超速変形ジャイロゼッター 第5話「登場!イレイザー01」

10月 31, 2012 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ 

「イレイザー01!お前をこの世界から消し去るために参上した!」

圧倒的な速度で成長するカケルに危機感を覚えたゼノンは切り札を用意
ゴート様、よく見ると、つぶらな瞳だなw
彼の言う、失われた歴史とは一体……?今の世界から分岐した並行世界でも出て来るのだろうか。

切り札というのは、眠りから目覚めたというイレイザー01。ヘッドギアで顔を隠しているので、少年ということしか判らないが、カケルのクローンだったりするかな。

高速輸送機ジャイロアークに乗って、富士山の麓へ強化合宿に向かうカケル達。選ばれしドライバーでないミッチーはお留守番ということになるが、何やかんやで、最終的に女子風呂に乱入とか、どういうことやねん!けしからん!

ってか、この時間帯に入浴シーンアリなのかよ……。これは水着回、ワンチャンあるで!
りんねは髪下ろしたら誰や判らんな……。

それはともかく、ジャイロアークなんて、いかにもなアレが出て来て、オラ、wktkしてきたぞ!

AIで動くジャイロゼッター相手に訓練を行うカケルとシュンスケ。口ではお互いを罵りながらも、その連携は現段階で既に、かなりのレベル。
ランエボとエクシーガ、やられ役なのに格好良かったな。加えて、オペレートする赤名先生が可愛い。

そこへジャイロゼッター、ギルティスを駆るイレイザー01が乱入。発現からして、いかにもカケルのコピーって感じだが。
ギルティスはデザイン者が同じだけあって、アクエリオンに見えるw

一方、第4のドライバー専用機が完成したアルカディア本部にも、ゼノンの魔の手が迫っていた。
早くも2ヶ所同時攻撃を受けるのか。次回、どう凌ぐかが楽しみだな。

燃:A+ 萌:A+ 笑:B- 総:A+

エピソードリンク
第4話「対決!レーシングバトル」
第6話「激闘!ライバードVSギルティス」

さくら荘のペットな彼女 <7.5>

10月 31, 2012 by · Leave a Comment
Filed under: 電撃文庫 

さくら荘のペットな彼女7.5 (電撃文庫)
著:鴨志田 一 イラスト:溝口 ケージ

━━ウチな、神田君のことめっちゃ好きやで

GYAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA!!

2012年8月の新刊。約2ヶ月2週間半の積み。4ヶ月振りの新刊。
2回目の短編集ということで、表紙は七海。短編集だと、ましろん以外のメンバーが出て来るわけか。
帯を外すと、あれ、七海さん、もしかして、はいてらっしゃらない……?

『生徒会長のはうはうな彼女〈上下〉』

甘酸っぱ過ぎて死ぬわ!!

電撃文庫MAGAZINE掲載。タイトル通り、生徒会長とはうはうの馴れ初めから卒業までのお話。
タイトルが結構好きです。
本編とは勿論のこと、他の短編ともリンクしているという面白い構成になっている。

いやぁ、雑誌掲載時に1回読んでるけど、やっぱり甘酸っぱ過ぎるだろ……。
特別、はうはうが可愛いってわけでもないんだけど、全体から漂う空気感が堪らんというか何というか。

『風邪を引いたペットな彼女』

電撃文庫MAGAZINE掲載。風邪を引いたましろんを空太が看病するお話。ドラマCDのエピソードの後日談となっている。
空太とましろんの掛け合いがひたすら楽しい1本。これ、アニメでやってほしいなw

『青山七海のもっと乙女なスプリング』

書き下ろし。七海が空太と出会ってから、告白するまでをダイジェストでお送りします。
乙女回路が爆発で青春ゲージがテンションフォルテッシモや!!<意味不明

本編中で、空太の視点で語られていたシーンも色々登場。並べて読むのも面白いかもしれない。

個人的には七海エンドを希望するが、どうなることやら。ましろんと空太だと一方的な依存関係になりそうな気がする。

まとめ

短編って長さじゃないのもあるが、相変わらず短編のクオリティも高い。本編から独立しているようで上手いこと繋がってるのが良いよね。
次は2012年10月に8巻。

燃:C 萌:A+ 笑:B+ 総:A+

シリーズリンク
さくら荘のペットな彼女 <7>(2012/04)
さくら荘のペットな彼女 <8>(2012/10)

4コマ公式アンソロジー 境界線上のホライゾン

10月 30, 2012 by · Leave a Comment
Filed under: コミカライズ, 電撃文庫 

境界線上のホライゾン―4コマ公式アンソロジー (電撃コミックス EX 179-1)

「一般生徒だが労働者と言っていた彼はどうだろうか。荒削りだが王族と平民の恋など、まさに詩的…」
「わからんでもないが、全国通信でアヘ顔さらしてなかったか、そやつ」

ノリキのアレはアヘ顔じゃないって言ってるだろ!いい加減にしろ!

