【特撮感想】仮面戦隊ゴライダー MAZE3「ゴライダーよ永遠に」【第3話】

4月 8, 2017 by
Filed under: 特撮 

「哀しい人達なんかじゃないです。僕に━━希望をくれた人達です!」

ある程度予想がついていたことではあるが、全ては黎斗の企みだった。このゲーム世界は、黎斗が死んだときに起動する復活プログラムだったらしい。
死者達の生き返れるかもしれないという希望を打ち砕き絶望に反転させ、そのマイナスエネルギーを掛け合わせることでプラスの力にするというもの。

剣崎の姿を借りたまでは良かったが、アンデッドの力が惹かれ合うことで本物の剣崎を呼び寄せてしまったことが誤算だったか。

調子に乗ってゲームオーバー直前の永夢の前に姿を曝したのも迂闊。黎斗さん、割と自分がゲームマスターだからって詰めを甘くするところがあるよな。
生い立ちからすると、あまり後先を深く考えなくても上手く回る人生を送ってきたのかもしれん。

現実世界でバグスターが復活していたのもゲーム世界から溢れ出した甦りの力だったわけか。
この作品がどこまでガチで『エグゼイド』本編に組み込まれているのか理解らないけど、黎斗は確実に死んだ扱いになってるわけか。
何にしても黎斗役の岩永さんが楽しそうで何よりです。

遅れてやって来た剣崎の格好良さな。本者だろうが偽者だろうが滑舌はアレだったが、ジョーカーを掴み取るところ、最高に格好良い。
ただ、逆に考えればゲームオーバーによって死亡した者は復活出来る可能性があるということにならないだろうか。

謎が解けた後は総力戦。6人のライダーが並び立っての変身は圧巻。エグゼイドマキシマムゲーマーって空飛べたのか……。ネットムービー限定っぽいアクションのような気もするが。

ゲンムゾンビゲーマーは主の力を受け取って、上半身に怪人アーマーを装着。わざわざ造らなくても良かったのではと思うが……。

永夢が持っていたゴライダーのカードを受け取ったレーザー達は仮面戦隊ゴライダーへと変身。ゴライダーが何かという説明は1mmも無かったよ!やったー!上から捻じ込まれた感が強いな……。

『超スーパーヒーロー大戦』でゴライダーの力を得た永夢だから、類似のゲーム世界では同じ力を使うことが出来たってことなのか。
ゴライダーの必殺技に混ぜて混ぜてとハシャぐエグゼイド可愛過ぎワロリン

ラストシーンの雪は想定外の事態なのかな。降ってる必要性無かったし。

総評

そんなわけで昨今珍しくなくなったネットムービー『仮面戦隊ゴライダー』全3MAZEでした。やっぱりネットムービーはしっかりと面白いんだよなぁ。しかしこれからは有料はともかく限定配信はノーサンキューな!

何といっても剣崎をただの死者として括らなかったのが有り難かった。それもオリジナルの設定を割としっかり拾ってきた上でのことなので大変嬉しい。

問題はゴライダー要る?ってところなんだよなぁ。宣伝をする上ではキャッチーで大活躍していたが、肝心の劇中での活躍はやむなく入れ込みました感が凄く強くてなぁ。
『4号』のときもそうだったが、メインテーマを前に打ち出すとユーザーの興味を惹き難いだろうから難しいところか……。

燃:A+ 萌:A 笑:A- 総:A+

エピソードリンク
MAZE2「脱出」

スポンサーリンク



Comments

2 Comments on 【特撮感想】仮面戦隊ゴライダー MAZE3「ゴライダーよ永遠に」【第3話】

  1. 匿名 on 土, 8th 4月 2017 11:19
  2. まあ、(平成第)ゴライダー(仮面ライダー剣)
    ということでしょう。

  3. お亀納豆 on 土, 8th 4月 2017 11:27
  4. その発想は無かった……『4号』と同じ仕掛けだったというわけですね。

Tell me what you're thinking...
and oh, if you want a pic to show with your comment, go get a gravatar!