翠星のガルガンティア 第3話「無頼の女帝」

4月 30, 2013 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ 

「魚を獲ってきた者には真水を与えよ」

エイミーが必死な顔で助けを請うてくるから、襲い来る海賊を殲滅したら、超怒られたでござるの巻。
やっぱり問答無用のブッコロはマズかったか。

というわけで、海賊のボス的存在であるラケージ様がご出陣。
このラケージ様、自分も少女と言っても良いような年齢ながら、周りに美少女を侍らすような感じのアレ。
これまた恰好の同人素材やないか……。

ガルガンティアの人々は、レドの所為で、ラケージが出て来たって怒ってたけど、レドが海賊をブッコロしてなかったら、ベローズとその仲間達は確実にエロ同人コースだったよな。
まぁ、船団全体の平穏を考えたら、小数を切り捨てた方が賢いんだろうけど。

海賊の操るユンボロイドは何だか強そうなビジュアル!かと思いきや、殺傷を禁じられたチェインバーでも楽勝でござった。
船団の皆が、よく発する言葉を憶えたレドは不器用ながらも現地語を話す。有り難う、と。
おいおい、オチがハートフルじゃねーか……。果たして、このままハートフルに展開していくのか、それとも絶望のドン底に叩き落とすつもりなのか……。

燃:A- 萌:A 笑:B 総:A

エピソードリンク
第2話「始まりの惑星」
第4話「追憶の笛」

GJ部 第2話「友情・愛情・彼女の異常?」

4月 29, 2013 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ, ガガガ文庫 

「コーヒー苦くてヤですよね。缶コーヒー甘くておいしいです」
「子供」
「部長に言われると、なぜかたいへん傷つきます」

さて、2回。別段、ストーリーが進行するわけでもないので、正直、新たに書くようなことは殆ど無かったりする(ぉ

部室で、キョロ達が読んでる本は結構、実在するものが登場するようで、今回は『ジョジョの奇妙な冒険』と『人類は衰退しました。』が。
もっとマイナーなガガガ文庫とか読んでも良いのよ。『武林クロスロード』とか。 

特に盛り上がりの無い、ゆるふわな内容と割り切って視れば、結構楽しめるというアレ。
というか、紫音さん可愛いよ紫音さん。

キョロがキララさんに腕相撲で負けて吹っ飛ばされるシーンで吹いた。しかも頭から床に落下してたしな。怖ッ!

燃:C 萌:A+ 笑:B 総:A

エピソードリンク
第1話「私がグッジョブだ!」
第3話「GJ線上のキョロ」

電撃文庫MAGAZINE Vol.31(2013年5月号)

電撃文庫 MAGAZINE (マガジン) 2013年 05月号 [雑誌]

『はたらく魔王さま!』

表紙。なのは良いんだけど、版権絵の恵美が精神的ブラクラレベルな件。どうして、こうなった……。

『とある魔術の禁書目録』

『エンデュミオンの奇蹟』のコミカライズがガンガンで連載中らしい。本編コミカライズとは作画担当を変え、がっつりやるつもりみたいだな。

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』

PS3で、またもやゲーム化。タイトルは『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 Happy enD』。
おいおい、原作がハッピーエンドで終わらないみたいな雰囲気じゃねーか。

アニメ2期は全16話で、最後の3話は一挙公開らしい。普通に考えたら、web公開、若しくはBlu-ray収録といったところだけど、もしかしてテレビ放送ワンチャンあるか……?

『ゴールデンタイム』

アニメ化決定。予定調和過ぎて、何の驚きも無いw

『ストライク・ザ・ブラッド』

アニメ化決定キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!! 三雲さん、3度目のアニメ化で今度こそ大勝利なるか!?まぁ、アニメ終了と共に原作終了パータンの気がするけども。

既に、古城と雪菜のアニメ版イラストが掲載されてるってことは、10月には始まるんだろうか。

問題はルビを振ってこそ発揮される中二表現をどうするかだよなぁ。「戦争━━ケンカ」みたいな言い方にするしかないか……。うーむ。

『生贄のジレンマ』

実写化決定。予想外というか何というか……。ってか勝手に映画だと思い込んだけど、映画ともドラマとも書いてないな。

『キノの旅』

新聞各紙での週間連載開始。相変わらず、電撃の仕掛け方はハチャメチャで引くなぁw

電撃文庫MAGAZINEvsSEGAプロジェクト

どういう発想なのか、よう理解らんが、歴代セガハードを擬人化した小説『現代日本にやってきたセガの女神にありがちなこと』が次号から連載開始。
執筆するのは師走トオルさん。もしかして『ゲーム戦争』の刊行が延期してたのは、これの所為か?