2012年10月の新刊。
最近、電撃文庫がアニメ化した作品でポンポン出してる一連のアレです。いや、俺は4コマじゃなくて、普通のアンソロジーが良いんだけど……。4コマ縛りにするメリットってあるのかな。

ネタの面白さはともかく、全体的に絵のクオリティが高め。このテのアンソロにしてはという話ですが。
何でアニメに出てないのに、氏直だけチョイチョイ出て来るんだよw

でも、こちらもやはり変態成分が足りない……足りないのほぉぉぉおおおおおおお!!(動転)

燃:C 萌:A 笑:B+ 総:A-

原作リンク
GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンⅠ〈上〉(2008/09)

コミカライズリンク
境界線上のホライゾン <Ⅰ>(2012/03)
境界線上のホラ子さん(2012/10)

さくら荘のペットな彼女 #04「色を変える世界」

10月 30, 2012 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ, 電撃文庫 

「それが空太の願いだから、って」

原作1巻クライマックス。漫画の新人賞に応募するましろんの姿を見て、空太は自分の目指す道へと向き合っていく。

空太が、ましろんの漫画の結末が自分の願いを反映していたことを知り、喫茶店を飛び出すシーンがアツいから困る。
あれ、何だか、これ面白くなってきそうじゃね?また、EDの入り方が上手いんだよなぁ。
冒頭だけが本編の食い込んだ特殊ED仕様。
これはまだまだ面白くなりそうだ。

一方、七夕の短冊に一見、ふざけたことを書いておいて、裏にこっそり本当のお願いを書いちゃう美咲先輩が切な過ぎてアレ。
次回予告、雌が増える、じゃねーよw

燃:A 萌:A 笑:B 総:A+

エピソードリンク
#03「近すぎて遠い…」
#05「さくら荘のまじめな彼女」

角川文庫版 彩雲国物語 一、はじまりの風は紅く

10月 30, 2012 by · Leave a Comment
Filed under: 角川文庫 

彩雲国物語  一、はじまりの風は紅く (角川文庫)
著:雪乃 紗衣

(あーもう思いっきり麺生地とか棒でぶっ叩いて俎板に叩きつけたいっっっ!!)

角川文庫2011年10月の新刊。約11ヶ月1週間半の積み。
角川ビーンズ文庫の超人気シリーズが満を持して、角川文庫に登場。最初は買うつもりなかったんだけど、冷静に考えたら、あれ、あんな素晴らしいラストを迎えた作品が角川文庫に移籍してきたのに買わないとか失礼じゃね?と思い直し購入。
そんなことしてるから積み本が増える一方なんだよバーカバーカ!

勿論、イラストは全面カット。昔、角川夏の100冊のラインナップとして角川文庫から出たときは表紙イラスト残ってたのになぁ。
角川文庫に当たって、巻数表示がなされるようになりました。短編集のとき、どーすんだろな。
200ページちょいしかないため、角川文庫になると物凄く薄いw

さて、ぐうたらで何もしない王に活を入れるため、後宮へと召喚された主人公、秀麗さん。
彼女が出会った彩雲国王、劉輝は複雑な思いを抱えながら玉座についていて……というお話で。

既に、この頃から鬱要素の片鱗はあったんだよなぁ。当時はストーリーを盛り上げるための背景程度にしか思ってなかったけど、これがどんどん本編に溢れ出て来るという。
にしても秀麗さん、この頃から罪作りなお人やでぇ……。

俺は全く気付かなかったのだが、後付けされた設定が文章にフィードバックされている部分があるらしい。
後書きは全面カットです。

いやしかし、角川文庫化!つまりメディアミックスフラグ!これで勝つる!そう思っていた時期が俺にもありました。ビタイチそんな気配無ぇな。
『少年陰陽師』も角川文庫化したけど、一切動き無いしなぁ。

次は2011年11月に二巻『黄金の約束』、12月に三巻『花は紫宮に咲く』。

燃:B- 萌:B+ 笑:B+ 総:A

シリーズリンク
・角川文庫版 彩雲国物語 二、黄金の約束(2011/11)

