ地方では異なる姿、タイプを持つリージョンフォームなるものが発表された。

氷・フェアリーのキュウコンと氷・鋼のサンドパンとかずる過ぎでしょ……。こんなん絶対使いたいやつだわ……。

本音を言えば分岐進化が良かったけど、極力図鑑ナンバーを増やしたくないんだろうな……。
まぁタイプが変わったら、最早それは新種なのでは……って気がするけど。ってか、これポケモンカードのデルタ種の逆輸入みたいだな。

種族値も違うようだが、進化方法はどうなるんだろう。まさかロコンも氷タイプで登場って話だけど、まさか炎の石で進化ってことは無いよなぁ。氷の石が出るのかしら。

タマタマは変化無しでもナッシーには草・ドラゴンのリージョンフォームが。これもどうやって進化させるんだろうか……。

4つのスタイルを持つ新種オドリドリが『ハピネスチャージプリキュア』感あると話題に。これはまさかの『ハピプリ』再評価の流れ……!

まー、そんなわけで取り敢えず『サン』だけ店頭で予約してきました。だって、キュウコンふつくし過ぎでしょうがぁぁあああああああああんっほぉぉあおああああああああ!!
大丈夫大丈夫、買ってもやらないって選択肢もあるから(震え声)
ちなみに『ORAS』は発売日に購入したものの、外側のビニールすら破っていません(ぉ

続いてビッグウェーブに乗り遅れるなということで『ポケモンGO』も始めちゃいました。だって会社の同期がしれっと始めてるんだもの。
それだけならともかく、リージョンフォームで一気にテンションが上がってしまったからなぁ。
ある程度プレイしたら感想書きます。

【感想】戦うパン屋と機械じかけの看板娘 <4>

7月 22, 2016 by · Leave a Comment
Filed under: HJ文庫 

戦うパン屋と機械じかけの看板娘〈オートマタンウェイトレス〉4 (HJ文庫)
著:SOW イラスト:ザザ

「そういうものさ……人間なら、矛盾しながらも、そうしてしまうもんだろ。なんでも理屈で割り切れるものじゃない」

2016年4月の新刊。約3ヶ月2週間の積み。4ヶ月振りの新刊。
感謝祭用のお菓子作りを依頼され、張り切るルート。そんな中、親衛隊のヒルデガルドと「人狼」と呼ばれる工作員がルートの命を狙いオーガンベルツに現れて……。

自分を殺しに来た筈の敵達をあっさりと店の従業員として受け入れるくだりなんかはハートフルで良い。お人好しなルートが大好きなスヴェン可愛い。
そのまま無事に祭りが終われば良かったんだけど、ゲーニッツの動きが益々きな臭く。

このシリーズ、モブや脇役は結構容赦無く死んじゃうんだよな。ハイドリゲとサリヤ兄妹の結末、報われなさ過ぎでしょ……。

そしてスヴェンはパン屋を去り、トッカーブロートの中には誰もいなくなった……というところで続く。あれ、これは次巻で終わりかしら……?後書きでは、どうとでもとれる言い方してるけど……。
次は2016年8月に5巻。

燃:C 萌:A 笑:B+ 総:A

シリーズリンク
戦うパン屋と機械じかけの看板娘 <3>(2015/12)
戦うパン屋と機械じかけの看板娘 <5>(2016/08)

蒼鋼の冒涜者 <4>

5月 5, 2016 by · Leave a Comment
Filed under: HJ文庫 

蒼鋼の冒涜者<ブルースチール・ブラスフェマ>4 (HJ文庫)
著:榊 一郎 イラスト:赤井 てら

「━━姉は」
「いつかは、弟離れ、すべき」

2016年5月の新刊。約3日の積み。4ヶ月振りの新刊。
以前から示唆されていた対ユキナリ用の〈御遣い〉がいよいよ登場。その魂のベースとなっていたのはあの人物で……。
Read more

2016年5月HJ文庫と講談社ラノベ文庫とコミカライズ新刊

今回はさほど冊数ないです。ラノベは、

・蒼鋼の冒涜者 <4>
・彼女がフラグをおられたら 少し疲れたわ…次の夏休みまで眠らせてもらうわね

の計2冊。

HJ文庫では『俺がヒロインを助けすぎて世界がリトル黙示録!?』がもう15冊も出てるんだな。なのに一向にアニメ化しないという。
あれか、『六畳間の侵略者!?』みたいなポジションになりつつあるのかしら。あれも確か、凄い冊数出てからアニメ化したんじゃなかったっけ。

コミカライズは、

・図書館戦争 LOVE&WAR 別冊編 <2>

の計1冊。

戦うパン屋と機械仕掛けの看板娘 <3>

4月 7, 2016 by · Leave a Comment
Filed under: HJ文庫 

戦うパン屋と機械じかけの看板娘〈オートマタンウェイトレス〉3 (HJ文庫)
著:SOW イラスト:ザザ

「さぁ~て……えらいこっちゃーですわー!」

2015年12月の新刊。約4ヶ月の積み。4ヶ月振りの新刊。
新たな一手、出張販売を開始したトッカーブロート。そこで起きた出会いがジェコブを中心に据えた騒動に発展して……。

ヒロインの1人にスポットが当たるのではなく、ジェコブがメインなのかよw
まぁ、ルートはスヴェンとイチャイチャしてれば、それで良いんだけど。スヴェンの愛情表現が早くもエスカレートしつつあるので、一線越える日もそう遠くはなさそうだけど……?

一方、軍関係の動きが益々きな臭く。こりゃ内乱起こっちゃうか……?あれ、これ、どんどんハードな方向に進んでいってね……?
次は2016年4月に4巻。

燃:B- 萌:A 笑:B+ 総:A

シリーズリンク
戦うパン屋と機械仕掛けの看板娘 <2>(2015/08)
戦うパン屋と機械仕掛けの看板娘 <4>(2016/04)

2016年3月講談社キャラクター文庫と4月スニーカー文庫とビーンズ文庫とHJ文庫と講談社ラノベ文庫とコミカライズと漫画新刊と既刊

色々買ってきました。ラノベは、

・小説 仮面ライダー鎧武
・魔王サスペンス劇場 土けむりダンジョン、美人勇者殺し
・ビーンズ文庫版 彩雲国秘抄 骸骨を乞う 下
・戦うパン屋と機械じかけの看板娘 <4>
・命がけのゲームに巻き込まれたので嫌いな奴をノリノリで片っ端から殺してやることにした <2>
・銃皇無尽のファフニールⅩⅠ プリズマティック・ガーデン

の計6冊。

スニーカー文庫では『魔装学園H×H』の製作がプロダクションアイムズに決定。『新妹魔王の契約者』を作ったとこじゃねーかw

ヒーロー文庫では『ナイツ&マジック』がヤングガンガンでコミカライズ決定。遂にヒーロー文庫初のアニメ化作品が誕生するのだろうか……。

ボーダーは、

・角川文庫版 ビーンズ文庫版 彩雲国秘抄 骸骨を乞う 上
・角川文庫版 ビーンズ文庫版 彩雲国秘抄 骸骨を乞う 下

の計2冊。
角川文庫版だけの書き下ろし95ページとかふざけてんのかwwwwww
ふと面陳されてるのを見たら、帯にバーン!って書いてあって、んほぉぉあああぉぁあおぉおおお!!??ってなって買っちまったぜ……。

コミカライズは、

・甘城ブリリアントパーク #05

の計1冊。

漫画は、

・トクサツガガガ <6>

の計1冊。

次ページへ »