『魔法科高校の劣等生 二年度の部 ダブルセブン編』

十文字さんデカ過ぎワロタ

『俺のかーちゃんが17歳になった』

第19回電撃小説大賞最終選考作。まぁ、タイトル通りの内容。 17歳教を題材にした、いわゆる一発ネタ作品か。ふわーっとしたまま終わってるんだけど、文庫化の予定ありきなんだろうか。

『失恋探偵ももせ 夏の終わりの日(Laterality)』

連載開始。今回は校内に失恋探偵の噂が広まるきっかけとなった1人目のクライアントのエピソード。

『天使の3P!』

本誌初登場。『ロウきゅーぶ!』で言うところの、羽多野先生的ポジションの人が登場。どうも今後、本編にも登場してきそうだな。

『9S true side』

最近、忘れた頃に再始動。再始動したと思ったら、即止まる。というのを繰り返してるな。 ファンの人達、可哀想だな……。

『やがて魔剱のアリスベル ヒロインズ・アソート -Episode X-01 『心のキレイな人にはいい事がある』なんてのはお伽話で』

短期集中連載なのかな。どうも各ヒロインにスポットを当てた日常色の強いエピソードになるっぽい。
初回は勿論、アリスベルのエピソード。

“まるごと1冊”アクセル・ワールド/ソード―アート・オンライン

最早、毎年恒例となってしまった付録。

『アクセル・ワールド』

ドラマCDシリーズが発売開始。着実に2期へのフラグを立てていってるな……。

コミカライズは待望の『バーサス』編に。

『ソードーアート・オンライン』

次号より、シリカ、リズベット、リーファにスポットを当てたコミカライズ『ガールズ・オプス』が連載開始。また、電撃文庫MAGAZINE掲載のコミカライズ増えんのかよw 「MORE DEBAN」が公式でも、いじられていて吹いた。本編での出番、ほぼ皆無とか言うなw

また、電撃G’sマガジンでは『プログレッシブ』のコミカライズも決定。どんだけ増えんねん。

短編『チェレステの妖精』は川原さんの趣味丸出し過ぎる件。「ソードアート・オン・バイシクル」だったな。

新刊情報

6月の新刊に渡瀬さんの新作『ストレンジ・ムーン 宝石箱に映る月』が登場。「ムーン」というタイトル、マリアンヌの宝石箱というアイテムの登場で、迷宮神群にまつわる話であることは、ほぼ確定か。 うぉぉおおおおおおおおお、テンション上がってキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

燃:A- 萌:A 笑:B+ 総:A

雑誌リンク
電撃文庫MAGAZINE Vol.30(2013年3月号)
電撃文庫MAGAZINE Vol.32(2013年7月号)

やがて魔剱のアリスベルⅡ 蒼穹の戦線

4月 29, 2013 by · Leave a Comment
Filed under: 電撃文庫 

やがて魔剱のアリスベルII 蒼穹の戦線 (電撃文庫)
著:赤松 中学 イラスト:閏 月戈

「やっこちゃんぐ……!」

2013年1月の新刊。約3ヶ月2週間半の積み。5ヶ月振りの新刊。
サブタイは「ストラトライン」と読みます。
電撃文庫は表紙のヒロインを交代制にしないイメージ。例外はあるけども。

前巻のラストでSATSUGAIされた爆は、ちゃっかり事無きを得ていた。まぁ、本来の力が出せなくなったみたいだけど。
どうせ耐えてるとか、『緋弾のアリア』読者なら分かり切ってたことだよな!