境界線上のホラ子さん

10月 30, 2012 by · Leave a Comment
Filed under: コミカライズ, 電撃文庫 

境界線上のホラ子さん (電撃コミックス EX 180-1)
作画:羽仁 倉雲(はに・くらうん) 原作:川上 稔 キャラクターデザイン:さとやす(TENKY)

「本当に英国は主要人物が多いですわね」
「だから原作もⅡ巻はあんなにぶ厚いんですよ」
「原作は全巻ぶ厚いですわ」

2012年10月の新刊。
主に電撃大王で連載していた、人気ラノベのパロディ4コマが単行本で登場。電撃大王だけでなく、その他系列誌に掲載されたものも収録し、完全網羅……かな?
基本的に4コマはA5サイズで出すってルールが業界内にあったりするのだろうか……。

登場キャラは三年梅組を中心に色々と。アニメに出たけど出番の無い人、アニメに出てないけど出番のある人と様々。

基本的には、このテの4コマらしい内容。たまに、思い出したかのようにメタネタがあったりする。

うーむ、足りない。原作にある変態成分が全然足りないッ!はっちゃけて!もっとドンドンはっちゃけて!

燃:C 萌:B+ 笑:B+ 総:B+

原作リンク
GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンⅠ〈上〉(2008/09)

コミカライズリンク
境界線上のホライゾン <Ⅰ>(2012/03)
4コマ公式アンソロジー 境界線上のホライゾン(2012/10)

境界線上のホライゾンⅡ <Ⅱ>(初回限定版)

10月 29, 2012 by · Leave a Comment
Filed under: DVD・Blu-ray, アニメ, 電撃文庫 

境界線上のホライゾンII (Horizon in the Middle of Nowhere II) 2 (初回限定版) [Blu-ray]

「まぁ、理解り易く言えば、プリキュア・スマイルチャージみたいなことですね」

概要

ジャケットはフアナさん。裏表紙でセグンドさんが掃除していて吹いた。

第2話「舞台上の宣告者」/第3話「土上の下り者」

1話で戦闘した分、今回は動きとしては、おとなしめか。2話の冒頭で、ちょこっと戦闘したくらいかな。

映像特典

生勉強会Ⅳを収録。2期の生勉強会は見事に見れない時間帯ばっかりだったから視視聴なんだよな。
やっぱ小原さんの際どいネタと白石のツッコミ面白いなw

キャラクターコメンタリー

二代、宗茂、誾さんの3人。後ろ2人は初登場か。立場的に1期では出れなかったんだな。 3人の関係性はアルマダ海戦後なわけね。

信頼と安心のネシンバライジり。これ、毎回OP流れる度にイジるんだろうか。 二代に翻弄される誾さん可愛いな。原作最新刊でも振り回されてるしな。

スペシャルCD

またしてもナイちゃんガッちゃんコンビの歌。まぁ、立場上、よく出て来るのは理解るんだが。
今までよりもガールズポップな感じ?2人のCM曲ってことで、いつもとは違う感じになってるとか。勿論、俺はこういう具合の方が好みです。何か、対象年齢若干高めの魔法少女アニメのOPみたい。

ミニ設定資料集①

OP絵コンテ解説前半を収録。ここでもネシンバラはイジられんのかよw

ブックレット

川上さんと監督による、キャラコメが無い回の誌上コメンタリーが。原作者仕事し過ぎw

燃:A 萌:A+ 笑:A- 総:A+

シリーズリンク
境界線上のホライゾンⅡ <Ⅰ>
(初回限定版)
境界線上のホライゾンⅡ <Ⅲ>(初回限定版)

アニメリンク
境界線上のホライゾンⅡ 第2話「舞台上の宣告者」

境界線上のホライゾンⅡ 第3話「土上の下り者」

機動戦士ガンダムAGE 第48話「絶望の煌めき」

10月 29, 2012 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ 

「さようなら……私達の艦(ふね)……」

遂にゼハートは味方を巻き込んでもディーヴァとガンダムを撃墜しようとし始める。ガンダムを引きつけろと命令されたフラムは死んでこいと言われたようなもの。それでも愛故に奮闘するわけだが……。

アビス隊はキオを除いて全滅か。オブライトさんはフラムとレイルという2人のXラウンダーを撃破するとか大活躍過ぎる。
まぁ、相討ちで死ぬのは予定調和といったところか。死に際に、ちゃんとレミの名前呼んでいて良かった。
そこで呼ばずに死ぬのが『AGE』クオリティだからなぁ。

