2011年9月HJ文庫新刊

8月 31, 2011 by · Leave a Comment
Filed under: HJ文庫, 雑記 

いつも通り1日フライングで31日発売。って、スニーカーとビーンズも出てるやないか!あれ、協定でフライング出来なくなったんじゃないの?
ブツは、

・前略。ねこと天使と同居はじめました。 4匹目
前略。ねこと天使と同居はじめました。四匹目 (HJ文庫 ひ 3-1-4)

の計1冊。
新シリーズ『俺は天剣を掲げ/僕は飛竜と征く』はスルー。
俺は天剣を掲げ/僕は飛竜と征く (HJ文庫 か 1-3-1)

アトリウムの恋人

8月 31, 2011 by · Leave a Comment
Filed under: 電撃文庫 

アトリウムの恋人 (電撃文庫)
著:土橋 真二郎 イラスト:植田 亮

「……やるよ。あんたの計画の歯車になってやるよ」
「うぬぼれるなよ。歯車とは一つでもかけたら機能が止まってしまう重要なものだ。お前は歯車にさえなれやしない」

電撃文庫2011年5月の新刊。『扉の外』でデビューした土橋さんが『ラプンツェルの翼Ⅳ』から1年と3ヶ月振りに復活して送る電撃文庫4番目のシリーズ。
土橋さんの作品って『扉の外』1巻くらいしか読んだことないな。

イラストは『ラプンツェル』から色んなラノベのイラストを手掛けている植田さんが続投なんだけど、世界観としては関係あるのだろうか。

さて、舞台は東京スフィアと呼ばれる仮想世界が存在する世界。僅かな期間、繁栄したその空間も今ではバグによって荒廃していた。そこへ主人公達がログインしていくという最近の流行りのアレというか何というか。

土橋さんって、極限状態での人間同士の駆け引きなんかが面白い人じゃなかったの。って思ったら、今回は路線変更したみたいだな。
文章はえらい淡々としてるわ、キャラは全然魅力的じゃないわと、びっくりするくらい俺の好みと外れてるなと思いながらネットで感想調べたら、概ね不評みたいですね。

日常系の作品が淡々と進むのは良いと思うけど、これって明らかに盛り上がりどころだおうってところが淡々と進んでるんだよな。
というか、ジャンルは何なんだろう。ラブコメでもないバトルでもない、強いて言うならサスペンスアドベンチャーとかかなぁ。
まぁ、何にせよ、文句無しに詰まらなかったです。何か変な日本語だけど、ここがこうなら良かったのにってポイントさえ見付からないレベルと思ってください。

次は2011年9月だけど、もう買わないよ。

燃:C 萌:B 笑:C 総:B-

ダンタリアンの書架 <2>

ダンタリアンの書架 (2) (角川コミックス・エース 84-4)
原作:三雲 岳斗 漫画:阿倍野 ちゃこ
キャラクター原案:Gユウスケ(グリーンウッド)

「本当に人間って、ばっかみたい、ばっかみたい」

2011年3月の新刊。今回は主にヒューイとダリアンの出会いのエピソードが描かれている。つい、この間アニメで視たから目新しさは無いよなぁ。

取り敢えず、どの媒体でもダリアン可愛いよダリアン。
あと、ゲストヒロインのジェシカが良い感じ。時代考証的に正しい格好なのかどうか判らんが、制服可愛いです。

燃:C 萌:A 笑:C+ 総:B+

シリーズリンク
ダンタリアンの書架 <1>(2010/10)
ダンタリアンの書架 <3>(2011/07)

ダンタリアンの書架 <6>

8月 30, 2011 by · Leave a Comment
Filed under: 角川スニーカー文庫 

ダンタリアンの書架6
著:三雲 岳斗 イラスト:Gユウスケ(グリーンウッド)