さて、今回の敵は、生徒会長、瑠姫ハニーリズ。静刃は彼女に、新たに現れた義理の義理の姉、矢子さんとタッグを組んで立ち向かうことに……。
Ⅰ巻から登場していたキャラの掘り下げもロクに終わっていないだろうに、もう新キャラを投入してくんのか……。

ただ、矢子さんが爆乳であることを除けば、年上のお姉さん成分全開で大変良い感じかと。
アリスベルとかビビとかキリコとか祈とか最初から要らんかったんや!(ぉ

サービスカットは、あるにはあるんだけど、布地面積の少な過ぎる水着って微妙だな……。オープン過ぎてアレというか。

鳳の欠片は全部で64。その内、今回で63個が集まった。って、早ぇえええEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!
せめて3冊くらいは使えよ!若しくは、欠片の総数をもっと少なめにしとくとかさ。

今回は『アリア』との関連は、中空知の名前と双剣双銃か。
更にエピローグでは、どうやら近々アリアとの激突がありそうな気配。あんだけ、あからさまに「アリア」って言っといて、出て来ないってことはないと思うんだけどな……。
次は2013年5月にⅢ巻『熾る不死鳥』。

燃:B 萌:A 笑:C+ 総:A-

シリーズリンク
やがて魔剱のアリスベル(2012/08)
やがて魔剱のアリスベルⅢ 熾る不死鳥(2013/05)

世界観リンク
緋弾のアリア リローデッド キャストオフ・テーブル(MF文庫J、2012/12)
緋弾のアリアⅩⅣ 招かれざる海霧(MF文庫J、2013/04)

劇場版 マクロスF 虚空歌姫 ~イツワリノウタヒメ~

4月 29, 2013 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ 

劇場版マクロスF~イツワリノウタヒメ~ [DVD]

「シェリル・ノームは、いつでもどんなときでも全力で歌うだけ」

2009年に公開された映画。2クールのテレビシリーズを新たなストーリーで2部作として再構成したもの。アニマックスで放映されたので視聴。

テレビシリーズの映像を流用しながら、新しいストーリーとして再構成って発表だった筈なのに、普通に新しく作ってるレベルな気が……。むしろ再構成した分、オリジナルで作るより手間が掛かってそうな気さえする。

新曲も多数用意されており、特に『ユニバーサル・バニー』のライブシーンは必見。シェリル分身拳とか、ライブってか最早PVの領域だよな……。

グレイスの乳首券は果たして誰得なのか。いや、ホントに誰得なんだ……。ってか、誰も『マクロス』に乳首券とか期待してない気がするんだけど……。

一応、これ単体でも区切りはつくようになっているが、多くの謎を残した状態で終了することに。

燃:A 萌:A 笑:B 総:A

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 ③「たまにラブコメの神様はいいことをする。」

4月 29, 2013 by · Leave a Comment
Filed under: アニメ, ガガガ文庫 

「内輪揉めは好きだ。何故なら俺は内輪に居ないからな」

さて、戸塚が登場して原作1巻クライマックス。まぁ、このテの内容は、あんまりチンタラやっても仕方ないからな。
ってか、原作は八幡のモノローグの量が多いから、そこをカットすると、自然と短くなるんだろうな。

コートの使用権を巡って、リア充グループとの対決。実は高スペックな八幡と見た目通り高スペックなゆきのんのコンビかっけーな。

リア充グループには最初から、ちゃんと海老名さんが居るんだけど、ビックリするくらい存在感が無いな。
多分、次回から頭角を現すんだろうけど。

結衣に友達と言われて満更でもないゆきのん可愛いな!

燃:C 萌:A+ 笑:A- 総:A+

エピソードリンク
②「きっと、誰しも等し並みに悩みを抱えている。」
④「つまり、彼は友達が少ない。」

デート・ア・ライブ 第三話「空分かつ剣」

「さあ、私達の戦争(デート)を始めましょう」

サブタイの「剣」は「つるぎ」と読みます。
OPのナレーションは毎回変わるのか。いきなりクソふざけた内容になっていて吹いた。

さて、原作1巻クライマックス。あんまり端折ってる印象は無いが……。
十香をデートに連れ出す士道。見るもの全てが新鮮な十香は大ハシャギ。特に食べ物に物凄い執着を見せる。
お馬鹿な十香さん可愛いな!

士道を殺されたと思い込んだ十香は、ブチ切れて暴走する羽目に。彼女の力を抑えられるのは、士道のキスだけ。
まさか封印シーンでOPが流れるとは……。まぁ、この作品の肝だし、間違っちゃいないが。

EDは前回の残念構成から変更され、延々十香さんが走っているという構成に。あんまり変わり映えしないじゃねーかw
これって走るメンバーが増えていくのかなぁ。それ何て『IS〈インフィニット・ストラトス〉』だよ。

