【ラノベ】勇者には勝てない【感想/ネタバレ】

B01M4R5SUE

著:来田 志郎(らいだ) イラスト:refeia

「前の世界でおまえの登場がどれだけ待ち望まれていたか知らないけど、この世界では誰からもお呼びじゃないんだよ、勇者!」

電撃文庫2012年2月の新刊。約8年11ヶ月2週間の積み。第18回電撃小説大賞銀賞受賞作。応募タイトルまま。
最早何で買ったのか全く思い出せない。

勇者に倒された後、現代に転生して人畜無害で平和な暮らしを送っていた三魔将。しかし、そんな彼等の穏やかな日々は勇者の生まれ変わりが転校してきたことで終わりを告げた。記憶を封印されているらしき勇者の前世が甦らないように祈る三魔将だが……。

この本が刊行された時期って勇者と魔王がラノベ業界のトレンドだった時代か。10年近く経った今でもそのノリが続いているのが凄いと言うべきかしつこいと言うべきか……。

現代日本の価値観に染まり切って庶民の暮らしを送ることに抵抗が全く無い三魔将の姿がコミカルで面白い。
前世で親というものがいない存在だった克昭が重度のマザコンになっているって設定良いね。そこ、もっと深堀りしてほしかったな。

勇者の記憶を復活させないために、生まれ変わりである菅田さんをあの手この手で悲しみから守っていく内に、あ~これはLOVE芽生えちゃうんじゃNAI?って思ったけど、思いの外LOVE寄せはかなり薄かったですね。鉄次郎達が個人で動いているわけじゃなかったからかも。
ところで菅田さんの生脚、妙にえっちじゃない?黒のハイソックスも似合ってる……。

ちょっとシリアスに傾いていくのが早かったかなぁ。もっと日常寄りのパートが多かった方が感情移入しやすかったと思うんだけども。勇者だ魔王だは言うけど、あまり生死を懸けた展開を楽しむ作品じゃないと思うんですよね。

いくらでもシリーズ化出来そうな内容なのに、この次に来田さんが本を出すのは2014年1月に『しんでしまうとはなさけない!』。12月にその2巻を出したっきり業界から姿を消してしまっている。うーむ、ラノベ作家の生存率よ……。

燃:C 萌:A 笑:A- 総:A

イラストリンク
あるいは現在進行形の黒歴史 -殺戮天使が俺の嫁?-(GA文庫、2010/08)
聖剣使いの禁呪詠唱(GA文庫、2012/11)

第18回電撃小説大賞リンク
あなたの街の都市伝鬼!(金賞、2012/02)

電撃小説大賞銀賞リンク
ロウきゅーぶ!(第15回、2009/02)
アンチリテラルの数秘術師(第17回、2010/02)
ご主人さん&メイドさま 父さん母さん、ウチのメイドは頭が高いと怒ります(第17回、2010/02)
はたらく魔王さま!(第17回、2011/02)
塔京ソウルウィザーズ(第19回、2013/02)
恋するSP 武将系男子の守りかた(第22回、メディアワークス文庫、2016/02)
キラプリおじさんと幼女先輩(第23回、2017/03)

スポンサーリンク









B01M4R5SUE
勇者には勝てない (電撃文庫)

電撃文庫

Posted by お亀納豆