「何か臭うわね」
「おまえのゲロの臭いではないのですか」

ダリアンの罵声しかチョイスしてない気がしてきたわw
2010年12月の新刊。約9ヶ月の積み。7ヶ月振りの新刊。
いつも通り連作短編集。今回は書き下ろし無し。

うーむ、決して詰まらなくはないのだが、話に連続性が無いからか、イマイチ盛り上がりに欠ける気がするんだよな。ダリアンは可愛いのだが。サマードレス姿は良かったです。

次は2011年4月に7巻、7月に8巻です。

燃:C+ 萌:A- 笑:C+ 総:B+

シリーズリンク
ダンタリアンの書架 <5>(2010/05)
ダンタリアンの書架 <7>(2011/04)

勇者警察ジェイデッカー 第22話「仮面勇者ダンプソン」

8月 30, 2011 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ 

勇者警察ジェイデッカー DVD-BOX I

「すいません。思わずチェンジしてしまいました」

ドミニカ共和国で行われているロボットバトル、ガンクラップ。そこでは誘拐したスポーツ選手を無理矢理ロボットに乗せて戦わせる違法カジノが開かれていた。
犯人の尻尾を掴むため、勇太とダンプソンは潜入捜査を行うことに。
偶然、綾子さんも取材で居合わせるが、なんつーエロい格好してんだ、この人……。
作画は酷かったから良かったようなものの、美麗作画の回だったら大変なことになってたぞ。

潜入捜査で仮面を被っていたダンプソンはともかく、後で助けに来たデッカード達までマスクをしていたのは何故なんだぜ。
ノリノリ過ぎんだろw

燃:B 萌:B+ 笑:B 総:A-

エピソードリンク
第21話「手錠の逃亡者」
第23話「ぼくの妖精」

2011年8月ファミ通文庫新刊とその他

8月 30, 2011 by · Leave a Comment
Filed under: ファミ通文庫 

今月は30日が火曜のため公式発売日自体が前倒しして、29日。そこから日曜補正でトントンとフライングするかと思ったんだが、ところがどっこい29日発売でした。土曜には出ると思ったんだが。ブツは、

・ギャルゲヱの世界よ、ようこそ! disc8
・わたしと男子と思春期妄想の少女たち 3 ラブメイドですが何か?
・犬とハサミは使いよう <3>
・“夕顔” ヒカルが地球にいたころ……②
ギャルゲヱの世界よ、ようこそ! disc8 (ファミ通文庫)わたしと男子と思春期妄想の彼女たち 3 ラブメイドですが何か? (ファミ通文庫)犬とハサミは使いよう 3 (ファミ通文庫)“夕顔” ヒカルが地球にいたころ……(2) (ファミ通文庫)

の計4冊。

『ギャルゲヱ』は積みまくっている内に完結まで辿りついちゃったでござるw
『ヒカル』は早くもガンガンONLINEでコミカライズ決定。また、ドラマCD化も決定したそうで。いや、面白かったけど、仕掛けるの早過ぎだろw
まぁ、売上落ちる前に知名度上げて打ち切り回避って戦法なのかもしれんけど。
『犬とハサミ』もドラマCD化。

来月の新刊で気になるのは『東雲侑子は短編小説をあいしている』と『お嬢様が、いけないことをたくらんでいます!』の2冊。前者は、ほぼ購入確定してる。

それから、アマゾンクリックしていた、

・ガンダムウェポンズ 機動戦士ガンダムOO編4
ガンダムウェポンズ 機動戦士ガンダム00編4 MGダブルオークアンタ&MGダブルオーライザー/機動戦士ガンダム (ホビージャパンMOOK 413)

が届きました。

踊る星降るレネシクル <4>

8月 30, 2011 by · Leave a Comment
Filed under: GA文庫 

踊る星降るレネシクル 4 (GA文庫)
著:裕時 悠示 イラスト:たかやKi

「レネシクルをミカホシの外でも使えたら━━この国を相手に“戦争”ができるじゃねェか?」

2011年4月の新刊。約4ヶ月1週間の積み。4ヶ月振りの新刊。『俺の彼女と幼馴染みが修羅場すぎる』からは隔月刊行。
最後まで読んでも表紙が誰か判らなかったんだけど、これ、ベツノカの格好したすまるなのか。

さて、極星祭に浮足立つミカホシ。レンヤ達はお芝居をすることになり、練習に精を出すが、その裏で大きな闇が蠢いていた……というお話。
中盤くらいまではラブコメメインという感じなんだけど、後半はかなりのシリアス展開に。って、あれ、これあとちょっとで終わるんじゃね?