このペースなら、普通に原作4巻までやって区切りかなぁ。

燃:A 萌:A+ 笑:B 総:A+

エピソードリンク
第二話「最接近遭遇」
第四話「不機嫌な雨」

なれる!SE Vol.2

4月 28, 2013 by · Leave a Comment
Filed under: コミカライズ, 電撃文庫 

なれる!SE(2) (ファミ通クリアコミックス)
原作:夏海 公司 キャラクター原案:Ixy 漫画:鶴山 ミト

「母さん、働くって大変だね」
「当たり前じゃない。何言ってるの。みんなその大変な事をやって暮らしてるのよ」

2012年11月の新刊。
さて、原作1巻クライマックスを超えて、原作2巻に突入。当初の予定では原作1巻の内容だけで終わる予定だったらしい。

可愛らしいビジュアルが付いたことで、やっぱり原作よりも断然取っつき易くなってるよな。
原作には殆ど無いパロネタがあったりもして。

原作では、なかなかその姿を見せなかった誉が、電話越しに登場。それに、橋本課長や薬院さんも後書きに、しれーっと登場。

ストーリー自体は原作通りだけど、室見さんとカモメさんが可愛いから、読んでいて辛いだけじゃなくて楽しい部分もある。
ってか、お団子頭にした室見さん、『とらドラ!』の大河にしか見えねぇw

カモメさんは是非、一職場に1人居てほしい色っぽさ。カモメさんに面倒見てもらいたいです(^q^)

燃:B+ 萌:A 笑:B 総:A

シリーズリンク
なれる!SE Vol.1(2012/03)
なれる!SE Vol.3(2013/05)

なれる!SE7 目からウロコ?の客先常駐術

4月 28, 2013 by · Leave a Comment
Filed under: 電撃文庫 

なれる! SE7 目からうろこの?客先常駐術 (電撃文庫)
著:夏海 公司 イラスト:Ixy

「私達エンジニアの売り物は技術、それ以外の何物でもないわ。政治結構、駆け引きも結構。でも中身の技術が伴わない以上、どんな交渉も絵に描いた餅でしかない。システムを動かすのあくまで私達一人一人のスキル。そのことを絶対忘れないように」

2012年8月の新刊。約8ヶ月2週間半の積み。半年振りの新刊。
さて、今回はサブタイ通り、工兵と室見さんが他企業に奴隷として売られるお話です(違
常駐先は、大手企業ということでwktkする工兵だったが、その内情は魔窟という表現が相応しい場所で……。

自分がぶっ倒れてまで工兵を助けてくれようとする、室見さんかっけー。で、それに応えて、室見さんを支えようとする工兵がアツい。

逆転の一手から、正論で上長を叩き潰す展開、超気持ち良い!と思っていたら、大企業の闇に踊らされていただけだったという事実が判明するとか怖過ぎワロエナイ

最近、俺、このシリーズを、おお、これに比べたら自分の勤め先、超ホワイトだわとか思って安心するために読んでる気がしてきたわ……。

そして更なるトラブルが起こって……というところで続く。続いたのってシリーズ初じゃなかったっけ?

次は2012年12月に8巻『案件防衛?ハンドブック』、2013年5月に9巻『ラクして儲かる?サービス開発』。

燃:A- 萌:A- 笑:B+ 総:A+

シリーズリンク
なれる!SE6 楽々実践?サイドビジネス(2012/02)
なれる!SE8 案件防衛?ハンドブック(2012/12)

とある科学の超電磁砲S #3「超電磁砲量産計画」

「知っても苦しむだけよ。貴女の力では何も出来ないのだから」

サブタイの「超電磁砲量産」は「レディオノイズ」と読みます。
さて、学園都市に広がる超電磁砲のクローンの噂。佐天さん達からも、心当たりの無い場所での自分の目撃情報を聞いた美琴は、真相を調べることに。

辿り着いたのは超電磁砲量産計画。しかし既に、その計画は永久凍結されていた。自分のクローンは存在しないと胸を撫で下ろすが、問題のクローンとニアミスしていて……。

一方、雑談に花を咲かせる初春、佐天さん、衿衣の3人。本筋は美琴1人での行動になるから、その分、他のキャラの視点を入れていこうってことか。
まぁ、そうしないと、暫く美琴の出番ばっかりになっちゃうしな。

今夜も美琴の帰りが遅いということで、美琴のクマさんに変態行為を働く黒子にクソ吹いた。

燃:B+ 萌:A 笑:A- 総:A+

エピソードリンク
#2「寿命中断」
#4「妹達」

次ページへ »