でも、オブライトさんが活躍し過ぎた所為で、セリックさんの死に方が余計不憫に……。
よく考えたら、大活躍したジェノアスOカスタムってキット化してねーじゃんorz

で、発射されるディグマゼノン砲。ディーヴァ撃沈。一緒にAGEビルダーも吹っ飛んでたけど、AGEシステム自体があぼんしたのかな。
乗員は直前に、ビシディアンに救助されていたので、セーフ。
ザナルドはうっかり巻き込まれて死亡。

自分を信頼して死地に向かった部下を犬死にさせたわ、ガンダムは3機ともピンピンしてるわで、ゼハートさんオワタ\(^o^)/状態。
責任感から、これまでに死んでいった人達の幻影とか見ちゃう。デシルやダズが出て来るのは良いとして、ドール・フロストとか憶えてる人の方が少ないんじゃね?

いよいよ後が無くなってきたゼハートは自ら出撃するも、アセムにボッコボコにされるのであった。
アセムのお説教にアッサリ心揺らいじゃうとか、ゼハートさん軸がブレブレじゃないですかー!ああ、『さよなら絶望先生』のオマージュなんですね、わかります。

レギルスがあまりにも一方的にダークハウンドにボコボコにされるから、切なくなってきたわ……。
『ガンダムSEDD DESTINY』で一方的にボコられるデスティニーを思い出したw
ってか、このシリーズって今一つ展開補正というだけは腑に落ちない戦力の逆転が起きたりするよな……。

というわけでゼハートも死亡して、あれ、ヴェイガン側、誰も残ってなくね?と思ったけど、すっかり忘れてたゼラとか居たんだったわ。

うーむ、やっぱり尺の使い方が納得いかん構成だよな……。
いやしかし、流石メカ作画は凄ぇクオリティだよな。メカ作画がアレだったら、普段からもっと低いランクしか出さん。
とか何とか言いつつ、次でラストです。

燃:A+ 萌:A- 笑:C 総:A

エピソードリンク
第47話「青い星 散りゆく命」
最終話「永き旅の終わり」

2012年10月コミカライズ新刊

10月 29, 2012 by · Leave a Comment
Filed under: コミカライズ, 雑記, 電撃文庫 

e-honで予約出来なかったコミカライズをアマゾンで注文しました。ブツは、

・境界線上のホラ子さん
・4コマ公式アンソロジー 境界線上のホライゾン

の計2冊。

たまにe-honで予約出来ない(発売前に検索しても出て来ない)本があるのは何なのだろう。入荷出来るか不明ってことなんだろうか……。

この中に1人、妹がいる! 最終話「妹はずっと、そばにいた」

10月 29, 2012 by · Leave a Comment
Filed under: MF文庫J, アニメ 

「恋人以上の兄妹になろう」

遂に辿り着いた真相と柚璃奈の正体。将悟の本当の妹は雅だったのだ。ってなわけで、ずっと雅のターン!!
他のヒロイン放ったらかし過ぎるだろw

最終的に将悟に迫るヒロイン達を雅がガードするという構図に落ち着くことに。
しかし原作では、この後、雅が妹でないことが判明するらしい。完全にループ展開じゃねーかw
もしかして、最終的に妹なんて最初から居なかったんや!っていうオチになるんじゃ……。
そもそも、妹の存在が判明したのって、葬式の日に雅が妹の振りしたからなんだったら、前提が崩れるのでは?と思うのだが……。
最後は普通にEDです。

総評

ってなわけで、MF文庫J、ちょろっとしたミステリ風味の妹ラブコメ『この中に1人、妹がいる!』全12話でした。
終わってみれば、そこまでアレという内容でもなかった気がするな。『まよチキ!』よりは面白かったと思う。

何と言ってもOPが映像も含めてツボ過ぎた。OPだけで言うと、2012年第3クールの中では『ソードアート・オンライン』『機動戦士ガンダムAGE』と並んで3強だと思ってる。

キャラデザも原作のCUTEGさん絵には遠く及ばないものの、そう悪いものではなかったかと。
まぁ、同期に『はぐれ勇者の鬼畜美学』というアレがあったから無意識にハードルが下がっていたというのはあるかもしれん。

2期はどうだろうなぁ。完結編としてやるには良い塩梅の尺だと思うけど、そこまで売り上げ出てないだろうしなぁ。

燃:C 萌:A 笑:B 総:A

エピソードリンク
第11話「妹の罠」

次ページへ »