いつの間にか、もうふもラブコメ時空に巻き込まれてきたみたいだけど、このまま恋の鞘当てに参戦してくるのだろうか。引き篭もらなくなったらアイデンティティ失われそうだけど。

あと、なななはぱんつじゃなくて大変けしからんです。
次は2011年6月に『俺修羅』2巻、9月に3巻です。

燃:B+ 萌:A 笑:B+ 総:A-

シリーズリンク
踊る星降るレネシクル <3>(2010/12)
踊る星降るレネシクル <5>(2014/05)

著者リンク
俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる(2011/02)
俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる <2>(2011/06)

機動戦士ガンダムOON integrated G-ROOMS

8月 30, 2011 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ, ホビー, 書籍 

機動戦士ガンダム00N integrated G-ROOMS

「中東でミサイルを撃てば、アンフに当たる」

2011年6月の新刊。
『OOP』の連載終了後、電撃ホビーマガジンで連載された公式外伝とwebで連載されたG-ROOMSが1冊にまとまったもの。
『OON』とG-ROOMSは殆ど同じコンセプトの内容なので、1冊にまとめたのは正解か。つーか、G-ROOMSを収録してくれるとは思わんかったから嬉しい。

タイトルの「N」は「NEWS」と「NEW」からきており、『ガンダムOO』の世界で報道されたニュースや論文、レポート等を通して、『ガンダムOO』の世界を理解するというのが、この外伝のコンセプト。
どうでも良いが、帯デカイな。本の2/3くらい覆ってるw

読んだら判るんだけど、殆ど後付け設定じゃないんだよな。細かく作り込み過ぎて、テレビシリーズで描けなかった部分で、スタッフの趣味に走った部分ばっかり集めたような内容になっている。
ちなみに時系列順に並べ替えての収録になってます。

巻頭には劇中映画「ソレスタルビーイング」のポスターが。これ、フルで観たいのは俺だけではない筈だ。大使、めっちゃ悪人顔ですやん。

とにかく内容が細かい。本編で、ちょろっとだけ映ったルイスのレポートの内容が、ちゃんと考えてあるとか吹くわ。
そもそもルイスって、ちゃんと勉強出来たんだな。留学生だったんだっけか。

最初、絵なんだろうと思ってたんだけど、ものによってはキットをCG加工して使ったりしてるのね。全然合成が判らんわ。いや、知った上で見たら判るんだけど。

また、劇場版の後の話が少しだけ語られている点にも注目したい。サキブレってオリジナルの太陽炉を搭載してるんだな。
ELSクアンタの全容も明らかになってるんだけど、有機的で何だか気持ち悪い(ぉ

そしてネーナのおっぱいとお尻けしからんです。実にけしからん。

ってなわけで、『OON』でした。重箱の隅突くの気持ち良いです(^q^)って人は買いだろう。約3000円出すだけの価値は十分にある。

後は『OOV戦記』の書籍化を待つばかり!と思っていたら、出タ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

燃:A+ 萌:A 笑:B+ 総:A+

外伝リンク
機動戦士ガンダムOOI <001>(2010/01)
ガンダムウェポンズ 機動戦士ガンダムOOV編(2010/03)
ガンダムウェポンズ 機動戦士ガンダムOO編Ⅳ MGダブルオークアンタ&MGダブルオーライザー/機動戦士ガンダムOOV戦記(2011/08)

デジモンクロスウォーズ 悪のデスジェネラルと七つの王国 #50「よみがえる!七人のデスジェネラル総登場!!」

8月 28, 2011 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ 

「ここが心の牢獄だと言うのなら、心のアツさで勝負してやろうぜ!!」

遂に大魔殿へと辿りついたタイキ達だったが、そこにダークナイトモンが現れる。
彼は負のエネルギーを吸収してダークストーンへと変化したコードクラウンの力で、デスジェネラルを復活させる。
何か『ロックマン』終盤ステージのボスラッシュみたいだな。

デスジェネラル達は心をプリズンランドに閉じ込められており、ダークナイトモンの命令で動く人形に過ぎない。
ダークナイトモンはデスジェネラル達をデジクロスさせ、グランドジェネラモンを誕生させる。
その圧倒的な力の前にシャウトモンX7も敗退。シャウトモンやバリスタモン達も心を奪われてしまう。

彼等を助けるためにタイキは自ら心を奪われ、プリズンランドへと突入するのだった。そこではデスジェネラル達の心が待ち受けていたが、心だけの空間で戦闘可能なのだろうか……。

次回予告が短いと言うか、ほぼ無かったのは視聴者の考えたオリジナルデジモンの紹介コーナーに時間を割いたからか?
割くなら本編の時間を割いてほしかった……。若しくはデジモンデータコレクションのコーナー。

燃:A 萌:B 笑:C 総:A

エピソードリンク
#49「タイキの決断!最強のアポロモンを超えろ!」
#51「デジタルワールドの未来のために!デスジェネラルとの友情!」

スイートプリキュア♪ 第28話「ドキドキ!エレン初めての学校生活ニャ!」

8月 28, 2011 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ 

「え~~~~~~~、夏休みって終わっちゃうの!?」

エレン、いつからそんなオツムの弱い子に……(´・ω・`)
さて、学校再開にワクワクする響と奏を前にして、夏休みが終わることにショックを受けるエレン。いや、そりゃ休みですから……。
というか、そもそもメイジャーランドとマイナーランドには教育機関が無いのだろうか……。

楽しそうにしている響達を見て、エレンは自分も学校に行ってみたいと言い出す。
彼女の願いを叶えてやりたいと思う響はお父さんに相談してみようとするが、音吉さんパワーで楽勝だったでござる。
回想シーンからしても、エレンが音吉さんの世話になってるのは明らかなんだけど、何故それを明言しないのだろうか。

早速、学校について学び、自己紹介の練習をするエレン。逐一、ハミィの言葉を真面目にメモしてたけど、エレン、完全にハミィ脳になってないか?
デフォルメ顔でツッコミしてる奏が可愛い。
昔、学校に潜入していたときは響達を騙すのに集中して、学校自体はあまり気にしてなかったんだと思っておこう。
ここで、ちょろっと言われた学祭エピソードは今後あるのかな?

で、登校初日。エレンは気合を入れ過ぎて全力で空回りするのであった。

黒川エレンで吹いた。

自分の名前を物凄く小さく書いてたつぼみさんとは対照的だよな。

質問責めにあったこともあり、エレンは寝不足で倒れてしまう。保健室に運んで看病する響と奏だったが、そこへトリオ・ザ・マイナー達が現れ、ネガトーンを生成。
何とか変身は出来たものの、トーンに元気が無いため、トーンのリングが生成不能。

苦戦するプリキュア達の前に久し振りにミューズがやって来る。ミューズがネガトーンの動きを封じてくれたので、パッショナート・ハーモニーで撃破。
おお!期待通りパッショナート撃ってくれたか!これは燃える。

戦闘後、いつも通りハミィがもう少しで幸せのメロディが完成するニャと言いかけるが、音符がごっそり減っていることにようやく気付きました。
前回気付かなかったのは音符を取られていないトーンを見ていたからだったようだ。

トーン達に元気が無いのは音符を取り返そうと奔走していたから。
そんな折、ドドリーによって、響に呼び掛ける謎の声の正体が判明する。その正体はクレッシェンドトーン。
トーン達を元気にするために響達はメイジャーランドへと……!

さあ、次回は河野作画だ、みんな覚悟しろ!つーか、河野作画が大抵残念とか、ずっと前から判ってることだろ……。
でも、何だか新技っぽいの撃ってるんだよな……。

ふと思ったんだけど、真のミューズが覚醒したら奏太はきっとハブられるよなw

燃:A+ 萌:A+ 笑:B+ 総:A+

エピソードリンク
第27話「カチカチッ!30分で世界を救うニャ!」
第29話「ハラハラ!メイジャーランドで宝探しニャ♪」

次ページへ »